« 今年最終の声楽レッスンに行ってきた | トップページ | 年賀状を投函した、、年内の大仕事を終えた気分(掃除が残っているが) »

2016年12月24日 (土)

プリペイドSIMの残高が一気に減った

2016-12-24(土)晴れ

 テスト用に保持している香港「3」プリペイドSIM(「HSDPA Broardband 、、、、」)の残高が一気に減りました。パケット代従量制の場合、残高管理が大変ですね。
 上記のSIMは、11月に6ヶ月の期限が切れるので、期限切れ直前にリチャージを行いました。
  先日の記事 「香港「3」プリペイドSIMのリチャージを行った。」

 その時は、リチャージ後に330HK$くらいの残高になりました。その後、テストとしてNokia E7-00 に挿して電源オンのまま放置し、時々は操作していました。それほどWEBやメールを使った意識はないのですが、2~3日前にみたら、残高が10HK$くらいになっていました。減るのは、あっっという間です。外へ持ち歩いていないし、家だと無線LAN使用が多いから、どうして減ったのか首をひねりますが、まあ、何かのときにパケットを使ってしまったのかもしれません。

 ということで、このプリペイドSIMは残高が切れたら終了させることにしました。また、香港に行くときに使うかも、、と保持してきましたが、いく予定もないし、いったときには再度購入すれば済むからと決心しました。
 テスト用には、もう一枚の「3G International Roaming rechargeable SIM」を保持することにしました。こちらは、電話番号保持の関係もあるし、6ヶ月の期限切れ時にも自動延長されることもあったり、Administration Feeの 2.5 HK$も免除されるので都合が良いかなと思います。

この2種類のSIMは料金的には、当初は似たような印象でしたが、色々と差が分かってきました。データ通信メインのSIMと、通話がメインの目的のSIMとの違いかもしれません(あくまで憶測ですが)。

・「HSDPA Broardband 、、、、」SIM
  ・データ通信がメインの対象のSIM
  ・SMS料金は少し高い

・「3G International Roaming rechargeable SIM」
  ・通話がメインの対象のSIM
  ・ローミング時の通話が少し安い?
  ・6ヶ月の期限が自動延長されることが多い
  ・Administration Feeの引き落としが、今も免除されている。

 ということで、パケットを使うテスト目的には、国内の格安SIMを追加することを検討しています。
 

|

« 今年最終の声楽レッスンに行ってきた | トップページ | 年賀状を投函した、、年内の大仕事を終えた気分(掃除が残っているが) »

価格、料金など」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/64672744

この記事へのトラックバック一覧です: プリペイドSIMの残高が一気に減った:

« 今年最終の声楽レッスンに行ってきた | トップページ | 年賀状を投函した、、年内の大仕事を終えた気分(掃除が残っているが) »