« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

間違いが入りやすくなるのではないかなあ

2016-08-31(水)晴れ

 年金関連で、来年の所得税控除のための扶養親族等の申請依頼が来ました。毎年、この時期にきて葉書で返送します。で、その時に、いつも思い出すのが、題記の感想です。

Dscn2255a  Dscn2254a

 前年と変更があるか無いかでチェックを入れるようになっているのですが、その先では、前年から変更が無くても、全部記入して下さい、、となっています。変更がないなら記入しなくても、、と思うのですが、まあ、現在のデータ内容が間違っていないかチェックすることは必要ですから記入させるのでしょう。

 でも、私のように、段々と高齢になっていく人が対象です。私も、認知症とは言えないが、惚けが入ってきているのでは?と言われても否定しにくい年になりました。そんな人に、毎回ゼロから記入を、、というと、その段階で間違いが入る可能性が高くなります。

 敢えてやるなら、現在のデータをプリントしておいてチェック・訂正させる方法が良いと思うわけです。なぜ、前記の方式にしたか分からないのですが、間違いを防ぐ考えよりも、発送する書類の手間を簡素化するためではないかと思ってしまった次第です。でも、この方法のほうが、返送されてきた書類のチェックと入力が簡単になるのではないかと思うのですが、どうでしょう、、。
 そんな、事を考えながら、返送書類を投函してきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

「後期」高齢者という言葉についての雑感

2016-08-30(火)雨/曇り(台風10号の影響で不安定)、のち晴れ

 単なる雑談、雑感です。私の個人的な感じ方なので、さらっと聞きながしてください。
 先日新聞の投書欄に、「後期高齢者という言葉はイメージが悪い、あまり良い雰囲気を感じないので、何か別の言葉がよいのではないか、たとえば、、」という、後期高齢者の方からの投書がありました。どうなんでしょうね。
 私も高齢者ではありますが、まだ後期ではありません。だからかもしれませんが、別の言葉にしても解決にはならないのでは?と思いました。この辺は、範囲にはいる方と範囲外の方の感じ方は違うのかもしれません。ただ、思ったのは、根本的には言葉の問題ではないのだろうな、、ということです。
 多分、言葉を換えても、また同じ意見は出てくると思います。それは、言葉そのものの問題ではないからだろうと思います。前期と後期の言葉としては、範囲の区分以外の意味しかないのに、なぜ嫌な感じを受けるのか。それは、多分「後期」高齢者と言うときの、言った人の感情、状況、雰囲気に、邪魔者、早くいなくなって欲しい、、、という感情や雰囲気を感じるからでしょう。そもそも、そういうときに使われるケースが多いですから、、。
 そういう意味で、言葉を変えても、、と思ったのです。とはいえ、余りにも負のイメージがつきすぎているなら、変えるのはやぶさかではないのですが、、、、どうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

小学生の登校が始まった

2016-08-29(月)晴れ/曇り

 いつもよりは少し早めに起きて庭で体操とか朝の散歩をしていたら、家の前の道路が少し賑やかになりました。小学生の登校が始まったようで、登校班毎に分かれたグループが、次々と歩いていきます。今日から新学期が始まったようです。ランドセルとか荷物を持っていましたが、宿題とか色々持ってきたのでしょうかねえ。今日は始業式、ホームルーム、宿題提出とか掃除で、昼までになるのでしょうか。
 みんな、元気に登校していきました。中学生は見ませんでしたが、時間帯が違っているから見なかっただけかな。昼頃、帰って行く方向に歩く中学生がいたから、中学校も始まったようです。
 いよいよ、秋が近い今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

ギターサークルの休日練習日、、少し寒かった?

2016-08-28(日)曇り/かなり涼しい

 今日は一日中、かなり涼しいというか、個人的な体感からいうと少し寒いくらいの日でした。今までが、それほどでもないとはいえ暑かったところに、この低めの気温なので寒いくらいに感じたのでしょう。まあ、この位の方が暑いよりは過ごしやすいかとは思います。明日からは、また、気温も少し戻るのでしょう。

 そんなかか、今日はギターサークルの休日練習日でした。涼しかったので、出かけるのも楽で助かりました。今日はトップパートの方も出席で、上のパートを安定して弾いて貰ったので、練習は比較的うまくいきました。トップパートが欠席だと目立つところのメロディがなくて、伴奏系のパートばかりで分かりにくいです。そんなことを言っていてはいけないのですが、まあ、それが実情です。
 ということで、比較的練習が進んだ日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

ブックリーダと紙の書籍

2016-08-27(土)雨/曇り

 WEB小説は、データをダウンロードしてブックリーダで読む事が多いです。書籍化される前だったり、書籍版で買うほどかどうか悩む場合もありますから、、。また、ブックリーダだと、沢山の書籍も持ち歩きやすいということもあります。とはいえ、気に入ったものなどは紙の書籍版で読みたいと思うことも多いですから、紙の書籍になったものを買うものもあります。
 ということで、暫く前に買いそろえてあったものを今回読み始めましたが、やはりブックリーダでの持ち歩きの便利さを痛感してしまいました。

Dscn2252a

 第一部、第二部、第三部、と続く小説の、第二部の4冊組です。一冊持ち歩くだけでも大変な厚さがあります。持ち歩きを考えるとブックリーダが良いと痛感しました。ですが、、、目に優しいとか読みやすさは、紙の方が断然良いと、改めて感じました。
 なかなか難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

バイクのテールランプの電球が届いた

2016-08-26(金)晴れ

 もう昨日のことですが、WEBで注文してあったバイクの(テールランプの)電球が届きました。注文は一昨日の午後でした。WEB通販は、早いものでは注文から一日以内に届くものも多いようです。

Dscn2251a

 電球、2個入りセットです。それにしても、こんなに小さな部品でも、こんなに大きなパッケージになるんですね。パッケージングの(梱包材とかの)共通化ということでしょうか。
 さて、実際の交換は未だですが、元々使用されていた電球と同じメーカー、同じ定格なので問題ないでしょう。

 今回はバイク店などを何軒もまわり、既に正規パーツ扱いされていなかったり、注文しても有るかどうか不明、、とかいわれていました。そんなものでも、WEB通販上では見つけることが出来、家にいながらにして入手できました。あまり、WEBに偏るのもどうかと、普段は思っているのですが、こういう事があると普段の考えもぐらつきます。
 そんな日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

山の天気?

2016-08-25(木)晴れ

 最近は青空も見えて、まずまずの天気が続いています。晴れていると暑いとは感じるのですが、あの我慢できないような、じりじりと厳しい夏の暑さではないような感じがします。夕方も、太陽が西に傾き始めると、吹く風は何となく涼しさを含んだ秋の風の様子です。あの、むわっと顔にまとわりつく暑さはないですね。もう、夏も過ぎて行くのでしょうか。

 そんな中、散歩をしながら空を眺めていて気がつきました。

Dscn2250a

 最近は、このように一カ所に厚い雲があり、その他は晴れている空模様が目につきます。この、厚い雲のあたりが丹沢の山のところです。ときには、もう少し下まで霧がかかったようになっていることもあります。それhどの高い山ではないとはいえ、山が続いているところだから雲が多いのでしょうか。家が微妙な位置にあるので、出歩くときは空模様にはきをつけないといけないと感じています。
 そんな季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

バイクのテールランプの電球(6V)を探した

2016-08-24(水)曇り/晴れ

 先日の台風の折に、バイク(50CCバイク)が倒れてしまいました。そんなに強い風がふいていたようには思いませんでしたが、カバーが風をはらんで、あおられて倒れたのでしょう。今日、チェックしたり、エンジンを掛けたり、走ってみたりしましたが問題有りませんでした。
 しかし、ライトなどをチェックしていたら、テールランプが点灯しないのに気がつきました。カバーをはずして電球をチェックしたら、切れてしまっているようです。

Dscn2248a(左:故障品、右:購入してきたもの)

 そこで、ウオーキングを兼ねて、歩いて電球を買いに出かけたのですが、、、6Vの電球は入手に苦労しました。何軒か、お店を廻ったのですが、6V球は置いてなかったりするのですね。先日のバッテリー交換のときも、6Vバッテリーの入手に苦労しました。思うに、最近のバイク(50CC)も12Vを使っているのでしょうか。セルモーター式起動のものも多いから、6Vでは難しいのかなあ。最後に行ったお店に、ワット数が違うけど6Vの電球が有ったので、とりあえず購入してきて交換しました。ワット数が違う(数値が大きい)からバッテリーに若干の負担がかかるかもしれません。とはいえ、常夜灯側はともかくとして、ブレーキランプがつかないと怖いですから、暫くはこれでいくしかないですね。
 夜、amazonで探したら同じワット数のものが見つかったので注文しました。こうやって、通販が栄えて行くわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

WEB小説を縦書きPDF化して読む、、、ときの悩み その2

2016-08-23(火)曇り/晴れ

 一昨日の記事の続きです。一昨日の記事のなかの、(2)のサイトのPDF変換の話しです。

2.株式会社シメケン 小説用縦書きPDFジェネレーター
 ここは、書籍化を行う会社の、入稿用ファイル作成などに使用されるツールのようです。このため、文字については総て問題なく縦書きになります。前回の(1)のサイトでのテストデータを入力してみましたが、総て変換、出力されています。さすがですね。

Webtxtpdf01_2

Webtxtpdf02

 こちらのサイトは、上のファイルの文字も問題なく、下の画像のように変換されています。

 では、このサイトを利用して、、と直ぐにならないのは、最小の用紙サイズ(A6)で作成してもブックリーダで見たときの画面の文字が小さいためです。
 画面表示を拡大すると読めます。しかし、ページが切り替わる毎に、画面で横とか縦にスクロールするのは煩わしいです。
 そこで、拡大したときに1画面に収まる内容を1ページにするよう元ファイルを整形してからPDF化します。

前記(2)のサイトでは、A6用紙の場合15行がPDF1ページになります。
ブックリーダでの1画面の表示は、1行26文字、13行がちょうど表示されるように拡大すると見やすくなります。  (青空キンドルの文字大で変換した際も、27文字、13行で、このあたりが目に優しい)

 ということで、テキストファイルに対して、次のような処理を行います。
  ・各行を26文字毎に桁折りする(改行を挿入する)。
  ・その後、テキスト13行ごとに2行の空白行を挿入する。
    これは、拡大したときに、各ページ最後の2行は読めなくても
    良いようにするためです。

 これで、PDF化したものを読むときに、拡大表示で大きい文字で読むことが出来ます。ページを切り替えても、拡大表示と表示されるページ内位置は変わらないので問題なく読めます。
 これで、文字の問題はなくなりますが、WEB小説でここまでする必要があるか?と考えると、上記の整形アプリ作成には二の足を踏んでいます。
 このまま、(1)のサイト利用の方法で読んでいき、さらに問題が出てきたら再度検討するかなと思っています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

台風9号

2016-08-22(月)激しい雨(台風9号接近、関東上陸の影響)、のち曇り

 台風9号は、関東直撃というか関東に上陸しましたが、幸い当市(全体は分からないのですが、少なくとも当地域近辺)では、大きな影響はなかったような感じです。伊豆諸島から伊豆半島に向かっていたから、コースが変わらなければ上陸地点になっていたかもしれません。
 午前中に激しい雨が降りましたが、”非常に”激しい、、というほどでもなく、風も何かが飛んでくる、、というほどでもありませんでした。裏に置いてあったバイクが倒れていましたが、カバーが風をはらんで、あおられたようです。

 ということで、当方近辺では、コースに近い割には影響は少なかったのですが、ニュースを見ていたら色々と大変なところがあるようです。北海道も、まだ影響範囲でしょうし。台風9号は関東上陸、日本縦断という感じでした。
 水不足にならないように雨はある程度沢山降って欲しいですが、まとめて降るとか、被害の出る台風という形でなくて降って欲しいものです。
 ニュースを見ながら、そんなことを思った日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

WEB小説を縦書きPDF化して読む、、、ときの悩み その1

2016-08-21(日)曇り/晴れ

 暫く前から書いていますが、WEB小説をブックリーダで読んでいます。PyBookGetスクリプトでダウンロードしてファイルに纏め、若干の処理を加えたファイルを縦書きPDFに変換して読んでいます。その辺については、色々と書いてきました。さて、ここで文字の問題、特に漢字や記号の問題が出てきました。これは、一部の漢字や記号などが、うまく縦書きPDF化されないという点で、以前の記事でも書きました。
   以前の記事 「漢字って難しい、、似て非なる文字
           「Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V104_2

 現在、縦書きPDFに変換してくれるサイトについては、下記の2サイトを把握しています。いずれも、個人的に読むもの程度の変換については、使用に問題はないと書かれていますので、有り難く利用させていただいています。

(1)青空キンドル[Beta]

(2)株式会社シメケン 小説用縦書きPDFジェネレーター

上記(1)は、青空文庫を縦書きPDF化してキンドルで読むため、、ということで運用されている個人サイトです。
(2)は同人誌や個人の書籍化等を行う会社のようですが、そのときの入稿原稿作成用らしいです。ただし、それ以外にも、個人が読むためのファイル変換程度は許可されています。

 さて、上記はそれぞれの目的、対象が違いますので、私の目的(WEB小説をブックリーダで読む)からすると、一長一短があります。その一長一短と、現状の対応についてメモしてみました。

1.青空キンドル
 このサイトは、前記のごとく青空文庫をキンドルで読むのが目的です。従って、1ページがブックリーダの画面に収まると共に、文字の大きさもブックリーダで読むのに都合の良い大きさです。
 しかし、(青空文庫が対象だから)ベースとなる文字コードがShift-JISなどのファイルが対象らしく、WEB小説(UTF-8コード)に時々ある、UTF-8からShift-JISに変換できない文字などは、PDFファイルでは文字そのものが無くなってしまいます。一文字くらい抜けても意味は通じますが、何となくすっきりしない思いはあります。その他にも、うまく変換できない文字があるようです。
 一例を挙げると

Webtxtpdf01

 上記を変換すると、下のようになります。空白になったり、縦書きにならなくなったり、文字が無くなったりします。2グループ目の上の行の都(JIS第3水準)は、「者」の中に点がある文字です。

Webtxtpdf03

 ということで、現在は、PyBookGetでダウンロードしたUTF-8コードのファイルを、テキストエディタで開いてから、一度Shift-JISコードでセーブしてみます。このとき、変換できないコードは指摘されますので、JIS第1水準の漢字などに変更します。これでも、上記のようなJIS第3水準の文字などの件はでる可能性がありますが、気がついたときに直すしかにかなと思います。現状は概ね、これで使用しています。

次回は、(2)株式会社シメケン 小説用縦書きPDFジェネレーター の一長一短です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

今日、明日は ハムフェア(2016) だが、、

2016-08-20(土)未明に小雨、曇り/晴れ、のち雨

 今日と明日は有明の東京ビッグサイトで、アマチュア無線の祭典 ハムフェア が行われています。

Jarl2016 JARLのハムフェアのページ

 最近は、アマチュア無線の話題は聞くことが少ないのですが、このときだけは結構熱気があります。とはいえ、趣味が多様化し、それに対応する電子機器(例えばゲーム機とか携帯電話機器とか)も随分と進んでいるから、アマチュア無線を趣味とする方も減っているのかなあ。アマチュア無線の機器や技術も進みすぎて、各人がどういうところに興味を持つのか考えないと楽しめないかもしれません。私自身も、とりあえず局のライセンスは継続していますが、アクティビティは ≒0 に近いですね。昔のような、素朴な楽しみ方は無いようです。

 さて、ハムフェアですが、例年は出かけていましたが、今年は何となく腰が上がりません。場所も遠いような、それほどでもないような感じですが、多分明日も行かないで終わりそうな気がします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

庭の草取りと植木剪定

2016-08-19(金)曇り

 4月だか5月始めだったか、そのあたりで草取りした後から放ってあったので、庭の草も伸びて庭も歩けないような状況でした。そろそろ、夏も最盛期を過ぎるだろう、と庭の草の処理と垣根の植木の刈り込みを実施しました。といっても、腰が痛いので近所の植木屋さんにお願いしてしまいましたが、、。とりあえず、腰というか身体の方を重要視して、無理をしないことにしました。

Dscn2246a

 こうやって草のない状態で、この角度で写真を撮ると狭い庭も広く見えます。家を建てるときに、いずれ花壇か家庭菜園にしようとスペースを確保してから、はやん十年、、いまだに名も知れぬ草ばかりが生えるエリアと化しています。砂利にしたりセメントで固めるよりは、緑があると涼しげなときもあるから、まあいいかなと思っています。
 表側は綺麗になったのですが、、じつは裏側が通り抜けしにくい荒れ野と化しています。そちらの草も取らないと、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

久しぶりの、夕立らしさ一杯の雨

2016-08-18(木)晴れ、のち曇り、夕立

 今日は、昨日の台風一過の晴れて暑い日から変わって、曇り空がメインの日になりました。昨日に比べると気温は低めのように思いましたが、じめっとした感じの蒸し暑さはあるようです。

 午後は早めに散歩に出ました。目的地というか折り返し地点を図書館にして、一旦逆方向に歩いて遠回りして図書館へ向かいました。1時間ほど歩いて図書館に到着しました。検索機で本やCDの検索をしたり、PCで調べ物をした後、ブックリーダで本を読んで、長い休憩になりました。今日は余り混んでいなくて、静かな図書館でした。

 夕方、遅くならないうちにと、ほどほどで出て帰路につきましたが、途中で夕立になりました。久々に、夕立らしい雨でした。即ち、少し雷がなり、いきなりどばっと降りだした感じです。傘は持っていましたが小さい傘だったので、膝というか腿のあたりから下が、びしょ濡れになりました。どうせ帰ればシャワー、洗濯だし、肩に提げた荷物の携帯電話やブックリーダが濡れなかったから問題なしです。
 傘無しでびしょ濡れで歩いたり、濡れながら自転車で走っている方もいましたから、私はましな方だったでしょうか。
 そんな、夕方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ギターサークルの練習に行ってきた

2016-08-17(水)晴れ

 今日の昼間は、良く晴れて暑い日になりました。これは、多分昨夜通り過ぎた台風の影響でしょうね。台風一過の、、というやつでしょう。それでも、日が陰ると大分暑さは和らぐようです。
 今夜はギターサークルの練習日でした。若干、和らぎ始めた暑さの中を練習に行ってきました。こういうときしかギターの練習をしていないので、なかなか合奏のパートの演奏もうまくなりません。他の日は、暑さを理由にギターケースを開けないのがまずいのでしょうね。毎回、そんな言い訳をしながら練習しています。しかし、暑い暑いといいながら、秋の合奏フェスまで2ヶ月しか無くなりました。こんな言い訳を言っている時期ではなくなってきているのですが困りました。
 さらに、これからは行事やら行きたいものやらが詰まっているので、手遅れにならないようにしないと、、と気だけは焦っています。そんな、夏の暑い日でした。

 ところで、ここの記事もNokia携帯電話やHP200LXの記事が多かった頃は、ログという感じがしましたが、最近は単なる日記になりつつあるような気がします。ま、個人の趣味で片手間に書いている段階で、それが当たりまえかなとは思っていますが。そんな、最近の記事内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

WEB小説雑感 続々(ストーリーの足踏み)

2016-08-16(火)晴れ、のち曇り/雨(台風の影響)

 ウオーキングの休憩でコーヒー店や公民館などに入ったとき、よくブックリーダでWEB小説を読んでいます。ブックリーダは、その時その時で違うものを読むとしても、まとめて持ち歩けるのが便利ですし、WEB小説は軽く読めるので、こういうときには適しているでしょう。
 ということで色々読んでいますが、連載中のものは、掲載更新に概ね追いついてしまいました。この場合、掲載されるのを待って読まないといけないのですが、ここで問題になるのが更新間隔や中断の問題です。この点については、以前も書きました。
  以前の記事 「WEB小説雑感
          「WEB小説雑感 続 (連載中断の問題)

 更新が止まっているのは、作者の色々な理由があると思いますが、その一つに掲載済みの部分の書籍化の作業(見直しとか書き下ろし短編作成とか)に追われているケースもありそうです。書籍の方は2巻、3巻、、と続いているのに、WEB連載更新が足踏みしているので、そうではないかなと推測しているわけですが、、。ま、これは作業が終われば復帰すると思いますが、最新部分を読んでいる方としては待ち遠しいかもしれません。

 さて、長く連載されている小説だと、新たに気がついたことがあります。それは、更新が続いてはいるのですが、ストーリーの進展が止まることです。主人公の幼い頃から、ある程度のところまでは、成長過程や環境変化などを折り込んでストーリー進展があります。
 しかし、ある程度成長したところでは、主人公の活躍のエピソードの積み重ねが続き、縦糸の芯になるストーリーの進展が無くなります。例えば、ゲームの世界に近い異世界ファンタジーものだと、「魔物が出ました、だから退治しました」みたいな話しが、色々な魔物について繰り返されます。あるいは、迷宮だと、「第何層に入って無双しました、次の層に入って活躍しました」みたいな話しが積み重なるだけになるのですが、正直、似たような内容が続くだけで飽きてきます。縦糸(ストーリー)が伸びていかないで、同じところで同じ色の横糸ばかりが増えて、こぶになっているよう感想を抱きました。連載自体は長くなりますが、ストーリーは長くなっていないのです。

 読んでいる、あるいは読んだWEB小説はリストを作成して管理しています。リストの中には現在の状況を示す欄を設けていますが、この中に「読書中断」が加わりました。上記のような理由で読むのをやめることにした場合、記入しておく区分です。
 現在の区分は下記のとおりです。
  (1)連載中
  (2)完
  (3)連載長期中断
  (4)読書中断

 以前の記事でも書きましたが、うまくストーリーを進めて飽きる前に完結まで持って行っている作者とか、続いていても足踏みさせないで進めている作者は凄いなと思いながら読ませていただいています。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その3

2016-08-15(月)曇り、夜に激しい雨

 先日の記事で、最近はウイスキーを飲むことが多いと書きました。それで、いくつか飲み比べてみようとも書きました。
 先日の記事「ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その2

 今回は、白州を買って飲んでみました。

Dscn2241a

 試しなので、小さいのにしてみました。色々言えるほどは分からないので、味云々はやめておきます。が、感じとしては、前回の記事の余市の立ち位置に相当する感じかな。以前に山崎も飲んでいるし、この記事のシリーズは今回までかなと思いました。まだ、色々な名前のものがありますが、どれを飲んでもおいしく飲めるから、お店で、その時その時の気分で買うことにすればいいか、、と思った次第です。
 それより、健康のためには、飲む量が増えないように気をつけないといけないですね。休肝日も必要ですし、、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

メインのノートPCの液晶バックライトが点灯しなくなった

2016-08-14(日)曇り

 メインのPCとして毎日使っているノートPC(Think Pad X40)の画面が黒いままになってしまいました。どうも、液晶画面のバックライトが点灯していないようです。内部モニタ、外部モニタの切替スイッチを押すと、一瞬だけ画面が見えるので点灯できないわけではないらしいですが、どうにもなりません。今更修理に出すほどのPCではないし、何しろ出してしまったら、普段使うための環境のPCが無くて困ることになります。もう少し新しいPCがあるから、早くに乗り換えておけば良かったのですが、面倒でさぼっていたツケが回ってきました。乗り換えるにも、最新データを取り出しておかないといけないし、、。

 ということで、液晶モニタの中古品(税込み3000円くらい)を買ってきました。

Dscn2244a

 とりあえず外部モニタとして接続すると、今まで通り使うことが出来ます。HDDのデータを外部HDDにコピーして、PC乗換の準備をしようと思っています。
 とはいえ、外部モニタにしたら画面(文字)が大きくなり、さらに画面位置が高くなったので視線の位置も高くなり、ノートPC単独より使いやすくなりました。また、PC乗換が遅くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

網戸の網を張り替えてみた

2016-08-13(土)曇り/晴れ

 網戸の網が傷んできているので、いくつかの網戸の網を交換してみました。

 家の網戸は、ん十年間一度も手入れしていないので、大分酷くなっている網戸もあります。一番酷いところは、網が取れてしまっています。後は大きく破れたり穴があいたり、多少なりとも傷んでいます。網のないところは、さすがにガラス戸を開けないのですが、多少傷んでいる戸でも蚊が入ってきたりします。
 ということで、網の張り替えです。最初は、まとめて近くのガラス屋さんに依頼しようかとも思ったのですが、それでも、、と思って自分で挑戦してみました。最近はDIYということで、情報も材料、道具も簡単に手に入ります。情報はWEBで、、と思ったら、家の近くのホームセンターに、ホームセンターの会社が作った色々な冊子が置いてありました。そこから、網戸の網交換についての冊子を貰って読んでから、そこのお店で材料と道具を購入してきました。

Amido01

 こんな感じの三つ折りくらいのものですが、色々なものがあって便利です。これらを読んで、自分でやるために色々購入して下さい、、ということでしょうが、なかなか便利に使用させて貰っています。車ででも、歩いてでも、いかれるところにあるお店なので、ウオーキングの途中によって、色々と調べたり購入するのに重宝しています。
 さて、肝心の網戸ですが、三枚ほど交換してみました。下が平らのところ(舗装した駐車スペースとか玄関前など)でやります。
 詳細は書きませんが、必要なものは、道具としてローラー、カッター、細いドライバ、大きなクリップ、古い歯ブラシ、材料として網です。網を駐めるゴムチューブも必要かと思ったのですが、現状では、今までのものを再利用できました。
 網を駐めているゴムチューブをはずして網を取り、その溝を歯ブラシで掃除してから網を取り付けます。考えていたより簡単にできました。ただ、腰の高さの専用台でもないと、腰が痛いのは避けられません。
 必要最低限の網戸は修理できましたので、暑い日は風通し用の窓が思いきって開けれるようになりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

暑さのせいかな、ぼんやり、うっかり?

2016-08-12(金)曇り/晴れ

 朝夕が若干涼しめの日もあるとはいえ、日中は結構暑いですね。それに若干曇り気味で気温が低いかと思えば湿度が高そうで、体感的には辛い日と感じそうです。それで、皆さんも疲れが出ているのでしょうかねえ。今日はちょっと、そんな場面に2回ほど出会いました。

 ひとつめは、赤信号無視みたいな車でした。細い路地が左右に走っている交差点(信号有り)で、その向こうに大きな交差点がある、というところでした。どう見ても赤信号になっていて、止まらないと危ない場面でしたが、車がそのまま走ってきてしまいました。ぎりぎり赤になるけど行ってしまえ、、というタイミングより、交差点を過ぎてみたら赤信号だったことに気がついた、、みたいな顔をしていました。幸い、何事もなかったですけど、、。思わず、夏ばてでお疲れですか?とつぶやいてしまいました。

 ふたつ目は銀行の貸金庫でした。入るときには、入口の機械にセキュリティカード(クレジットカードみたいなカード)を入れるのですが、間違えて駐車券(薄くて硬い紙のカード)を入れてしまったらしいのです。薄いので機械が排出できず、人手で取り出そうと銀行の方が色々やっていましたが、なかなか取り出せないようでした。入れてしまった方も、当方にも何回も謝っていました。
 時間をおいて行ってみたら、結局メーカー保守に依頼することにしたのか、故障中の張り紙があり入室できなくなっていました。銀行の担当部署の方にマスターキーで開けて貰い入室しましたが、担当の方もその都度大変ですね。これも、入れてしまった方は、暑さでぼんやりしていて、つい間違えたのでしょうね。

 そんなことがあった日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

更に近くにコンビニエンスストアが出来るみたいだ

2016-08-11(木)曇り/晴れ

 家から300mほど先に、コンビニエンスストアが2店あります。コンビニエンスストアは若干価格が高いとはいっても、ちょっとしたときに便利なのはたしかです。以前は、余りお店もない場所でしたから、結構利用されているようです。まわりは住宅とかが多いですし、、。

 と思っていたら、長いこと空き地だった100mほど先の空き地が整備されて工事が行われています。住宅として売り出すのかなと思ったら、どうもコンビニエンスストアが出来るようです。コンビニエンスストアらしき作りの建物や、まわりの大きな駐車場が出来つつあります。真夏の暑い日には、300mより100m先の近いお店に行ってしまうでしょう。

 私がこの土地にきたころは、このあたりは家なんてありませんでした。畑が半分、畑にもしていない荒れ地が半分、みたいな感じでした。私がこの場所の家に移ってきたときでも、宅地として売られていたのは私の家のところまで、それより後ろは畑やら空き地やらでした。
 今では、すっかり家が建ち並ぶようになりました。あの土地が、コンビニエンスストアが林立(少しオーバーか)するようになったとは、ちょっと感慨深いものがあります。ただ、ちまちまと家が建ちすぎて、緑が無くなったのは残念ですが、、。
 そんなことを思いながら、散歩の途中で工事を見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

古い真空管ラジオを処分した

2016-08-10(水)晴れ、夕方から雨

 時々、本やらコミックやら電機機器を見直して、不要そうなものは処分するように心がけています。といっても、年寄りになると、なかなか処分できずに、いつも保留になるものが多いです。ま、ゴミ屋敷と言われないうちは良いか?などと開き直る気持ちになるときもあります。もっとも、「屋敷」というには小さなスペースですが、、、。
 今回はカセットウオークマンと未開封カセットテープの他に、古い真空管ラジオを処分しました。

Dscn2243a Dscn2242a

 昭和30~40年代頃のアメリカのものでしょうか。ST管(4本がGT管になっているが)の5級スーパーです。
 随分昔のハムフェアで、故障品を買ってきたのですが、検波出力を最終段につなぐカップリングコンデンサの故障を見つけて交換し、暫くは使っていました。子どもの頃聴いた音の感触と同じなので、懐かしいなと思って聴いていました。
 その後、放っておいたら故障してしまいました。ケミカルコンデンサの容量抜けらしく、モータボーティング現象の音がしていました。いまさら修理して使用することもないでしょうし、インテリアとして飾る気もないので○ードオフで処分してきました。
 単なるインテリアにするほか、以前は修理(コンデンサなどの部品を交換)して再利用する方やお店もありました。現在はどうなんでしょうかね。ただ、トランスの線や絶縁、配線の被服なども問題があるから、機構部品や真空管以外は、総取り替えしないと危険かもしれませんね。
 聴いているラジオといえば、最近はインターネットラジオばかりになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

昔だと七夕かな

2016-08-09(火)晴れ

 梅雨の頃は、涼しいというか寒いくらいの日もありました。しかし、梅雨明けしてから、特に最近になってから本当に暑くなりました。しかも、毎日が晴れで夕立もなく、暑い日が続いています。本当に、なつ~、、と言う感じです。

 今日は旧暦で言うと7月7日でしょうか。七夕かな。先月の7日だと、まだ梅雨の中で、余り気分が出ませんでした。しかし、最近の晴れ、青空だと、如何にも「お星様出たぞ、金銀砂子、、」と言えるかな。もっとも、家から見上げても、まわりの明かりが空気中で散乱されて星が見えにくくなっています。丹沢の山の上の方にでも行けば、もう少し綺麗に見えるかもしれません。
 どこか、空気の綺麗な高原にでもいって、子どもの頃見たような、降るほどの星を見たい今日この頃です。もっとも、肝心の目の方の感度が落ちたり、レンズがくもったりしているのが一番の問題かもしれません。昔と同じ空を見上げても、同じだけ見えるかどうか、、。

 そんなことを思いながら空を見上げた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

朝顔につるべとられて、、いや蜘蛛の巣に物干し竿、、か

2016-08-08(月)晴れ

 暫く前から、、いや大分前からかな、散歩のときに朝顔の花を見ることが多いです。家の周りの畑の片隅、庭の片隅、あるいは玄関前の鉢植えなどに青というか紫というか赤っぽいというか、そんな色の花が咲いています。きっと、子ども達の夏休みの宿題で、「朝顔観察日記」の題材になる花も多いかもしれません。
 そういえば、「朝顔に、つるべ取られて、、、」なんて俳句もあったなあ、などと思いながらみていました。いずれにしても、今の季節らしい風景でしょうか。

 なんて、言っていたら、朝顔につるべならぬ、蜘蛛の巣に物干し竿取られて、、しまいました。利口な蜘蛛は、夕立のことを考えてか、あるいは虫の通り道を考えてか、物干しの屋根の下に巣を作る一団がいます。庭木の方にも沢山巣が出来ていますが、屋根の下の方が雨の心配もなく、直射日光もなくて良いのかもしれません。
 庭木の方は、虫を退治してくれるので、なるべくそのままにしていますが、物干しのほうはそこそこ掃除はしています。物干し竿に糸を掛けなければ、そのままでも良いのですが、竿の部分はいずれにして切れることになります。が、半日も経たないうちに巣が出来ます。蜘蛛との根気比べをしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

Python 西暦・年号変換(対照)アプリ PyNengou のチェック

2016-08-07(日)晴れ

 新聞で何回か、天皇陛下の生前退位の話題が載っていました。天皇陛下が、そういうご意志を表明されるとか載っていますね。生前退位の実現には色々と準備が必要らしいので、直ぐには実施はできないらしいですがすが、、。ただ、個人的な意見としては、ご高齢になって大変になったら退位もありかなとは思います。天皇陛下自身の精神的、身体的負担も大変ですよね。ま、一小市民の感想ですが。

 (注意:重要) さて、それで一つ気がついたことがあります。それが、題記の件です。以下は、受け取り方によっては、かなり失礼な内容になりかねませんが、あくまでプログラムの論理上のチェックの話しとして読んで下さい。

 PyNngouというアプリは、Nokia携帯電話のPythonのスクリプトです。このアプリは、西暦と平成、昭和、大正、明治などの年号の間の換算(変換、或いは対照)を行うものです。上記の5つの枠があり、どれかに数値を入力する と、それに連動して他の枠の数値も変わります。
 「Python 西暦・年号変換(対照)アプリ PyNengou

 天皇退位または継承が行われると年号が新しく発生します。従って、このアプリは大きな影響を受けます。

 作成時は、ときに利用する範囲で考えていましたから、年号が増えたときに大丈夫なように考えていたかどうか忘れていました。うまく、汎用的に出来ていればいいのですが、変なところに変な判定などを入れていると、年号追加時に、あちらこちら変更する必要があるかもしれません。
 ということで、リストをプリントアウトしてチェックしました。結果として、幸いなことにデータテーブルに追加するだけで動くことが分かりました。

Ssce0704

 とりあえず、チェックは終わりましたが問題はなさそうでした。「改造」という文字で入れてみたら正しく動きました。

 20年前になりますが、仕事では2000年問題で随分と苦労しました。それ以後、プログラム作成時には結構気を使っているようで良かったと思いました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

漢字って難しい、、似て非なる文字

2016-08-06(土)晴れ

 紙の本になってしまえば分からないのですが、電子データの時とか、WEB小説を電子データで読むときに出てくる問題がありました。

 WEB小説は、「ダウンロード用スクリプト PyBookGet」 でまとめてダウンロードしてから、縦書きPDFに変換するサイトでpdf化して読んでいます。このとき、ある小説で、どうしてもおかしくなる部分がありました。あるポイントから一文だけ縦書きにならないのです。ダウンロードしたファイルに文字化けがあるのかとチェックしましたが問題ありません。

 テキストエディタの検索機能やバイナリエディタを使って内容をチェックして判明しました。それが、見た目が同じだが似て非なる文字があったという内容です。

Webpdf02 Webpdf01
 図1                          図2

 図1の上の行がWEBから読んだままのデータ、下の行が変更した後のデータです。これを縦書きPDF化したのが右の図2です。一行目の「都」の文字以降がおかしくなっています。

 
Webpdf03

 フォントサイズを最大にして見ると分かります。上の行(元のデータ)は「者」の中に点がある文字です。Shift JISでのファイルでバイナリデータを見たら上が「FBB7」、下が「9373」でした。
 この小説でも沢山の「都」の文字があるんですが、ここの1文字だけが、この点のある文字でした。日本語入力変換の時になったんでしょうか。
 漢字も、なかなか大変だなあと思った次第です。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

バイクの燃料計の針が動かないなあ

2016-08-05(金)晴れ

 先日、依頼した修理(エンジンがかからない件の)が終わり、自分でバッテリー交換もしたバイク(原動機付き自転車)はエンジンの掛かりも良く、走るのは快調です。せっかくなので、運動公園へいったり、家の近くを走ったりと、なるべく使うようにしています。本当は歩いた方が良いなと思っているので、必要もないのに使っている、、という感じですが。
 さて、ガソリンが少ないので給油したのですが、、、、まだ、エンプティに見えます。使いながら2日ほど様子を見たのですが、どうも、燃料計の針が動かなくなっているようです。26年もたつと、色々な故障が出てくるようです。遠出するわけではないし、時々燃料をチェックすれば済むから困りはしないのですが何となくすっきりしません。
 でも、今更修理できるのか、、、部品だってないだろうし、、ちょっと悩む古いバイクです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

健康のため?、何かの大会のため?

2016-08-04(木)晴れ

 先日の記事で、健康のために色々やったりしていると書きました。走ったりはしないのですが、なるべく歩いたりはしています。
 さて、同じような目的なのか、時々走っている方を見かけます。頑張ってるなあ、、とは思うのですが、本当に健康に良いのか?と思うときもあります。それは、炎天下(昼時とは言いませんが、早朝とか夕方ではない時間帯)のアスファルト道路を走っているからです。何となく、健康に良くなさそうな気がするのですが、どうなんでしょうね。
 健康のためなのか?、近々ある何かの大会のためなのか?、どうなんだろうなあ、、と思いながら見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

基礎の最初に立ち返っての練習

2016-08-03(水)曇り/晴れ

 昨日、「声を出して健康に、、」のために歌の練習をしていると書きました。健康のためとは言っても、そこはそれ、上手く歌いたい気持ちもあります。毎回基礎練習をするのですが、弱点はなかなか克服できません。
 そこで、基礎練習も少し、基本に戻ってきました。
毎回、発声練習 → コンコーネ → 歌曲 の練習とやるのですが、コンコーネは、何回か前に30番から21番へ戻っての練習になりました。苦手な内容が色々と入っているからです。
 前回からは、さらに基礎練習が加わりました。

Dsc04024a
 子どもの基本練習のための簡単な教本です。

Dsc04025a
 こんな感じで、少しずつ複雑になります。これで、初見で音を出すわけです。先へ先へとみていかないとつまずきますから、譜面読み(初見で読むのと、先読み)の練習になります。後は、音程と音程間の移り方、休符の長さをきちんといれることなど、苦手な部分をあぶり出しながら練習します。

 基礎練習というものは、なかなか大変だと思いながら練習しています。ま、一番の問題は、自分でどんどん練習しないという、練習量の問題もあるかなとは思いますが、、(反省)。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

次の曲 セント・ネル・コーレ

2016-08-02(火)未明に小雨、晴れ/曇り、夜に雨

 健康のために、、とか言いながら色々やっています。とはいえ、最近は歩く量が減ってきているのが気になります。毎日、散歩などはしていますが、1回の量が減っています。やはり、一時間以上は歩きたいものです。

 声楽レッスンは、「声を出して元気になろう」という考えの一環で続けています。声を出すのは健康に良いみたいです。女性グループみたいに仲間と喋るのも良いんですけどね。あれだけ声を出していれば、呼吸器系の器官にも良さそうだし、ストレスも解消されるし。
 ということで、声楽レッスンに通っています。きちんと教わって発生すると、気持ちよく声が出ますし、呼吸器系やお腹の筋肉や足の筋肉にも良い影響があるようです(姿勢とかあちこちの力の入れ方も注意されるので、、)。ストレス発散にもなります。
 ただ、あ~あ~と練習していても仕方がないので歌も練習します。前回言われた曲「ネッラ・ファンタジア」は、とりあえず終わりました。うまく歌えるかどうかは別にして、とりあえず譜面を見ないで歌えるようになったので、「良しとしましょう」ということです。
で、次の曲は

Dscn2240a

 「セント ネル コーレ」になったので楽譜を用意しました。聴いている分にはきれいな曲で良いのですが、歌う場合は、この手の曲は苦手です。音を拾ってみようとしたのですが、まだうまくいっていません。
 さて、どうなる事やら、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る? その2

2016-08-01(月)晴れ、のち曇り

 先日の記事で、最近はウイスキーを飲むことが多いと書きました。
先日の記事 「ウイスキーに始まり、ウイスキーに還る?

 いつも行くスーパーの酒販売コーナーで買うのですが、そこでは陳列の棚が種類とか特徴分けとか価格帯で、少し分かれて展示されています。せっかくなので元気なうちに、同じ棚のいくつかを試してみることにしました。まあ、量的に沢山は飲まないから良いかなと、自分に言い訳しています(元気に飲めるうちに、そして飲み過ぎないように気をつけながら、、)。

Dscn2238a

 前回まで竹鶴だったので、今回は余市にしてみました。スコッチとかバーボンの棚とか、国産でも色々な種類とか置いてありますが、一応国産の、このあたりのものにしてみようと思っています(白州とか山崎とか、、、に続くかな、他にも色々あったなあ)。

 飲み比べてどうのこうの、、とか言えるほど飲んでいないし、ウイスキーの味にも詳しくないから、そういう感想はやめておきます。同時に飲んでもいませんし、その時の天候や体長にも影響されるでしょうし、。
 ただ、個人的な好みから感じた一点は、竹鶴の方が柔らかい感じ、余市の方がキン、または凛とした感じかなあ。三角定規の角でいうと、竹鶴が90度の部分、余市が60度の部分みたいに感じました。
 個人てきな好みからいうと、竹鶴の方が好みかもしれません。ただ、飲んだ時期がずれていて、天候、それによる体調が違うから、上記の感想もはずれているかもしれません。
 いずれにして、どちらもおいしく飲めることは確かでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »