« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

携帯電話料金についてショップへ質問に行った

2016-11-30(水)晴れ、のち曇り、深夜激しい雨

 携帯電話の請求料金について、半年分の各月の額をチェックしました。10月の額について疑問がわいたので、質問にショップへ行ってきました。携帯電話の料金の記述って難しいですね。
 私の料金コースは10年以上前のコースで、すでにWEBにも詳細記述がありません。だから、10年以上前のパンフレットを、保管しています。疑問がわいたら、これで調べています。

Dscn2344a(2006年のパンフレット)

 表紙の色が褪せていますが、料金コースを変えるまでは捨てられそうもありません。
 疑問点は、無料通信分による減額分が合わないように思って聞きに行ったのです。ショップスタッフは料金コースを聞いただけであきらめて、即カスタマーセンター扱いになり、センターに繋いだ電話を渡されました。最終的には疑問点は解消されました。国外通信分(今回は海外へのSMS)は割引対象にならないので、その分が合わなかったのです。国内通話も、海外通話も、海外へのSMSも総て、「通話」の中に合算表示になるので気がつかなかったのです。ログインしたWEB内での表示も、この辺の表示は分けてくれると分かりやすかったのですが、、。ま、疑問が解消出来たので良しとします。
 さて、今回思ったのですが、料金に関する規則や記述は、会社の法務部門も入ってチェックしているとおもうので、抜けとか間違いはないです。ただ、WEBのユーザ向けインタフェースの部分は、SEの設計だけで行うのか、ユーザから見ると今一で、あくまで設計側から見た仕様かなと思いました。ユーザから見ると、色々言いたい部分はあります。ただ、今まで、沢山の料金コースを作ってきて、廃止統合が出来ないから、大変だろうとは思います。その為に質問が多くて疲れるのか、話の通じない人の質問が多いのか、カスタマセンターの対応口調というか声の調子になんとなく険というか棘を感じました。「私の画面で見ると、ちゃんと合ってます。問題ないでしょ、もう良いでしょ」みたいな、、ね。たまたまそう感じる声の質だったのかなとも思いましたが、また逆に顔を合わせていないときの声って、意外と内面が出ているのかも、、とかも思いました。確かに、ショップの隣のテーブルで質問していたグループも、なんか話が通じなくて、いつまでも先へ進んでいませんでした。質問側が悪いのか、回答がうまくないのか分かりませんが、疲れるでしょうね。そんなことを考えながら帰ってきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

血圧計の調子が悪い

2016-11-29(火)晴れ

 血圧計の調子が悪くなりました。血圧そのもののほうは今までどおりに近いのですが、血圧計の方が不調です。最近の家電製品の操作部分、たとえばリモコンとか、、などのボタン部分は、昔のような機械的スイッチではないものが多くなりました。押すとカチッとではなく、グニュッっという感じで押し込まれます。弾力性のある素材と導電性のある素材を使用したものかな?と考えています。
 機械的構造部分がないから故障しにくいのかな?と思ったのですが、必ずしもそうではないみたいな気がしてきました。結構、無反応になったり、無理矢理力づくで押さないと反応しなくなったりします。
 今回もそんな感じで、反応が悪くなりました。

Dscn2318a

 電源スイッチ(兼スタートスイッチ)が反応しなくなりました。全く反応しないのではなく、色々な方向に力一杯押すと動作します。測定値そのものは今まで通りの値が出ますから測定自体は良いのですが、スイッチを入れるのが大変です。
 何で機械的スイッチより弱いのかなと思ったのですが、部品寿命というものが昔と違って、製品買い換えサイクル(比較的短めに)を想定したものに設計されているのかな?とか思いました。
 さて、毎朝力一杯の操作を試行錯誤するか、買い換えるか悩みどころです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

少し、古本を処分した

2016-11-28(月)曇り
 先日から少しずつより分けた、古い文庫とか要らなくなったコミックとか、23冊ほど古本屋へ持っていきました。大分整理した後なので、あまり数はないのですが、無理矢理にでも不要なものに区分したりして処分しました。まあ、実際、もはや読むことはないので、、興味も変わったし、字の大きさも辛いし、、。文庫はSFとか少年少女向け冒険ものみたいなものですしね。
 以前だと、資源ゴミの日に雑誌類として出していましたが、最近はまず古本屋に持ち込むことにしました。この本が?、、と思うような、高い値がつくことがあるからです。今回も1冊400円になった文庫がありました(*1)。WEBでみると1000円くらいで売りに出ているところもあります(本の程度によると思うけど)。、結局1冊10円位も含めても、平均で1冊100円になりました。以前にも1冊で1000円になった文庫本もあります。
 高い値のつくものの傾向が分かってきました。「ベストセラーとかあおったものとか、昔からの名作として重版が重ねられる、、」などというものではなく、マニア的な読者は欲しがったけど、それほど売れるものではなかった、、みたいなもので、数が少ないものでしょうか。まあ、まずはWEBで調べれば判明しますけれど。コレクターでもマニアでもないから、それ相応の値段で引き取って貰えて、欲しい人に廻るならそれでよいと思います。
 そんなことを思いながら帰ってきました。

 *1:持っていった本のリストから見て、多分「タピオラの冒険(ロバート・ネイサン著)だろうと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

ギターサークルの忘年会

2016-11-27(日)曇り/晴れ、のち雨

 今夜は、早々にギターサークルの忘年会でした。12月にはいると、色々な絡み(仕事仲間とか、遊び仲間とか)での忘年会などもあるかも、、ということで、早めに忘年会を行っています。先月の演奏に出た合奏フェスティバルの、遅い打ち上げも兼ねています。
 ということで、メンバーの住所の、概ね中間地点になる駅までで掛けて忘年会に参加してきました。こういうメンバーの飲み会は、職場での飲み会と違って、気のあった仲間なので非常に楽しい会になります。宴会コースの食べ物は終わっても、飲み放題コースの飲み物をチョロチョロと注文しては、長居をして話し込みました。お店から、そろそろ、、お時間で、、といわれるまで話しをして、その後は近くのコーヒーショップで、またまた盛り上がります。店内ではまとまって席が取れないので、店頭のテーブルで話し込みました。若干寒くなってきているので、外のテーブルを使う人はいないので、気兼ねなく話が出来ます。
 ということで、帰着が0時直前の、楽しい忘年会の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

香港「3」プリペイドSIMのリチャージを行った。

2016-11-26(土)晴れ、のち曇り、深夜に雨
 香港「3」プリペイドSIM(「HSDPA Broardband 、、、、」)の6ヶ月の期限がきたのでリチャージを行いました。先日に期限がきた「3G International Roaming rechargeable SIM」は、(残高があり)自動延長になっていたのですが、こちらのSIMは残高があっても自動延長にはならなかったようです。SMSを使った残高/期限チェックを行ったのですが、延長になっていませんでした。
  先日の記事 「よく分からない、香港「3」プリペイドSIMの期限

 ということで、とりあえず100香港ドルをチャージしました。ずっと保持していましたが、テスト用携帯電話のパケット通信に使用して、残高がなくなったら終わりにしようと思います。いつか、また香港へ行ったときに使用するだろう、、と保持していましたが、数年使う機会がなかったし、必要ならまた購入した方が気軽です。テスト用には、もう一枚の「3G International ....」があるので良いかなと決断しました。国内、香港あわせて5回線持っていましたが、少しずつ整理廃止しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

駅前ビルのクリスマスツリーの飾り付けもできた

2016-11-25(金)晴れ
 今日は天気が良かったので、家の窓際の日光が当たっているところで本を読んでいると暖かく感じる日でした。が、外に出ると、やはり寒いですね。
 駅前まで行ったついでに、先日書いたクリスマスツリーのところに行ったら、すっかり飾り付けが終わっていました。

Dscn2343a

 益々、年末の近さ、忙しなさを感じるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

寒い、、そして、かなりの雪が降った

2016-11-24(木)雪、のち曇り、寒い
 寒い日になりました。朝起きて、寒いなーと思いながら外に出たら雪が降っていました。初雪は時期的に少し速い気もしましたが、昔でいえばこんな時期なのでしょうか。

Dscn2340a

 朝食後に見たら、大分積もっていました。路面には見えませんが、畑とか車の上は、かなりの厚さで積もっています。寒いから、沢山積もったり、その後路面が凍結したりして買いものに行かれないと困るなあ、、と思いながら見ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

寒い、今日は引きこもってしまった

2016-11-23(水)曇り
 今日は小雨/曇りで、何となく身体の芯がぞくぞくするような寒さを感じました。まあ、天候だけではなく、年のせいかもしれませんが。そんなことで、夕方気がついたら、一日中家でWEB小説をあさったり、立ち読みしたりして過ごしていたことに気がつきました。朝と夕方の散歩にも出ていませんでした。このまま、引きこもりになるとまずいなあ、、。
 寒いので足下ホットカーペット(小さなホットカーペット)を出しました。こうやってホットカーペットとかコタツを出すと、ますます動かなくなりますね。そのせいもあって、ここ10年くらいはコタツを出していません。あの快適さは、、、人を動かなくさせます。
 さて、コタツといえばミカンです。先日、ブルックス大井事業所の無料試飲室へ行ったときに、売店の外に並んでいた、「一袋いくら」のミカンを買ってきました。地場産のものを置いているのですね。この辺だと足柄ミカンとか呼ばれています。

Dscn2339a

 足柄ミカンとかその先の静岡ミカンは、良く出回っている紀州とか愛媛のミカンに比べると、若干皮が厚いとか堅めだとかいう感じがあります。味は、最近出廻る果物にしては若干強めの酸味が感じられます。私個人としては、こういう酸味の感じられるものの方が好きです。最近は甘いだけのものが多いような気がします。小さい頃食べたものに影響されるんでしょうか。昔は酸味が強かったけど、品種改良が進んで甘みが多くなってきたんでしょうね。各個人の好みの話しではありますが、そんな風に感じます。
 故郷の林檎も、近場のミカンもおいしい季節になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

年末を感じる光景が増えてくる

2016-11-22(火)未明は雨、朝から晴れ
 段々と年末が近いことを感じるようになってきます。そういう光景もふえてきますしね。個人的にいうと、年末が近いことを感じるのは
 (1)ギター合奏フェスティバルに参加する
 (2)年賀葉書の発売、あるいはスーパーでの出張販売をみる
 (3)クリスマスの飾り付けが始まる
の順番にやってきたときでしょうか。単にカレンダーを見るより、こういう行事や光景にあうと実感します。

Dscn2336a

 いつも行く駅前ビル、1階ホールの飾りも変更中です。毎年、クリスマスツリーの飾りになります。まわりの花の鉢植えは準備が終わったようです。真ん中の台にツリーを置くため、いつもの飾りが片付けられています。
 ああ、年末が近い、、、年賀状の心配をしないと、、、そんな時期です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

10月末にあったギター合奏フェスの写真

2016-11-21(月)曇り、のち雨
 昨日はギターサークルの休日練習でしたが、ついでにギター合奏フェスティバルで参加賞としていただいてきたものの整理をしました。毎年、賞状の他、ギターの小物と重奏の楽譜の本とかを頂いています。コンクールではないので賞状というのもないと思うのですが、「参加しました」という証明書みたいなものですね。

Dscn2335a

 あとは、自分たちの演奏の動画ファイル入手しました。第一部とか第二部とか纏めたDVDも販売しているのですが、まだ到着しません。ただし、自分たちの部分だけはファイルをサーバから入手できるので、それをサークルの幹事から受け取ってきました。動画や取りだした音のみのファイルなどをメンバーに回覧する役目を引き受けてきました。動画は載せませんが、舞台の様子の写真です。

20161029_jga_bach1a

 指揮者を待っている瞬間です。指揮者が入ると隠れてしまう人がいるので、この瞬間にしました。メンバーが減ってしまったと、常々嘆いていますが、こうやってみると、そこそこの形になりますね(自己満足ですが、、)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

今日はギターサークルの休日練習日

2016-11-20(日)晴れ
 今日はギターサークルの休日練習日でした。先月末に一つの行事(ギター合奏フェスティバルでの演奏)が終わって、年内は忘年会くらいしかないのですが、それでもまずまずの人数が集まりました。あとは、春になって来年秋のための合奏が決まるまでは、個人の練習が続きます。とりあえずは3月の独奏/重奏・部内発表会がターゲットです。今日は重奏の曲を決めたり、個人練習をしたりして過ごしました。私は、今年の3月の独奏/重奏・部内発表会のあとは、合奏の練習しかしていなかったので、今はひける曲が無いかもしれない状態です。やはり、地道に少しずつ練習していることが大切ですね。そんなことを考えながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

屏風の出番の季節がやってきた

2016-11-19(土)雨/曇り
 大分寒くなってきました。朝方など、冷え込む日も増えてきました。こうなると、屏風の出番の季節です。夜寝るときにベッドは使っておらず布団を敷いて寝ています。この場合、ベッドのような頭の上の板がないので、窓で冷えた空気が頭の方から動いたりする、頭とか肩口が寒かったします。洗髪した日だったりすると、頭の方から冷たい風がふいたりして風邪をひいたりします。
 こんなときに、左右の肩から頭を覆うような屏風を立てると、その風が遮られて、寒さが和らぎます。今時、ちゃんとした屏風を入手するのは難しいので、ホームセンターで、一辺45CMの板(板とか発砲スチロールの板とか)を4枚買ってきて、互い違いに曲がるようにテープ(ガムテープなどでも良い)で止めて、屏風の代わりにします。これを使うようになって、風邪をひきにくく、喉もやられにくくなりました。一晩中、頭の方から乾燥した冷たい風がふいているのは、やはり健康には良くなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V105_0

2016-11-18(金)晴れ
  WEB小説(今のターゲットは「小説家になろう」のサ イ トですが)をダウンロードして、テキストファイルで格納するPythonスクリプトを弄りました。今回の変更は、縦書きPDFへの変換をChainLPというアプリで実施するように変えたので、それに適したように変えたものです。もっとも、ChainLPで行うからといっても、変更しなければならない、という点はないのですが、この際だから使いやすいように、いくつか変更しました。相変わらず、いまさらなスクリプトを弄っています。

変更点: (面倒なのでテキストファイルの来歴を、、、)
(1)htmlタグを残したままのファイルを作成する処理を追加した。
(2)datファイルがないときのオプション指定手入力項目にいくつか追加した。
(3)改行のみの行(空白行)を全部削除する処理を追加した。
(4)表紙ページ(題名、作者部分)の最後に[#改ページ]を追加するようにした。
  (ChainLPで縦書きPDFに変換するときのため)

 (1)はルビ処理など、フォーマット指定の処理を完全に行えるように、html形式のまま出力できるようにしておくものです。これをChainLPに入力すると、普通の縦書き文書に変換されます。
 (3)はWEB小説では欲しくなるときがある機能です。WEB小説では、1行ごとに空白行を1行挟む書き方の方もいます。これは、ブックリーダで読むときには非常に読みにくい場合があります。1ページに表示される行数が少なくて、ページめくりばかりが忙しい場合があるのです。ただ、空白行が全くなくなると読みにくい小説もあるので、オプション化しました。(通常は、複数行続いていても1行に圧縮しています。)
 (4)は表紙ページから本文に移るときに改ページするためです。

 本当は要らない部分を削って簡単にしたいのですが、今まであった機能も、いつか使うかも、、と思って削れないんですね。一応、機能追加の形で変更しています。

今までのPyBookGet記事へのリンク一覧は「Pythonスクリプト雑記」に載せました。
  「Pythonスクリプト雑記」 の
   「43.1 WEB小説のデータ取得 PyBookGet

-------------------------------------------------------
 モジュール
  「PyBookGet_105_0.zip」   

-------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい その2

2016-11-17(木)晴れ
 先日の記事で、ブックリーダのフォント選びの事を書きました。
   「WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい

 先日の記事では、とりあえず「メイリオフォント」にしたと書きましたが、いまだに試行錯誤をしています。メイリオフォントは、同じポイント数の文字だと少し大きいから見やすいのと、丸ゴシックタイプで画面が優しいので気に入っています。では、なぜ更に新たなフォントを探しているかというと、メイリオフォントは少し薄く見えるのです。だから、文字のコントラストが弱くて見にくいのです。
 で、WEBで検索したら、ブックリーダについては、Kobo もKindleもReaderも使用者はフォントについては悩みがあるようです。共通的に、明朝体のフォントの線が細くて画面で見にくいと言うものです。で、色々な方が自分で工夫されていました。IPAフォントの明朝体などを、FontForgeで線を太くしたりして使用していました。自分でもやってみようと思ったのですが、昔使っていたFontForgeが動かなくなっていたので、皆さんの結果を使わせていただくことにしました。

 ブックリーダように工夫したフォントは以下のものを見つけました。結局、PC用フォントそのままではなく、ブックリーダ用に最適化したフォントを使うのがよい、という事でしょう。

(1)青キン明朝フォント - Kindle向けのIPA明朝フォント
   「青空キンドル [Beta]
   縦書きPDFへの変換サイト「青空キンドル」で使用しているフォントです。

(2)Kobo明朝、および KB丸ゴシック
  「Kobo Hack Uploader

(3)KoKin明朝:Kindle、Kobo用フォント
  「青キン明朝、Kobo明朝より太めのフォント公開

 縦書きPDFへの変換は「ChainLP」を使用させていただいているので、その環境で上記を色々試した結果、第1番目には「KB丸ゴシック」、第二番目候補としては「KoKin明朝」にしました。KoKin明朝とKobo明朝は、ほぼ同じようですが、KoKin明朝の方が若干太いらしい(目ではよく分からなかったですが)ので、それにしました。青キン明朝は、若干線が細いようです。24ポイントフォントだと良いのですが、それより小さくなると細い感じがしました。
1行の文字数なども勘案して、次のような使い方にします。

ChainLPの2カ所の設定は
  ①タスクバーの「編集」→詳細設定→青空設定1のタブ
  ②タスクバー「PDF[フォント埋め込み]」→iTextSharp設定
なので、次のような設定にします。

(A)KB丸ゴシックの場合
  ①HGSゴシックM 22ポイント
  ②KB丸ゴシック
 これで、31文字*14行になります。

(B)KoKin明朝の場合
  ①HGSゴシックM 23ポイント
  ②KoKin明朝
 これで、31文字*13行になります。

 どちらも見やすいですが、線の太さによる見やすさなら(A)、文庫本の見た目に近づけるなら(B)でしょうか。今は(A)を主体にして試験運用中です。もう少し若くて目が良ければ、(B)の方がすっきりするかもしれません。
 今のところ、これが自分的には最善かなと思っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

乾燥の季節がやってきた

2016-11-16(水)曇り
 秋の長雨というか湿っぽい時期が過ぎて大分になります。いよいよ乾燥の季節がやってきました。加湿器の出番ですね。
 この時期で嫌なのは、第1に乾燥肌でしょうか、これは年代によると思いますが。保湿クリームや椿油、オリーブ油の出番です。第2にはパチパチ君(別名、静電気、あ、逆か)でしょうか。被るタイプのシャツを脱ぐときなど、材質によっては、消してある蛍光灯が反応するくらいパチパチが酷いです。だから、分かっているシャツを脱ぐときは、水道の蛇口や、キッチンの大きいステンレス台に触ったまま脱ぐことにしています。そうしないと、脱いだ後の最初のパチン!が酷いですから、。次ぎに地味に嫌なのが、タッチパネル式操作の反応が悪くなることです。今使っているリーダも最近は、タッチして選択する際の反応が悪いときがあります。あと、銀行のATMが酷いです。時期的乾燥の上にエアコンの乾燥がありますから、かなり反応が悪いときがあります。後ろで人が待っているのに、何回押しても反応しなくて後ろが気になる、、なんて事もあります。機器も大分改善されているようですが、気になるときもあります。
 かさかさになった手を見ながら思っています、乾燥の季節だなあ/年をとったなあ、、のどちらかは不明ですが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

歌のレッスンのおさらい会が近づいている

2016-11-14(火)未明は雨、のち曇り/晴れ
 年末も近づきつつあり、色々と片付けないといけないことが多くなりますが、寒いと動きが鈍くなり色々と溜まってきます。それでも、困らないと動かない習性になってきました。でも、友人は、困らないんなら良いんじゃないの?といいます。確かにそうですね。
 さて、先日は秋の恒例の行事、ギター合奏(JGAギター合奏フェスティバル)が終わりほっとしましたが、また個人的な年末恒例の行事が一つ近づいてきました。
 健康のために大きな声を出そうと、歌のレッスン(声楽レッスン)を受けています。最初の頃は毎週1~2回は練習したのですが、最近では2週間に1回くらいしか練習しなくなりました(レッスンを除く)。即ち、教わりに行く前の日くらいしか練習しなくなったわけです。これでは、上達しませんね。
 そんな状態でも行事がやってくるわけで、年末恒例の「おさらい会」がまもなくです。何か一曲は歌わないといけないのですが、最近練習していないから満足に歌えるものが見つかりません。どうしたものか、、、。暫く前にレッスンで練習した「ネッラファンタジア」にしようかと、イル・ディーヴォのCDを聞きながら、譜面の見直しをしています。でも、同じテノールの歌を聴きながら歌って練習するのは難しいです。合わせて歌って練習するなら、ソプラノのCDの方が良いみたいです。まあ、人に寄るのでしょうが、、。
 いつも付け焼き刃でやる年末恒例のおさらい会です。どうなりますか、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

エアコンの掃除を(少し)してみた

2016-11-14(月)曇り、午後いちじ小雨
 最近、エアコンの効き方が悪いような気がします。随分と古いものだから、、とは思いますが、あと、熱を出したり吸収したりするフィンが汚れていると効率が落ちるとはいわれています。あと、カビの付着とか、、少し、気持ちの悪い話しもあります。時々、変な時期に鼻がグスグスするのは、花粉ばかりではなく、エアコンのカビのせいもあるかも、、とか思いました。
 グリルを開けたところのフィルターは、今までも掃除していましたが、今回はその先のフィンの部分を細かく見てみました。良く見ると、狭く並んだフィンの金属板の間に、埃(とカビ?)みたいなものが詰まったようになっています。エアコンのクリーナスプレーって、これを掃除するためのものなんですね。スプレーでの清掃はは冷房の時期が良いかな(*1)と思ったので、今回は掃除機で掃除しました。といっても、掃除機のブラシの口くらいでは吸い取れません。掃除機の口を近づけておいて、フィンの金属板の方向に沿って歯ブラシで掃除しました。ある程度綺麗にはなりましたが、やはりスプレーなどの溶剤で溶かして流す方法でないと、完全には綺麗になりません。次回はスプレーで掃除しようと思いました。
 それでも、夜になって暖房に使ったら、いつもよりは効きがよいように思いました。ま、多少、期待値のおかげもあるかもしれませんが。

 *1:スプレーして掃除するものは、流したものを室外への排水の管を通して排出するようです。だから、冷房を使って水が沢山出る夏の時期が良いかなと思ったわけです。実際は、関係ないかもしれませんが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

WEB小説をブックリーダで読む:画面の見やすさって難しい

2016-11-13(日)晴れ
 何日か前に、WEB小説をブックリーダで読むために画面を見やすくしたいと、フォントを変えてPDF化する話を書きました。文字の線を太くして、濃くくっきりと表示しようとしたのです。その時に、色々なフォント、色々なフォントサイズを試して、「DF平成ゴシック」「MS UI ゴシック」あたりが、最も濃くて視認性がよいと判断しました。
  前回の記事「WEB小説をブックリーダで読む:フォントを変えて画面を見やすくする」

 しかし、それで変換したものを読んでいるうちに、何となく読みにくいような気になってきました。文字そのものは濃くてくっきりとしているのですが、画面全体としてすっきりしないのです、というか美しくないのです。上記のようなゴシック系のフォントは、一般にごつごつとした無骨な感じがしてしまうようです。だから、画面全体としても無骨な感じがします。それに比べると明朝体の方が良いようですが、満足ではありません。

 ということで、メイリオフォントに戻ってきました。試した中では、これが一番すっきりするようです。もう一つやってみたかったのはヒラギノ丸ゴシックです。しかし、このフォントはOTF(オープンタイプフォント)形式で、変換に使うChainLPではサポート外のようです。昔持っていたヒラギノ丸ゴシックW4でやってみましたが動きませんでした。
 さて、メイリオを使うには、前回の記事でも書いたように、ChainLPの2カ所の設定を別々にする変則的なやり方をします。この方法は、アプリ本来の使い方ではないので自己責任ですが、自分で読むだけですし、見やすくなるのならいいかなと試しています。

ChainLPの2カ所の設定は
  ①タスクバーの「編集」→詳細設定→青空設定1のタブ
  ②タスクバー「PDF[フォント埋め込み]」→iTextSharp設定
です。これを変えると、1行の文字数や行数が色々と変化します。色々試した結果、下記のようになりました。                                                                                                            

項番 ①の設定 サイズ ②の設定 出力の文字数*行数 備考
HGSゴシックE 23 メイリオ  31*13
DHP平成ゴシック  23 メイリオ  29*13
IPAPゴシック 23 メイリオ  28*13
HGSゴシックE 22 メイリオ  31*14
DHP平成ゴシック 22 メイリオ  30*14
IPAPゴシック 22 メイリオ  30*14 今回はこれに決定 

 今まで使用していた「青空キンドル」サイトの文字サイズ「中」と「大」の真ん中になるように、項番6にしました(項番5でも同じ)。項番4は、上下の文字間が窮屈になる部分があります(英字と日本文字の間など)。
 メイリオにすると、若干薄い感じがしますが、とりあえずは項番6で、予備として項番2のファイルも用意して持ち歩いてみる予定です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

よく分からない、香港「3」プリペイドSIMの期限

2016-11-12(土)晴れ
 テスト用にと保持している香港「Three」のプリペイドSIMですが、どうも期限の考え方が分かりません。購入時の説明には、リチャージから6ヶ月間有効、リチャージ時に、また6ヶ月先まで有効になると書いてあります。
 ですが、以前は何回か、期限が来るたびに何もしないでも6ヶ月間伸びていました。しかし、前回(5月)には延長されていなかったため、2枚ともリチャージしました。今回も1枚の期限が来たのですが、自動で延長されていました。
前回に記事
  香港プリペイドSIMのリチャージを行った
  香港プリペイドSIMのリチャージを行った HSDPA..SIM

(1)1枚目のSIM 「3G International Roaming rechargeable SIM」
  前回(5月)は残高は約80HKDで、延長されていませんでした。
  その為、リチャージしました。SMS、パケット等で少し使っています。
  今回は、残高120HKDくらいで、自動で延長されていました。

(2)2枚目のSIM 「HSDPA Broardband 、、、、」
  前回(5月)は残高 約200HKDで、延長されていませんでした。
  その為、リチャージしました。SMS、パケット等で少し使っているかなあ。
  あまり、記憶がありません。
  一週間後くらいに期限が来ます。どうなるか、楽しみにしています。

 何もしないでも延長されるかどうかは、SIMの種類と残高と、6ヶ月の間に使用されていたかどうかが影響するのかもしれません。
 (1)は通話などがメインで販売されたものです。だから、残高が100HKD以上あって、使用実績があれば延長されるのかな。
 (2)はパケット通信を安く行うことをメインとして販売されたSIMです。このため、自動延長がないのかな?などとも思います。一週間後に分かるかと期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

2017年のカレンダーが届いた、年末近いのを感じる

2016-11-11(金)未明は雨、のち曇り/晴れ
 以前は、Nokia携帯電話絡みで、良く香港へ行っていました。新機種購入とかショップ巡りとかオフ会とかです。なので、JALのマイレージクラブに入っています。イオンのポイントとも連携させているので、結構ポイントが貯まったり、イオンでの買いものに使ったりと便利にしています。
 で、本題はそこではなくカレンダーです。JALのマイレージクラブからは毎年、世界各地の風景とその国のモデルの写真を使ったカレンダーを送ってきます。その風景を見ては、行ってみたいなあ、、とか思うわけです。そのカレンダーの、来年のカレンダーが本日届きました。
 毎年、これが届くと年末を感じます。年賀状の発売より切実に感じるかもしれません。
 さて、そろそろ年末に向けた準備を始めないといけないかなと思った日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

WEB小説をブックリーダで読む:フォントを変えて画面を見やすくする

2016-11-10(木)曇り、寒い
 WEB小説をブックリーダで読むことが多くなっています。ラノベの文庫本を持ち歩く感覚です。文庫といえば縦書きですね。ソフトのマニュアル類は別として、小説は縦書きが読みやすいです。縦書きにする点については以前の記事で書きました。
  以前の記事:小説テキストファイルの縦書きPDF化 (青空キンドル)
 因みに使用しているリーダはソニーリーダ(PRS-T3S)で、画面が 958*1024 のものです。以下の記述は、この機種を元にしています

 上記の青空キンドルサイト(縦書きPDFへの変換サイト)を利用させていただいています。このサイトは、文字のサイズ指定が出来ます。
  文字小:
  文字中:31文字*15行
  文字大:27文字*13行
 文庫感覚ならば文字中ですが、もっぱら文字大を使用しています。それは、目が弱って小さい字は辛いという点もありますが、ソニーリーダで見ると画面が薄いのです。文字の線が細いので、優しい画面になるのですが、背景に比べて文字のコントラストが弱いので見にくいのです。文字大でも薄いですが、まあまあ、問題なく見えます。が、文字大は文字数が少ないので、出来れば、もう少し文字数を多くしたり、コントラストを強くしたりしたいところです。

 で、WEBを検索していたら、縦書きPDF変換サイトではなく、変換アプリを見つけました。これで、何とかならないかと検討しました。

 (1)AozoraEpub3 - 青空文庫ePub3変換
      参考にしたサイト
 (2)ChainLP
     参考にしたサイト

 第1の方法としては、(1)でEpubファイルに変換すれば、リーダで読むときにテキストファイルと同じくフォントサイズが変えられます。15行サイズより少し大きくすれば見やすいかなと思いました。が、画面が薄いのは同じですし、大きさが「帯に短したすきに長し」的(1行の文字数とか行数とか)で、(自分的な)ちょうど良い大きさになりません。

フォントとサイズを変える:
 ということで、色々試した結果、(2)でフォント種類やフォントサイズを変えてPDF変換することで、大分変えられることが分かりました。PCの中には日本語フォントも20~30位ありますので、大分手間がかかりましたが、何とか「これなら」というものが見つかりました。

 フォントとしては「DF平成ゴシック」「DF平成明朝」「MS UI ゴシック」「HGS明朝E」「メイリオ」あたりが良いようです。私としては明朝体よりゴシック体の方が見やすいです。
 DF平成ゴシックが一番くっきりと見えますが、長音(縦棒)が、若干中央ではなく、気になるかもしれません。MS UI ゴシックは、それもなくすっきりとしています。明朝体は横棒の細いのが足を引っ張るかもしれません。

 指定するフォントサイズは、文庫本くらいの大きさの表示(15行)なら21ポイント、もう少し大きい方が良いならば、22ポイント(14行)が良いと思います。
 21ポ:33文字*15行
 22ポ:31文字*14行

Dfgoth21a Hgsmine21a
(DF平成ゴシック 21ポ)    (HGS明朝E 21ポ)

 その他に、少し惜しいなと思うのがメイリオです。少し文字が大きく見え、フォントの形も好きなのですが少し薄く見えます。
 メイリオを使うには変則的な処理が必要になります。これをやらないと、字数が少なくて実用には難しいです(メイリオは字のまわりのスペースを大きく取るらしい)。

(2)のChainLPにはフォント指定箇所が二カ所あります。
  ①タスクバーの「編集」→詳細設定→青空設定1のタブ
  ②タスクバー「PDF[フォント埋め込み]」→iTextSharp設定
 通常は①②とも同じフォント設定にするのですが、下記のようにすると、15行設定ですが、メイリオの字体で綺麗なフォントで、字も少し大きく見えて綺麗です。ただ、薄く見えるのは通常と同じです。通常の15行表示よりは字が大きく見えるので、その分だけは見やすいかもしれません。
 ①HGSゴシックB 21ポ (フォントは明朝でもDF平成XXでも化)
 ②メイリオ
推測ですが、字の配置(文字数とか行数)は①で、PDFフォント埋め込みには②が使われるのでしょう。ただ、英大文字の直後の英子文字は、英大文字に被ってしまいます。①、②が違うので、表示位置と必要スペースが合わないからです。それでも、薄くなければ、これが一番良かったのですが、、、、難しいものです。

Meirio21a
(メイリオ HGSゴシックB21ポ で変換)

 上の二つと比べると、PCでも見ても若干薄く見えると思います。ちょっと、惜しいなと思いました。

 ということで、現在は「DF平成ゴシック 22ポイント」で変換して読んで、概ね満足しています。ただ、長音のずれの件で、「MS UI ゴシック 22ポイント」も捨てがたいなとは思っています。
 ここに至るまでの試行錯誤が大変でした。肝心の本も読まずにテストしていました、本末転倒とは思いながら、、、。
 あとは、ヒラギノ フォントも試したいと思っていますが、これは有料で高いんですよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

窓の内側からみていると、長閑な良い天気

2016-11-09(水)未明は雨、のち曇り/晴れ、寒い
 ここのところ、かなり寒いと感じる日が増えてきました。今朝も、朝の起きがけは寒くて、布団から出にくいと思いました。無理をせずに、布団の中からリモコンでエアコンを点けて暫くしてからごそごそと出てきます。
 そんな日でしたが、日中は晴れて、まずまずの天気でした。図書館へ行く用事があったので図書館まで歩き、2F資料室で本を読んだのですが、窓から見ると暖かそうで長閑な天気です。小春日和というのでしょうか。

Dscn2334a (図書館の柿の木、向こうの山は丹沢方面)

 図書館の窓の外には沢山の柿の木があり、今年もたわわに実がなっています。実を収穫するということはないので、年明けまでかけて、鳥の食料になります。真ん中に大きな記が見えますが、左にも右にも、何本もの柿の木があります。手が届けば、何個か取って干し柿にしたいところではあります。
 そんな、長閑な様子の晩秋の景色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

Python:  PyMusicSP を更新しました(V0.03.0)

2016-11-08(火)晴れ/曇り、寒い
 昨日に引き続き、先日判明したE7-00における、Py S60のaudioモジュールの違いについて、影響を受けているPythonスクリプトの修正とテキストファイルの修正を行いました。スクリプトそのものも修正というより、ドキュメント修正と、Pythonスクリプト雑記への記入ですが、、。
 今回のスクリプトは
  ・PyMusicSP です。

 モジュールは、いつものPythonスクリプト雑記に載せて、記事も修正しました。
  「Python スクリプト 雑記

 これで、E7-00で分かった、Python for  S60のaudioモジュールの動作の違いについての修正は終了しました。
 しつこく修正して自分で使用していますが、使用できなくなるのも時間の問題の気がします。Nokiaの機種が古くなり、電話システム側の変化について行かれなくなりつつあるようです。まあ、通話とSMSくらいは、まだまだ大丈夫でしょうが、データ通信というかインターネット側の使用は苦しくなりつつあります。
 そんなことを考えながら、修正しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

Python: PyTalkTime を更新しました(V0.03.0 / V1.03.0)

2016-11-07(月)晴れ
  先日判明したE7-00における、Py S60のaudioモジュールの違いについて、影響を受けているPythonスクリプトの修正とテキストファイルの修正を行っています。
  「Python: Nokia E7 における audio モジュール(ボリューム値)の留意点
  「Python: Nokia E7 audio モジュール(ボリューム値指定)の検討

 いくつかのスクリプトが影響を受けていますが、今回は下記のスクリプトの修正とテキストファイルの整備を行いました。このスクリプトも、毎日使用しているものです。時報とか毎時、毎30分毎の時刻読み上げに使用しています。
 ・PyTalkTime V.0.03.0
 ・PyTalkTime V.1.03.0

 モジュールはいつものPythonスクリプト雑記に載せて、記事も修正しました。
  「Python スクリプト 雑記

 修正とかWEB貼り付けとか、少しずつ片付けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

Python: PyBookシリーズをPythonスクリプト雑記に載せた

2016-11-06(日)晴れ、夕方から曇り
 以前作成した PyBookシリーズ のスクリプトは、WEB小説(小説家になろうサイトの小説)を纏めてダウンロードして、携帯電話で読むためのスクリプト群です。作成してブログには書いたものの、Pythonスクリプト雑記には載せていませんでした。今回、audioモジュールの件で色々とスクリプトを弄ったりしてPythonスクリプト雑記に書いたりしているので、合わせて、忘れないうちにと書くことにしました。

 PyBookシリーズとは以下のものがあります。
 ・PyBookGet     小説データのダウンロード用
 ・PyBookOpener  ビューワを開くためのファイルブラウザ
 ・PyBookViewer旧 ブックビューワ機能部分
 ・PyBookReader  PyBookOpenerとPyBookViewerを纏めたブックリーダ
 ・PyBookViewer新 ブックリーダ
 ・バーチャルキーボードのブックリーダ用改造部分
 ・PyBunkoM   普通のフォントで縦書き表示できるブックリーダ

 簡単なものですが、色々と良く作ったり(改造したり)したものです。暇だったのかなあ。まあ、頭の体操にはなりました。 

 Pythonスクリプト雑記 に記入しました。
 43.WEB小説を読む PyBookシリーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

Python: 太陽と月の時刻情報表示 PySunMoon をPythonスクリプト雑記に載せた

2016-11-05(土)晴れ
 先日作成した 「太陽と月の時刻情報表示 PySunMoon」 をPythonスクリプト雑記に載せました。
 今更な機種の、今更なスクリプトですが、自分で使っている限りは「Pythonスクリプト雑記」に載せていく予定です。理由は、倉庫代わり、記録帳代わりです。何処に情報やモジュールがあるか、分からなくならないようにです。年と共に、「Where am I? Who am I? (ここはどこ?私は誰?)」の心配がでてきましたしね。
 そんなことを考えながら、今もWEBを修正しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

Python: PyWakeUp / PyWakeUpSP を修正した

2016-11-04(金)晴れ、のち曇り
 先日判明したE7-00における、Py S60のaudioモジュールの違いについて、影響を受けているPythonスクリプトの修正とテキストファイルの修正を行っています。
  「Python: Nokia E7 における audio モジュール(ボリューム値)の留意点
  「Python: Nokia E7 audio モジュール(ボリューム値指定)の検討

 いくつかのスクリプトが影響を受けていますが、2つのスクリプトの修正とテキストファイルの整備を行いました。このスクリプトは、毎日使用しているのと、作りが簡単なので、手始めに修正しました。
 ・PyWakeUp
 ・PyWakeUpSP

 モジュールはいつものPythonスクリプト雑記に載せて、記事も修正しました。
  「Python スクリプト 雑記

 修正そのものは、他のスクリプトも終わっているのですが、テキストファイルの修正をさぼっています。忘れないうちにやらないといけないな、、と思いながら、ずるずると日にちだけが経っていきます。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

秦野市 市民の日 2016

2016-11-03(木)晴れ
 良い天気、休日、水無川沿いを歩くのが久しぶりということで、水無川沿いを下って駅まで歩いていきました。1時間弱の散歩コースです。家から下ってゆくときに、風船などを持ったこども連れとのすれ違いが多いなと思ったら、題記の行事の日でした。運動公園や、その横の水無川沿いでは色々な展示や露店が出ていました。

Dscn2327a  
 どの駐車場も、このようなテントで出店があります。人が多くて歩くのが大変なので、遠くから写真を撮るだけにしておきました。

Dscn2325a

Dscn2326a   

 水無川沿いは露店の他にも、上流側は子ども達の作品展示があります。こちらは、まだ2~3日は展示されているようです。この展示を見ながら、川を下ってゆきました。
 晴れた良い天気になって良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

縫製不良に要注意、、ポケットの落とし穴

2016-11-02(水)曇り
 昨日は木曽の同級会から帰ってきたのですが、実はお墓参りの後、帰路につく前に慌てました。その原因の一端に、ポケットの縫製不良が関与しているのです。

 お墓参りも終わり、さて帰路につこうとしたときにジャンパーの右のポケットに手を入れたら、旅館の部屋の鍵が入ったままでした。メンバーから集金したり、計算したり、精算したり、部屋の金庫の鍵を開けてあげたりしているうちに忘れてしまったようです。
 ついでに左ポケットを確認したら、こちらは、小さなビニール袋に入れた薬やメモ紙の束がありません。旅館に忘れたのかな?と思いました。鍵を返しに行くので、ついでに探そうと私の乗った車のメンバーは旅館へ戻りました。鍵は返しましたが、薬やメモ紙は見つかりませんでした。

 まあ、大したものではないから、、と帰路につきました。送ってもらった車から降りて分かれ、JRの列車を待っていました。そのとき、送ってくれた友人から、車の座席に薬の袋があったとの電話がありました。車に戻って探したら、その他のものも落ちていました。車に乗っているうちに、ポケットから落ちたようです。無くても困ることはないのですが、見つかったので気持ちの上ですっきりとしました。

 それにしても、左ポケットの小物が落ちたのに、右のポケットの鍵が何故落ちなかったのかなとは思いました。今日、ポケットをチェックしたら原因が分かりました。

Dscn2319a

 ポケット部分の図です(左のポケットの図)。本来はポケットの口の最下端より深い構造になっていて、a部分が滑り止めになっています。右のポケットは、その通りになっていました。

Dscn2320a

 実際の左のポケットは、bの部分が変に縫われたようになっていました。この形だとストッパになる部分がないので、小物が滑り出やすくなります。仕方がないので、自分で修正しました。裏地がついてしまっているので修正が面倒でした。

 前図のa部分があるかどうかは購入時に気にしているのですが、ジャンパーを購入したときのチェックでは、右手を入れて確認しただけでした。
 ちょっと痛い目にあった不良でした。「こうやって、色々と学んでいくわけです」、、って纏めたいけど、ちょっとイラっとした不良でした。これが、「何とか国」品質というのかな、、と愚痴りたくなった日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

木曽で同級会(2)

2016-11-01(火)未明は雨、のち曇り、晴れ(木曽福島、塩尻、秦野)
 今日は同級会2日目です。朝早く起きて温泉に入り、頭をすっきりさせます。普段から比べると、豪華な朝食を食べて、雑談をしながら荷物の準備、身支度をします。未明は雨でしたが、起きたときはやんでいて、段々と天気が好転してゆくようです。
 旅館を出発して、昨日お墓参りしたメンバーと、仕事に戻るメンバーを除いてお墓参りに行きました。

Dscf0404a (お寺)  

 お墓は、19号線(旧・中仙道)須原宿の定勝寺(19号線旧道側にある)でした。この寺は重要文化財になっているお寺でした。お墓参りだけではなく、お寺を見に行くのも有りかなと思いました。
 お墓参り後は解散して、車ごとに帰路につきました。私を含めた3人は東京方面へ帰るので、メンバーの車で塩尻へ向けて出発しました。

 Dscf0410a(奈良井宿、左は木曽大橋) 

 途中、奈良井宿によって見物したり、コーヒーを飲んで休憩したりしました。

 Dscf0413a (奈良井宿の通り) 

 奈良井宿の中は、かなりの人が歩いています(写真は、人の少ないところを狙って撮りましたが、ずっと向こうの方は大勢歩いています)。まわりの山の紅葉は、あと数日くらいかなという感じです。やはり、外を歩いていると寒く感じます。店に入って温かいコーヒーを飲むと、ほっとします。
 その後、真っ直ぐと塩尻へでて、中央線で帰路につきました。いずれは、ゆっくりと馬込宿とか、寝覚めの床などの見物に来るかな、、と思いながら帰ってきました。良い2日間でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »