« 木曽で同級会(2) | トップページ | 秦野市 市民の日 2016 »

2016年11月 2日 (水)

縫製不良に要注意、、ポケットの落とし穴

2016-11-02(水)曇り
 昨日は木曽の同級会から帰ってきたのですが、実はお墓参りの後、帰路につく前に慌てました。その原因の一端に、ポケットの縫製不良が関与しているのです。

 お墓参りも終わり、さて帰路につこうとしたときにジャンパーの右のポケットに手を入れたら、旅館の部屋の鍵が入ったままでした。メンバーから集金したり、計算したり、精算したり、部屋の金庫の鍵を開けてあげたりしているうちに忘れてしまったようです。
 ついでに左ポケットを確認したら、こちらは、小さなビニール袋に入れた薬やメモ紙の束がありません。旅館に忘れたのかな?と思いました。鍵を返しに行くので、ついでに探そうと私の乗った車のメンバーは旅館へ戻りました。鍵は返しましたが、薬やメモ紙は見つかりませんでした。

 まあ、大したものではないから、、と帰路につきました。送ってもらった車から降りて分かれ、JRの列車を待っていました。そのとき、送ってくれた友人から、車の座席に薬の袋があったとの電話がありました。車に戻って探したら、その他のものも落ちていました。車に乗っているうちに、ポケットから落ちたようです。無くても困ることはないのですが、見つかったので気持ちの上ですっきりとしました。

 それにしても、左ポケットの小物が落ちたのに、右のポケットの鍵が何故落ちなかったのかなとは思いました。今日、ポケットをチェックしたら原因が分かりました。

Dscn2319a

 ポケット部分の図です(左のポケットの図)。本来はポケットの口の最下端より深い構造になっていて、a部分が滑り止めになっています。右のポケットは、その通りになっていました。

Dscn2320a

 実際の左のポケットは、bの部分が変に縫われたようになっていました。この形だとストッパになる部分がないので、小物が滑り出やすくなります。仕方がないので、自分で修正しました。裏地がついてしまっているので修正が面倒でした。

 前図のa部分があるかどうかは購入時に気にしているのですが、ジャンパーを購入したときのチェックでは、右手を入れて確認しただけでした。
 ちょっと痛い目にあった不良でした。「こうやって、色々と学んでいくわけです」、、って纏めたいけど、ちょっとイラっとした不良でした。これが、「何とか国」品質というのかな、、と愚痴りたくなった日でした。

|

« 木曽で同級会(2) | トップページ | 秦野市 市民の日 2016 »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/64435487

この記事へのトラックバック一覧です: 縫製不良に要注意、、ポケットの落とし穴:

« 木曽で同級会(2) | トップページ | 秦野市 市民の日 2016 »