« 2017年発表会のためのピアノ合わせ第一回目に行ってきた | トップページ | Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした »

2017年4月23日 (日)

ブックリーダが故障したかと思ってしまった

2017-04-23(日)曇り/晴れ

 ブックリーダがスリープ画面から復帰しなくなり、故障したかと思いました。実際はバッテリー切れだったようですが。
 今日、出かけたときに、電車の待合室でブックリーダを使用し、画面を閉じて電車に乗ってからブックリーダを開いたらスリープ画面から復帰しなくなりました。先日の夜に満充電したはずだから、バッテリーは大丈夫なはずだし故障したかなと慌てました。電源スイッチを押してみたり、リセットスイッチを押してみたり、カバーの開け閉めをしたり、色々やってみましたが駄目でした。
 こういうときは電子ブックリーダは弱いです。紙の文庫本なら破れたって読めるわけですが、こちらは何も読めなくなります。おかげで、行きと帰りの電車内では手持ちぶさたでした。どうしても駄目なら、即web注文で買うか、明日にでも東京の大手家電量販店にでも行くしかないか?と、少し肩を落としながら帰ってきました。
 家で充電してみたら動いたからバッテリー切れだったようです。時々充電すれば済むから、充電間隔の勘違いでしょう。でも、思ったのは、携帯電話やHP200LXのように、落ちる前に1回ぐらいはバッテリー警告を出すようにして欲しかったなとは思いました。バッテリー表示は読んでいる本を閉じてホーム画面に戻らないといけないのですが、二千ページぐらいにした本を読んでいるときは長らくホーム画面に戻らないんですよね。
 そんなことを思った夜でした。
 

|

« 2017年発表会のためのピアノ合わせ第一回目に行ってきた | トップページ | Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした »

PDA」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65191243

この記事へのトラックバック一覧です: ブックリーダが故障したかと思ってしまった:

« 2017年発表会のためのピアノ合わせ第一回目に行ってきた | トップページ | Python:リストのスライドスクロールを有効にする対策をした »