« Python: 花粉情報をみる PyStnPollen 改造の後処理をした | トップページ | 明日の「ギターサークル内発表会」の準備 »

2017年3月24日 (金)

留守電のときに困る電話とは、、

2017-03-24(金)晴れ

 家電話は、外出のときには留守電にしています。家電話しか登録していない(教えていない)相手先もあるから、緊急の連絡が有ったときのためにと、自動転送もセットしています。即ち、留守電が録音されると、一定時間後に自分の携帯電話に転送されるのです。

 さて、こんなときに困る電話があります。それはアンケート電話です。単なるアンケート電話や売り込み電話は、留守電メッセージが流れると相手は切断しますから問題有りません。しかし、最初からテープ音声が流れる全自動アンケート電話は、関係なく音声が始まり、それが留守電に録音されて転送されてくるわけです。これが鬱陶しいですし、家電話の転送分の料金がかかりますので腹立たしいですね。
 着信拒否にしたいけど、いつも同じ電話番号なわけではないから設定しようもないし、まあ、本数も少ないから、、と今のところ諦めモードです。

 それにしても、最初からテープ音声の全自動方式って、掛ける側の人出は省略できるけど、こちらから考えるともの凄く失礼な話しです。家電話の着信料金がかかるわけではないけれど、心情的には嫌ですね。因みに、最初のアナウンスの「こちらは○○です、何々に関するアンケートに云々、、」の○○に対する心証は、だだ下がりです。
 その会社/団体が直接実施しているのか、子会社/子団体が受注してやっているのか、はたまた、その手の会社が受注してやっているのか知らないですが、発注している側は良くチェックした方が良いような気がします。自分たちの印象を悪くしているだけかもしれないし、、。
 そんなことを考えた留守電でした。
 

|

« Python: 花粉情報をみる PyStnPollen 改造の後処理をした | トップページ | 明日の「ギターサークル内発表会」の準備 »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65063110

この記事へのトラックバック一覧です: 留守電のときに困る電話とは、、:

« Python: 花粉情報をみる PyStnPollen 改造の後処理をした | トップページ | 明日の「ギターサークル内発表会」の準備 »