« 寒い日が続いている | トップページ | 晴天が続いている »

2017年1月25日 (水)

オーディオ装置もメインシステムの出番の季節

2017-01-25(水)晴れ

 家で何かしているときは殆ど常時、音楽を流しています。一番使っているのは「モノラルスピーカ内蔵のインターネットラジオ」でしょうか。

Dscn1605a(インターネットラジオ、購入当時の画像)

 昔でいうと、FMラジオを点けっぱなしにしているイメージでしょうか。その為、テレビの出番は殆どありません、どうしても見たい番組がある訳でもないですし、、。通常のラジオではなくインターネットラジオの出番が多くなるのは、コマーシャルやお喋りが殆どなくて、ぶつ切りイメージがないからです。

 時々はCDを聴いたり、mp3で保管してある音楽を聴きますが、大体はサブのステレオシステムを使います。機器が一つに小さなスピーカが2つの、良くあるシステムです。場所を取らないしリモコンも聴くし、通常使いには重宝しています。

 ただ、この時期になるとメインのシステムも出番が多くなります。というより、この時期にしか使えないから、なるべく使うようにしています。なぜ、この時期か、、

Dscn2177a(現用メインアンプ )

 プリアンプと、メインアンプ2台(モノラルアンプ2台)が真空管なので、発熱が結構あって夏などでは辛いものがあります。全く使わないと湿気などで故障する確率も大きくなるので、ある程度は使うようにしています。
 夜などに使用していると、上の画像のように部屋の片隅でほんのりと点灯していて、なかなかの雰囲気です。

 スピーカーも含めて40年近く前の装置になりますが、一応問題なく動いています。アンプは全部自作ですが、いまさら故障されても修理する元気が出ないので、腫れ物に触るような気持ちです。トランスなんて、もはや同じものは入手できませんし、、。因みに、余り使用していなかったもう一台のメインアンプ(真空管式)は、片チャネルの出力トランスが断線したようです。やはり、定期的に使っている方が良いようです。全部のメインアンプの出力トランスは同じものなので、断線していないもう一つは保守用部品にする予定です。もっとも、いつまで断線しないでいるかは不明ですが、、。
 そんなことを考えながら、ほんのりと点灯した真空管を見ていた夜でした。
 

|

« 寒い日が続いている | トップページ | 晴天が続いている »

オーディオ」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/64811186

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ装置もメインシステムの出番の季節:

« 寒い日が続いている | トップページ | 晴天が続いている »