« 昨日からお盆かな | トップページ | 気の早い蝉? »

2016年7月15日 (金)

VHSビデオカセットの終焉?

2016-07-15(金)雨/曇り

 ニュースを見ていたら、VHSビデオデッキの唯一の生産メーカが生産をやめると言うことを知りました。時代の流れですね。VHSビデオの黄昏は、ずいぶん前に始まっていたわけですが、いよいよ終焉かなと感慨にふけったのです。

 もっとも、ニュースを聞いたときに、まだ生産していたんだなあと思ったことも事実です。暫く前に、手持ちのVHSビデオデッキが故障したので、やむを得ず代替機を入手しようとしたときには、迷わず中古機ショップに行きました。そのときは、新品でも販売されているなどと言うことは考えもしませんでした。
 これで、録画済みのテープを抱えた方は危機感を抱いて、今まで以上に2方向に動くのかな。
 (1)この際、予備機として新品を買っておく。
 (2)VHSビデオテープからDVDへの変換サービスを利用してDVD化する。
この、(2)は今でも、かなり流行っているようですね。
 私としては、もう一つの案
 (3)すっぱりとVHSビデオテープを処分する。
も選択肢に入れたいところです。録画した直後でなければ、意外と見ることは無いものです。それに、本人以外から見れば、余計に見ることはないものです。
 たとえば、結婚式のビデオなども、結婚直後に人に見せた後は、子どもが幼稚園ぐらいの時に一緒にみたとして、その後は見ないでしょう。本人達でさえ見ないのに、他の人が必要なはずはありません。20枚くらいの写真アルバムの方が、よほど良いかもしれません。

 ということで、(3)案で進めようと、カセットテープを積み上げました。一応は一本ずつ検討してから、、と思ったのです。が、なかなか思うようには進みません。捨てるというのは、保存しておくことにするよりエネルギーが要ります。

|

« 昨日からお盆かな | トップページ | 気の早い蝉? »

家電製品」カテゴリの記事

コメント

捨てるという選択は状態を変えるということですから
保存しておくよりエネルギーが要りますなあ

思い切る=思いを切る
ってことでせう
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2016年7月20日 (水) 17時38分

確かに、仕事の上のことでも生活のことでも、「変える」ということにはエネルギーが必要だったり、意識の上での抵抗がありますよね。

投稿: masa | 2016年7月21日 (木) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63922154

この記事へのトラックバック一覧です: VHSビデオカセットの終焉?:

« 昨日からお盆かな | トップページ | 気の早い蝉? »