« 水道管の立ち上がり部分のチェック?不審な話し | トップページ | 『プレイバック‘70フォーク夢』【3月】のイベント紹介 »

2017年2月22日 (水)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その5

2017-02-22(水)晴れ

 題名についている「その5」という言葉からも分かるとおり、手持ちのブックリーダ(Sony PRS-T3S)で本を読むときの見やすさの追求、すなわちフォント選びについては、何回となくフォントの種類や大きさなどを変えてテストしてきました。ほんのわずかの差で、見た目が大分変わるんです。もっとも、元々の原因は、リーダに入っているフォントの線が細くて、全体的に薄い感じがして読みにくいからです。細いと、画面的には凄く上品な感じがするのですが、全体的に薄く見える感じがします。
 WEBで検索すると、Readerのほか、Kobo、Kindleなどの方も、色々とフォントを太く変換したりとかして利用しているようです。私の場合は、その方のフォントを利用させていただいているわけです。画面の見やすさの話しは、ブックリーダ全体の話しなのかもしれません(見た目の好みも入るでしょうから、、)。
 Sony Reader(PRS-T3S)の場合は、内蔵フォントを置き換えた表示とかは出来ません。このため、縦書きPDFへ変換して、フォント埋め込みファイルにしています。変換については ChainLP というアプリを使用させていただいています。
 ということで、20種類くらいのフォントなどをテストしてきましたが、いまだにあれこれと試しています。フォント種類だけだけでなく、大きさ、1行の文字数、行数なども影響してくるからです。
 今までの経過は以下の記事の通りです。
  ・WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい
  ・WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その2
  ・WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その3
  ・WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その4

 以下に書くようなような変遷を辿ってきましたが、今のところ「Kokin明朝体Medium」24ポイントで読んでいます。概ね、これで決まりかなとは思うのですが、それでも、まだ色々と試行錯誤はしています。

 以下は自分のメモのための記録みたいなものです。紙のメモでは、いつかなくしますし、ブログなら外出先からでも参照できますから、、。

 さて、使用フォントは以下のように移ってきました。なお、みた感じの感想はSony Readerで見た場合です。もともと、KoboやKindle用に準備されたものを利用させていただいているフォントもありますから、本来とは違うかもしれませんので、その点はご了承ください。(その他は、Windows に入っているフォントです。)

(1)メイリオ(ゴシックフォント)
   素直なフォントで見やすいのですが、全体的に薄い感じがします。
(2)KB丸ゴシック
   上記(1)よりは濃くて見やすいので、しばらくこれを使用していました。
   ただ、文庫本として考えると、ゴシックフォントだと、少し雰囲気が違う感じがします。
   やはり、明朝体が良いかなと、次ぎに移りました。
(3)青空キンドル明朝体
   優しい感じがして見やすい明朝体です。ただ、若干、線が細い感じがします。
   大きめのフォントなら、優しい画面で見やすいです。
(4)KB明朝体
  上記(3)より太くしたフォントです。その他は。(3)と同じ感想です。
(5)Kokin明朝体Medium
  上記(3)や(4)より太めにしたとかいうフォントです。リーダ画面で見ると(3)よりは
  太く見えるが、(4)とは分かりにくいです。見やすいので、現在はKokin明朝体Medium24ポイントで読んでいます。
(6)DF平成明朝体W7
  かなり太い明朝体で、くっきりはっきり見えます。が、縦線は太いのですが、横線が凄く細いので、ごつい感じが
  するのと、若干見にくいです。
  上記(3)~(5)は縦線と横線の太さの比率が近づくように調整されているらしく見た目が優しいです。
  結局、使用フォントは(5)に戻りました。

PDFファイルをPCで見たときのスクリーンショットです。PC画面で見ると、どれも見やすいのですが、線の感じは分かります。

Kbmarugo22 Aokin24 Kbmin24
 (KB丸ゴシック)    (青キン明朝)      (KB明朝)

Kokin24 Dfheiminw724
 (Kokin明朝)      (DF平成明朝W'7)


 リーダ画面の写真です。写真で見ると大差ないのですが、実際は大分見た目が変わります。

Dscn2206  Dscn2207  Dscn2208
(青キン明朝)       (Kokin明朝)      (DF平成明朝)

 ここ暫くは本を読んでいるよりフォントテストの時間の方が長かったような気がします。
 

|

« 水道管の立ち上がり部分のチェック?不審な話し | トップページ | 『プレイバック‘70フォーク夢』【3月】のイベント紹介 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/64929195

この記事へのトラックバック一覧です: WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その5:

« 水道管の立ち上がり部分のチェック?不審な話し | トップページ | 『プレイバック‘70フォーク夢』【3月】のイベント紹介 »