« 窓の内側からみていると、長閑な良い天気 | トップページ | 2017年のカレンダーが届いた、年末近いのを感じる »

2016年11月10日 (木)

WEB小説をブックリーダで読む:フォントを変えて画面を見やすくする

2016-11-10(木)曇り、寒い
 WEB小説をブックリーダで読むことが多くなっています。ラノベの文庫本を持ち歩く感覚です。文庫といえば縦書きですね。ソフトのマニュアル類は別として、小説は縦書きが読みやすいです。縦書きにする点については以前の記事で書きました。
  以前の記事:小説テキストファイルの縦書きPDF化 (青空キンドル)
 因みに使用しているリーダはソニーリーダ(PRS-T3S)で、画面が 958*1024 のものです。以下の記述は、この機種を元にしています

 上記の青空キンドルサイト(縦書きPDFへの変換サイト)を利用させていただいています。このサイトは、文字のサイズ指定が出来ます。
  文字小:
  文字中:31文字*15行
  文字大:27文字*13行
 文庫感覚ならば文字中ですが、もっぱら文字大を使用しています。それは、目が弱って小さい字は辛いという点もありますが、ソニーリーダで見ると画面が薄いのです。文字の線が細いので、優しい画面になるのですが、背景に比べて文字のコントラストが弱いので見にくいのです。文字大でも薄いですが、まあまあ、問題なく見えます。が、文字大は文字数が少ないので、出来れば、もう少し文字数を多くしたり、コントラストを強くしたりしたいところです。

 で、WEBを検索していたら、縦書きPDF変換サイトではなく、変換アプリを見つけました。これで、何とかならないかと検討しました。

 (1)AozoraEpub3 - 青空文庫ePub3変換
      参考にしたサイト
 (2)ChainLP
     参考にしたサイト

 第1の方法としては、(1)でEpubファイルに変換すれば、リーダで読むときにテキストファイルと同じくフォントサイズが変えられます。15行サイズより少し大きくすれば見やすいかなと思いました。が、画面が薄いのは同じですし、大きさが「帯に短したすきに長し」的(1行の文字数とか行数とか)で、(自分的な)ちょうど良い大きさになりません。

フォントとサイズを変える:
 ということで、色々試した結果、(2)でフォント種類やフォントサイズを変えてPDF変換することで、大分変えられることが分かりました。PCの中には日本語フォントも20~30位ありますので、大分手間がかかりましたが、何とか「これなら」というものが見つかりました。

 フォントとしては「DF平成ゴシック」「DF平成明朝」「MS UI ゴシック」「HGS明朝E」「メイリオ」あたりが良いようです。私としては明朝体よりゴシック体の方が見やすいです。
 DF平成ゴシックが一番くっきりと見えますが、長音(縦棒)が、若干中央ではなく、気になるかもしれません。MS UI ゴシックは、それもなくすっきりとしています。明朝体は横棒の細いのが足を引っ張るかもしれません。

 指定するフォントサイズは、文庫本くらいの大きさの表示(15行)なら21ポイント、もう少し大きい方が良いならば、22ポイント(14行)が良いと思います。
 21ポ:33文字*15行
 22ポ:31文字*14行

Dfgoth21a Hgsmine21a
(DF平成ゴシック 21ポ)    (HGS明朝E 21ポ)

 その他に、少し惜しいなと思うのがメイリオです。少し文字が大きく見え、フォントの形も好きなのですが少し薄く見えます。
 メイリオを使うには変則的な処理が必要になります。これをやらないと、字数が少なくて実用には難しいです(メイリオは字のまわりのスペースを大きく取るらしい)。

(2)のChainLPにはフォント指定箇所が二カ所あります。
  ①タスクバーの「編集」→詳細設定→青空設定1のタブ
  ②タスクバー「PDF[フォント埋め込み]」→iTextSharp設定
 通常は①②とも同じフォント設定にするのですが、下記のようにすると、15行設定ですが、メイリオの字体で綺麗なフォントで、字も少し大きく見えて綺麗です。ただ、薄く見えるのは通常と同じです。通常の15行表示よりは字が大きく見えるので、その分だけは見やすいかもしれません。
 ①HGSゴシックB 21ポ (フォントは明朝でもDF平成XXでも化)
 ②メイリオ
推測ですが、字の配置(文字数とか行数)は①で、PDFフォント埋め込みには②が使われるのでしょう。ただ、英大文字の直後の英子文字は、英大文字に被ってしまいます。①、②が違うので、表示位置と必要スペースが合わないからです。それでも、薄くなければ、これが一番良かったのですが、、、、難しいものです。

Meirio21a
(メイリオ HGSゴシックB21ポ で変換)

 上の二つと比べると、PCでも見ても若干薄く見えると思います。ちょっと、惜しいなと思いました。

 ということで、現在は「DF平成ゴシック 22ポイント」で変換して読んで、概ね満足しています。ただ、長音のずれの件で、「MS UI ゴシック 22ポイント」も捨てがたいなとは思っています。
 ここに至るまでの試行錯誤が大変でした。肝心の本も読まずにテストしていました、本末転倒とは思いながら、、、。
 あとは、ヒラギノ フォントも試したいと思っていますが、これは有料で高いんですよね。
 

|

« 窓の内側からみていると、長閑な良い天気 | トップページ | 2017年のカレンダーが届いた、年末近いのを感じる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/64473832

この記事へのトラックバック一覧です: WEB小説をブックリーダで読む:フォントを変えて画面を見やすくする:

« 窓の内側からみていると、長閑な良い天気 | トップページ | 2017年のカレンダーが届いた、年末近いのを感じる »