« 伊勢のあおさのり | トップページ | Nokia E7-00でのPythonスクリプトのテストを始めた その4 »

2017年3月20日 (月)

捨てるのも心が痛いし、、そうだ鳥さんにあげよう

2017-03-20(月)晴れ

 纏めて焚いて、その時食べる分以外は一食ごとの冷凍にすることもあります。このとき、計量はかりで量って一人食(一人の一食)分ずつにするので、若干の端数部分が出ることがあります。他から少しずつ集めて一食分にするには少なく、かといって他の分へ少しずつ分けると、それぞれが多くなりすぎるわけです。ということで、何かの折に食べようとか思って冷蔵庫に入れたまま時間が経ってしまって、食べてもおいしくなさそうになってしまうことが有ります。
 こんなとき、食べるのはどうも、、、でも捨てるのは心が痛む、、と悩むことがあります。で、そうだ、同じ場所に住むもの同士だ、鳥さんにあげよう、、となります。ほぐして、庭の飛び石におくと、時期にも寄りますが1~3日で無くなります。

Dscn2237a

 途中でちらっと見たら、食べるときに飛び散らかすのか周りにも飛び散っていましたが、先ほど見たら、周りに飛び散っていた粒も綺麗になくなっていました。少し大きめの鳥は五月蠅くてあまり可愛くないけど、小さな雀は見ていて可愛いですね。
 日にちが経ちすぎた食パンとか、崩れかけた果物とかも切ったりちぎっておいておくと食べてくれます。林檎などは、綺麗に皮だけペラペラに残して食べています。とりあえず、生ゴミに出すときの心の痛みだけは免れています。
 こういった食事の他には、植木の下など、雨に当たりにくいのでぱさぱさした土のところへ砂浴びに雀が良く来ます。そんな時は庭へ出て行かれなくて困ります。長閑な風景です。
 

|

« 伊勢のあおさのり | トップページ | Nokia E7-00でのPythonスクリプトのテストを始めた その4 »

動物・自然」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/65046908

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てるのも心が痛いし、、そうだ鳥さんにあげよう:

« 伊勢のあおさのり | トップページ | Nokia E7-00でのPythonスクリプトのテストを始めた その4 »