« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

ワイヤレスヘッドセット?、独り言?

2016-06-30(木)曇り

 ウオーキングと称して街中を歩いているときとか、出かけた先の町を歩いているとき、時々ぎょっとすることがあります。大きな声でブツブツと?または声を張り上げながら?歩いている人とすれ違うからです。ワイヤレスヘッドセットを使って携帯電話で話をしながら歩いているのか、本当に独り言を大声で喋りながら歩いているのか不明です。前者なら良いのですが、後者だとあまりお近づきにはなりたくないかな?、、、とか?。
 昔、ヘッドセットが流行始めた頃は似たような話が多かったと思いますが、最近はそれほどでもないですね。当時は、我も我もと使ってみたけど、今は本当に必要な人しか使わないからでしょうか、多分、数が少ないのでしょう。
 考えてみると、携帯電話を耳に当てている形というのは、いま電話中であって、独り言が漏れているのではありませんと表示しているわけです。ヘッドセットで電話しているときでも、いかにも電話しています、というスタイルを取って欲しいと思うのは私だけでしょうか。
 なかなか、悩ましい問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

稲も、大分たくましく育ってきた

2016-06-29(水)雨、のち曇り

 小雨模様の合間をぬって、スーパーから出発する散歩コースの一つを歩いてきました。いつもとは逆ルートで歩いたので、最後がきつい坂になっていて息切れがしました。いつもの方向ですと、最初にきつい坂を下りて、後は非常にゆっくりした登りですが、それが逆になるので最後が辛いです。若干、湿度は高いですが、気温が低めなので助かりました。

Dscn2210a

 途中の水田の稲は元気よく育っています。田植え直後の写真で見ると、稲の苗も見えないくらい小さかったものが、たくましい感じの風景になっています。
 この風景(水田風景)も、いつまでも残って欲しいものですが難しいかもしれません。農業の担い手とか、相続の問題が絡むからかなあ、、。写真を撮っている背中側の畑は、どんどん宅地になっていますし、水田も消えつつあります。
 そんな事を考えてしまうほど、田畑の減り方が激しいと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

懐かしさで「杏」を買ってみた

2016-06-28(火)未明は激しい雨、のち雨/曇り

 まだ、雨で若干気温が低い日もありますが、全体としては暑くなってきました。子どもの頃の記憶で暑い季節の果物というと、「杏」と「巴旦杏」が思い出されます。実際はもう少し後の、夏休み頃の季節だったような気もしますが、、。子どもの頃の家の裏に「杏」と「巴旦杏」の木があったので、おやつ代わりに食べた記憶が鮮明にあります。昔の田舎では、お菓子を買っておやつに、、なんて殆どありませんから、その時期にあるものを食べます。グミの実も懐かしいです。

 さて、昨日だったか、スーパーの野菜/果物売り場で杏を見かけて、懐かしさで思わず購入してきました。何十年か、食べたことが無かったような気がして、思わず買ってしまいました。時期が早いせいか、ちょっと高かったかな。

Dsc04007a

 凄い大粒なのですが、最近は大粒が多いのかな。味は、、おいしいですが比較は出来ません。昔食べたものの味の記憶は、長い年月、そして思い出、、というフィルターがかかっているからです。
 食後においしくいただいていますが、大粒だから一つ食べるとお腹が苦しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V104_0

2016-06-27(月)晴れ

  久々に、Nokia携帯電話で使うPythonスクリプトを弄ってみました。このスクリプトは、WEB小説(今のターゲットは「小説家になろう」のサイ トですが)をダウンロードして、テキストファイルで格納するものです。動作上は、今までのバージョンと変わらないのですが、少しだけ手直ししてみました。
 最初の記事 「Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet
 前回の記事 「Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V103_1

 今回の変更は、大した内容ではないのですが、ダウンロード後のテキストファイルに対してテキストエディタで置換を行っている内容を入れ込みました。

変更内容:
 ・空行(改行のみ、またはスペースと改行のみの行)が2行以上続くときは1行に
  するようにした(今まで3行以上を2行にしていたが1行に減らした)。

 ・小説データ内の■を◆に、□を◇に変換するようにした。
  (節の題名の頭に■を付加しているので、それとかぶらないようにした。)

これで、ダウンロード後の処理が少し楽になりました。時々、ぽちぽちとPythonを弄ってみています。

文章だけでは寂しいので、画面のスクリーンショットを載せてみました。Ssce0706

-------------------------------------------------------------------
 モジュール
   「PyBookGet_104_0.zip」   

-------------------------------------------------------------------
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

ギターサークルの休日練習日

2016-06-26(日)晴れ

 このブログサイトのログインサーバがダウンしていたようで、ログイン出来ず更新が遅れました。後日のアップです。

 さて、今日は題記の休日練習日でした。昼から練習場所に集合して練習でした。練習場所は、もともと所属していた会社の社員食堂の建物の一角を借りて行います。
 今日は珍しく、メンバー全員が参加しました。今では、隣の市とか隣の隣の市に在住の方もいるのですが、何とか休日は集合できて良かったです。練習回数が少ないので、なかなか合奏も上達しないのが難点ですが、個人練習で補うしかないないですね(全然、やっていないけど、、)。
 今日は、2曲目の短い曲の楽譜が配布されました。

Dsc04006a(アルト1のパート譜)

 音符の少ない曲で簡単なんですが、こういうのはまた、きれいに聴かせるのが難しいです。音もきれいな音で、きちんと伸びるように弾かないといけないですが、、。クラシックギター、特にアルトギターで、ゆっくりした曲で四分音符とか二分音符の長さ分、音が伸びているように、、と言われると、なかなか難しいです。
もっとも、一曲目のように音符が沢山ある速い曲は、それはそれで悩ましいですが、、。
 何とか、少しずつ弾けるようになってきた合奏曲でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

何の木か不明だが挿し木にしてみた 続き

2016-06-25(土)未明は激しい雨、のち雨/曇り、いちじ晴れ

 先日、垣根のツゲの木の中に生えて頭を上に出してきた木を切って、ついでに一本の枝を挿し木にしました。 先日の記事 「何の木か不明だが挿し木にしてみた

 庭の半分日陰のところに置いて、時々水をやっていましたが、何となく根がついた感じがします。

Dsc04002a

 一週間経ちますが、葉がしおれず、かっちりとしていますから、多分大丈夫でしょう。

Dsc04004a

 何の木か知らないのですが、暫く鉢植えで育ててみようと思っています。それにしても、庭の手入れをしないので、色々な草や木が知らないうちに生えてきます。まあ、緑が多くて良いかなと、手入れをしないいいわけをしています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

雨も多くなり、梅雨らしくなってきた

2016-06-24(金)雨/曇り

 一週間くらい前までは雨が少なかったり真夏並みに暑かったりという日が多く、あまり梅雨らしくない日が続いていたように思います(当地では、、)。雨も少なく、関東地方の水瓶ダムの貯水量も30%位というニュースも聞きました。雨が少なくて夏の水や、農作物は大丈夫か?などと気になりましたが、ここのところ、雨が多くなり少しは改善したかなと思います。

 ただ、当地では雨が少なかった時期でも、日本の地域によっては集中的に降ったりして災害なども起きているようです。当地でも、雨が降るときは激しくドババっと降っては曇りになる、という感じです。時間的に見て平均的に、、とか、日本の各地を見て平均的に、、とかいかず難しいですね。こればかりは自然頼みです。研究して技術的に何とかして、、とか考えない方が良いような気がします。どんどん、泥沼にはまっていく気がします。そういう例は多いからです。

 雨が程よく降って優しい気候にしよう、、とおもったら、一面コンクリートとアスファルトの土地にしていかないで、森や草原の多い構造にした方が良いと思います。森や草原や地面が水を保持して、徐々に蒸発し、雲になり、雨が降る、、というサイクルが取れるようにです。降った雨をコンクリートとアスファルトが防いで総て流し去ってしまうと、上記のようなサイクルが崩れてくるのではないでしょうか。その分、他のところ(流し去った先)で多く降るようになるのではないでしょうか。大きく見れば、これも人間が自ら招いているような気がします。

 ある意味、地球の許容キャパシティを越えて人間が色々しているのかもしれません。プールの水も、柄杓やせいぜいバケツで出し入れしている分には全然影響ないけど、トラックに乗せるくらいの入れ物で出し入れしたら影響が見える、、ような感じでしょうか。もっとも、多少の変動は、地球自身側からみたら、さしたる変化ではないのかもしれません。平均気温の数十度の変化だって、地球の歴史の中では繰り返されているらしいですしね。

 梅雨の話からそれてしまいましたが、そんなことを考えながら雨戸を閉めた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

WEB小説 「シャルパンティエの雑貨屋さん」

2016-06-23(木)雨/曇り、いちじ晴れ

 大分前から、時々WEB小説を物色してダウンロードして読んだりしています。まあ、ラノベの範疇であり、過去の文豪の名を冠した賞に応募するようなものとか眉間に縦皺をつくりながら読むものではないかもしれません。が、これはこれで、世の中には必要かなとも思っています。 ということで、読んでいるのですが、検索の範疇が偏っていたり、それほど沢山は見ていないから、まだまだ行き会っていない面白そうな小説があるのでしょう。が、こればかりは出会いのチャンスだからやむを得ないですね。
 さて、今回見つけたのは、私的にはちょっと当たりだったかなと思う一作でした。過去にもあったのですが、その時に記事にしなかったので、今すぐには出てきません。

 今回の一作は 「シャルパンティエの雑貨屋さん(作者:大橋和代)」 です。

 まだ、25%位しか読んでいませんが、私的には面白いと思いました。(内容概略紹介は、上記のサイト参照) 個人の好みとか好き嫌いがあるから、全員にとって面白いかどうかは難しいところですが、、、。お勧めは、いつもの主張通り、紙の本で読むことをお勧めします。普通は紙の本の方が、見なおしされていたり、まとまりが良くなっていたり、挿絵があったりするからです。ただ、WEB版を読んで感じたことは、WEB版の文章もよく練られていて、多分紙の本のほうも大差ないのかもと思いました、その位、良く書かれています。
 ということで、面白いかどうかという、人によって異なる部分を除いた感想は、以下の通りです。

(1)完結している。従って、途中で連載に追いついて待たされることがない。
(2)WEB版も文章がきちんと練られていて、良くできている。
   誤字脱字とか、あれっと思うようなところがない。これ、結構重要視しています。
   読んでいてつまづくからです。紙の本だと校正されていたりするから読みやすい
   のだと思っています。
(3)ファンタジーものだが、良くあるようなチート能力てんこ盛りの主人公が魔法で
  無双するような内容ではなく、手堅い内容になっている。
(4)WEB版にありがちな、おちゃらけた表現、文章がないので読みやすい。
(5)良くありがちな、連載回ごとに入れられている余分な文章(お礼とかお知らせとか、、)
  がないので、小説の流れが切られなくて読みやすい。
などです。
 ということで、用事の合間を見つけては読んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

何の木か不明だが挿し木にしてみた

2016-06-22(水)曇り/雨

 垣根にしているツゲの木の下に、色々な木が生え育ってきて、ツゲの中から枝を伸ばしています。ツゲに負けないようにと、ツゲの上に枝を伸ばして太陽の光に当たるようにしているのかもしれません。あまり、それらが上に出てしまうと見栄えが悪いので、根元から切り取りました。しかし、せっかく生えてきて頑張っているのに、ただ切り取って捨てても可愛そうかな、、と思い、とりあえず植木鉢に挿し木にしてみました。

Dsc04001a

 根がついたら、鉢植えにするか、あいたところに植えてやるか考えようと思います。もっとも地面に植えて、大きく育ちすぎても困るから植木鉢のままがいいのかな。
 朝晩、水をやりながら見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

どういう意味かなあ、、Charanger.. その後

2016-06-21(火)雨、のち曇り/晴れ

 ちょうど7年前に、題記の 「どういう意味かなあ、、Charanger..」 と言う記事を書きました。これは、トラックのボディに書いてあった文字の意味が分からなかった、、というものでした。
(Charanger と Postive が分からなかった)

Dscx709a  (7年前の写真)

 7年ぶりに、上記の記事にコメントを戴きました。その方は、また見かけたそうですが、「Charanger」 は 「Challenger」 に修正されていたそうです。「Postive」 は、そのままだったようです。
 そこだけ修正したのか、再塗装に合わせて修正したのかは不明ですが、、。再塗装なら、「Postive」 も直せば?と思ったのですが、再塗装ではなく、大きい文字だけ直したのかもしれません。

 ということで、すこし進展があった題記の件でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

WEB小説、ラノベ、ファンタジーと歩く回数の関係?

2016-06-20(月)晴れ

 今日の午後は、買いものの前に少し歩こうかなと思い、スーパーへ車を駐めた後に外へ出たのですが、結局は歩くことなく夕方になってしまいました。イオンのくすのき広場はイベント用ステージがあり、時々音楽関連の催しがありますが、普通は大木「くすのき」の木陰がある涼しげな空間です(若干、まわりが狭いですが、、まあ、仕方がないでしょうか)。
 そこのテーブルの椅子に腰を掛けて、アイスクリームを食べながらブックリーダの本を読み始めたら夕方になってしまいました。どうも最近は、こういうケースが多いようで、だから長距離を歩く回数が減っているようです。

 ブックリーダに入ってるのは、WEB小説サイトの検索で「ファンタジー」で検索したものの中から選んでダウンロードしたものが入っています。ダウンロードは「PyBookGet」スクリプトで行い、若干のフォーマット整形の後、WEBの縦書きPDF化サイトで縦書きファイルにしています。

 WEB小説サイトで「ファンタジー」で検索すると、出てくるのは異世界転生ものが多いでしょうか。死亡(または強制召還)で異世界に転生し、チートで得た能力でスーパーマンのごとく活躍、、みたいな感じでしょうか。ま、あまりハラハラ、ドキドキせず読めるから楽ですが、、。
 あと思ったのは、パソコンゲームに似た感じの記述になっているものも多いです。活躍とか努力ごとにアイテム、能力、スキル、などをゲットして、段々魔法や戦闘能力が上がってゆく、、みたいな感じです。ま、努力によって上がってゆく、、というのは普通とは思いますが、表現が若干ゲーム寄りになっているわけです。小説によっては、連載の毎回毎にステータスの詳細記述が2~3ページにわたって記述されているものもありました。さすがに、毎回あると鬱陶しいと思っていたら、そういう感想があったのか、段々記述が簡略化され、最後には変化があったときの本文中の記述だけになった小説も多いです。

 なかなか面白い小説もあるのですが悩みもあります、以前も書いたことではありますが、、、。
 面白いものは連載が続いていて、なかなか完結にならない。連載に追いついてしまうと、なかなか先が読めなくて辛いわけです。また、長い間に、作者の状況が変わり、連載中断したらしいものも多く出てきます。掲載更新が何ヶ月も開いてしまうと、もはや無理かなと思ったりします。もっとも、そんなに長くならないうちに中断したまま、、みたいなものも多いですが。
 なかなか、思うようにはいかないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

以前に比べて、最近はかなりの運動不足だなあ

2016-06-19(日)晴れ/曇り

 久しぶりに日曜日のプールへ行ってみました。会員になっている駅前のスイミングスクールでは、日曜日には一般開放を行っています。会員は無料、非会員は有料です。会員は無料ですから毎週行けば良い運動になると思うのですが、最近は殆ど行っていませんでした。
 久しぶりに行って自分のペースで沢山泳ごうとしてみたら、、最近の運動不足を感じました。毎週のレッスンでは、大勢でのクラスですし細切れの練習になるので、あまり感じないのですが、自分だけで泳いでみると運動不足が分かります。最近は長い時間歩く回数が減っていたり、弘法山へ登る事が無くなっているのが原因でしょう。
 なるべく歩く回数を元に戻すこと、日曜日のプールはなるべく毎週通うことが必要だなと再確認した日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

お寺さんへの寄付

2016-06-18(土)晴れ/暑い

 先日、上田市の方へ行ったときに、故郷のお寺への寄付の文書を読みました。お寺で臨時に発生する大きな費用は、寄付でまかなわれます。まあ、檀家割りで最低いくら、、というお願い文書が来るわけですが、、お堂の建て替えとか修理とか、、結構金額が張ります。
 さて、今回は和尚様が亡くなられ、その本葬儀、次の和尚様へ移るための式の費用とか、それに伴うお堂の整備とかのようです。
 お堂の整備は、まあ手間を考えると、この位はかかるのか?ちょっと高いけど、、とか思ったのですが、一番高かったのは葬儀、引き継ぎ関連の式の費用でした。それだけで数千万円です。多分、住職様の階位に応じて掛ける金額が決まったり、承認して貰うため本家本元への上納金があるのかななどと思いますが、どうなんでしょう。各檀家に10万円くらいの割当になります。高いと思うか、そうでないかは人によると思います。が、土地に残っている方々が高齢化したり、農業がふるわなくなって若い人が他へ散っていっている現状では、少し考えた方が良いところもあるのでは?とも思います。
 そんなことを考えた話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

「プレイバック‘70フォーク夢」 7~8月 イベント予定

2016-06-17(金)曇り

 友人達の熟年フォークバンド 「プレイバック‘70フォーク夢(PB70FD)」 は、色々なイベントに出演して活発に活動しています。その、7~8月 イベント予定をいただきました。
リーダのブログで予定を見ることもできます。
 ブログ: 「プレイバック '70フォーク夢」リーダーのブログ 

 せっかくなので、いただいた予定を掲載してみました。

 ■カントリーとフォークの休日
  ☆日時:2016年7月3日(日)13時半~
  ☆場所:秦野市北公民館 大会議室
  ※3バンドが出演し、「プレイバック」はラストステージです
  ※公民館主催行事のため市規定の施設利用費等(\200)が必要です
   但し、中学生以下は無料です

 ■第5回公民館巡回コンサート《夕涼みコンサート》
   ☆日時:2016年7月23日(土)18時~
   ☆場所:秦野市北公民館 大会議室
      ※「プレイバック」の単独2時間ライブです。
    普段は披露する機会が少ない曲を含めて23曲程度演奏します
   ※入場無料

 ■秦野市《ピースキャンドルナイト》平和の日のつどいコンサート
   ☆日時:2016年8月13日(土)18時半~
   ☆場所:秦野市文化会館大ホールホワイエ
   ※エントリー中のため、詳細未定です
   ※入場無料

 ■FM湘南ナパサ(78.3MHz)の番組【NAPASA SHOW TIME】で
  5/15(日)にイオン秦野「ふれあいステージ」で実施した
  『プレイバック 5th.ライブ(3ステージ単独ライブ)』の公開録音が
  放送されます

   6/20(月)16時半~17時 2nd.ステージ
   6/30(木)16時半~17時 3rd.ステージ
  本放送(電波)と、サイマルラジオ(パソコン)の同時放送です

こうやって予定を見ながら、私も「年で動くのが億劫になってきた、、」などと言っていられないなと思った日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

花粉飛散情報は終了していた

2016-06-16(木)曇り、深夜は雨

 春先には利用していた花粉飛散情報のWEBデータですが、既に予報更新は終了していました。5月上旬のあたりで薬の服用もやめ、予報を見ては様子見をしていましたが、6月に入ってからは見ていませんでした。先ほど見てみたら6月6日で終了して更新が止まったようです。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

Ssce0705

 たまに、くしゃみが止まらず鼻水がズルズル、ということが短時間続くことがありますが原因は不明です。この時期は、草花とか樹木の花の花粉とか、あるいは高い湿度でのカビの問題とか、色々ありそうです。湿度計は80%あたりに高止まりです。とりあえず、1階のエアコンのない部屋には除湿器も準備しましした。使い始めの頃は、一晩に3~4リットルの水がでます。衣類や布団がしけたり、金属類やガラスなどが曇ったりするわけです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

住民税を払い込みに行った

2016-06-15(水)雨、曇り

 春から初夏にかけての時期は出費の多い時期になりますね。色々な税金(健康保険含む)とかの請求書/振り込み書が届くからです。今日は、住民税の払い込みに行ってきました。それほどの額ではないですが、それでも払い込むときには「高いなあ、、」とため息が出ます。まあ、住民だから仕方がないですが、、。とりあえず、今年度分の色々な振り込みは、概ね終わったでしょうか。

 それにしても、毎回思うのは「ふるさと納税」のことです。本来は、「ふるさとからは出てしまったが、育ったときお世話になったふるさとに少し貢献したい、ふるさとも落ち込んでいるし、、」というのが、本来の筋だったのだろうと思います。でも、今は単なる通販の世界になりつつあるようです。自分のふるさとへの寄付でもなくなりつつあるようだし、物品も、その地の特産品なら地域振興に役立つかもしれませんが、段々とそこからもはずれてきているようです。
 寄付している人から見ると、「決まった制度があるんだから、それを利用して得をしないお前がとろいだけだろ?」と言われるでしょう。でも、「やはり、でもなあ、、、、、、」とは思います。ちょっと、ため息が出た日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

自治会での募金

2016-06-14(火)晴れ/曇り

 自治会では色々な活動がありますが、一般会員は各個人的に見ると、それほどの接点はありません。通常は、年に2回くらいの近隣清掃とか、あとは普段回覧板で情報が廻って来るくらいの感覚でいます。まあ、各組の組長以上になると、段々仕事が増えるのでしょうが、、。

 さて、回覧板で思い出しましたが、時々、募金/寄付のお願いというのが廻ってきます。回覧の後、組長さんが集金に回ってきます。組長さんも自治会の仕事だからやっているけど、何となく廻りにくそうです。
 いつも思うのですが、この自治会での募金集金には、若干違和感があります。もちろん、任意の募金には自分の考えで参加しています。年末の募金とか、あるいは災害の時の募金、開発途上国の子どものための募金とか、郵便局などに行きます。
 しかし、自治会で廻ってくるのは任意の募金、というより割当集金みたいな感じがします。任意とは言いますが、通常は「では、うちは無しで、、」とは言えないですしね。それに、自治会活動では、一戸あたり平均いくらで総額この位、、とか目星も付けていますから、それとなく聞くと、各家の金額はこの位で、、という目安を言ってくれるので、全員その金額になります。

 これを考えると、募金というより税金の集金みたいな感じがします。だから家計簿上では、自分で振り込みなどに行った寄付は 「寄付/チャリティ」 の項目に、自治会の募金は 「税金」 の項目で入力しています。
 自分で出す任意の募金、自治会の集金 のほか、そういえば災害では復興税とかもありますね。そのうち、家計簿も、税金の項目さえあれば 「寄付/チャリティ」 の項目は不要になりそうな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

今夜は飲み会(ミニ兄弟会)

2016-06-13(月)未明は雨、曇り

 今夜は東京(といっても、殆ど神奈川に近い場所ですが)で飲み会でした。これは、定期的に開いているミニ兄弟会です(神奈川にいる兄弟が合流して飲むものです)。
 先日は、故郷にいる兄弟とのミニ兄弟会に行ってきました。数年前までは、どこかの温泉地などに集まって、温泉と観光を兼ねての兄弟会でしたが、年をとったら一緒に集まるのは思うようにならなくなりました。元気ではいるのですが、出歩くのが面倒になってきたり、年寄りだから、、と色々と心配になってきたりするからです。で、若いほうのものが、あちこち廻ってつなぎをするわけです。というわけで、今夜は3時間弱の飲み会でした。年をとると、動きがゆっくりになるからなのか、あっという間に時間が過ぎ去ります。
 同じように今日お店に行っている我々がいうのも変ですが、月曜日だというのに、会社員らしき若者が多く来ていました。世の中やお店が元気で良いことです。囲まれたエリアの2つのテーブルにうちの片方に居たのですが、他方のテーブルの女性3人組がもの凄く賑やかでした。囲まれたエリアのテーブルが良かったのかどうか、、悩みながらの飲み会でした。でも、楽しい3時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

水無川も夏の風景になってきた

2016-06-12(日)晴れ、夜から雨

 家から駅まで歩く本気コースは別にして、家からでて20~40分歩く散歩コースとしては、概ね3つあります。
 (1)家から水無川下流方向にあるいてループして戻る。
 (2)水無川上流方向に歩いてループして戻る。
 (3)水無川とは逆の山側にループを描く。
の3つです。(3)は主に朝の散歩コースです。(1)は良く歩くコースです。それに比べて(2)は、かなり少ないでしょうか。でも、好きなコースではあります。何故かというと、水無川の川岸が草や低灌木で青々として、田舎風(実際に田舎ですが)に見えるところが好きです。
すっかり夏らしい風景になりました。

Dsc03999a(平和橋から下流方向)

 背丈ほどの草が伸びていて、低灌木も茂っています。グミの木、胡桃の木、偽アカシア?、名前を調べていない木、、などで、4m位伸びているものもあります。晴れている日でも涼しげに見えます。こんな感じで、人の手が入っている部分と入っていない部分が、うまくミックスしているところが好きです。
 そんなことを考えながら歩いてきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

麦刈りが始まった

2016-06-11(土)晴れ

 水田の有る場所では、概ね田植えが終わったようですが、畑のエリアでは、ようやく麦刈りが始まりました。

Dsc03997a

 朝の散歩コースの畑です。麦刈りが終わりました。向こうの家の手前に立っている壁のような列が、ハゼ掛けした麦の束です。最近は稲も麦も、直接取り入れてしまうケースもありますが、律儀にハゼ掛け乾燥している田畑もあります。

Dsc03998a

 別の畑では、落花生の苗が植えられています。落花生の畑も、最近は大分減ってきました。それでも、あちこち歩き回ってみると、住宅地化した場所の近くでも落花生畑が残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

トイレ雑感

2016-06-10(金)晴れ

 最近は、HP200LX、Nokia携帯電話、旅行の話などが殆ど無くなり、日々の雑談か日記のようなものになっていますね。もっとも、最初から、そういうものだったとも言えますから良いのかな(何でも有りの雑記帳と銘打っていますし)。

 今日も単なる雑談の記事です。色々なところ(病院とか公共の場所とかお店とか、、)にいくと、トイレにもそれぞれの場所で特色があります。そんな中で、ふと思った事を2点ほど思い出しました。

 第1は便座の蓋です。あるところでは、便座の一番上(一番外側)の蓋が無いところがありました。確かに、必ず開けるのですから手間が省けたり、身体の動きの不自由な方には便利かな?と思いました(便座暖房の電力消費は多くなるかもしれない)。でも、使ってみたら不具合も感じられます。身支度をするときに、うっかりものを落とすと、中に落ちてしまうのですね。蓋があれば防げますが、、。狭い中で動きが不自由だと、うっかり落ちるものがあったりしますが、そういうときに不便だなと思いました。

 第2は個室の広さです。一見、どこも普通です、普通に使用できます。が、微妙に狭いなと思うところもあります。立ち/座りの時に十分前に重心がかけられないとか、身支度を調えるのに少し不便、、とかです。若くて身体の動きが柔軟だと問題ないのですが、動きが衰えてきていると、てきめんに感じます。以前も、何かの折に書いたのですが、設計とかテストする方はばりばり仕事をしている若い方々なので、上記のような年寄りくさいことは感じないのだろうと思います。

 私も若いときは自分の感覚で判断して設計してきたのですが(生活密着のものではないですが)、それだけでは駄目なのだなと、今更ながらに感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

WEB小説雑感 続 (連載中断の問題)

2016-06-09(木)曇り、いちじ小雨

 先日、長野県へ出かけたときは列車を乗り継いで移動しました。車の方がルート、時間の自由はありますが、ずっと運転していないといけないという欠点があります。時期的に渋滞の心配はないと思いますが、、。

 さて、列車で移動しているときの時間つぶしは、ブックリーダに入れたWEB小説を読むことにしました。これは、その時の気分に応じたものを読むにしても、色々何冊も持ち歩かなくても良いので正解でした。そんなことで、ダウンロードする小説を色々と検索したのですが、やはり以前も書いた問題が多いことを再確認しました。
 それは、連載中断の問題です。ジャンルで検索して一覧を表示してみました。完結済みもありますが連載中が圧倒的に多いです。この場合

 (1)実際に現在も連載が続いている
 (2)ずっと連載されていたが、2~3ヶ月止まっている
 (3)連載中(完結していない)で最終更新日が1年以上~何年も前(多分中断かな)
 (4)上記3と同じだが、掲載は1~数回しか行われなかった

上記で、
 (1)は現状では問題ないのですが、場合によっては将来(2)とか(3)になる可能性もあるので悩むところです。ある程度まとめて貰えると良いのですけどね。例えば、第二部を書ける内容にしたとしても、第一部:完 とかになるのであれば、ある程度すっきりとします。まるっきり、中途半端のまま、、というのはもやもやしますね。
(2)は、(1)に戻るのか(3)になってしまうのか、、心配です。
(3)は、作者の色々な都合で、きっと中断ですね。理由は色々でしょうが、、。
(4)は、(3)と同じで作者の突発的な理由もあるでしょう。ただ、数も多いところを見ると、始めてはみたが、、というケースもありそうです。
 そういう点では、きちんと連載が続いていて、第一部完、第二部完、、と纏めながら続いていたり、完結している作者は、なかなか実力者かなと思います。

 ということで最近は、完結しているもの、ある程度完結しながら進んでいるもの(ある程度のトピック毎に完結しているもの)を中心に探しています。ただ、全体の数が多いので、気に入ったものを探すのが大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

ギターサークルの練習に行ってきた

2016-06-08(水)曇り

 今日の夜はギターサークルの練習の日でした。夕方に出かけて、練習に参加してきました。平日の夜なので仕事の関係、仕事場所が遠くて来られないなどで不参加者もいるので、休日練習に比べると若干寂しい練習です。夜練習の日は、先生も来ませんし、、。
 とりあえず、各自練習してから集まって合奏の練習をしました。まだ、きちんと弾けないので合奏らしく聞こえません。
 一番の問題はトップパートが弾けていないからです。トップパート2名のうちの実力者のほうが仕事の関係で不参加で、非実力者(あ、私のことだ、orz) が弾けていないんですね。
 家で練習もせず、行ったときだけやるんでは駄目だなあ。そんなことを噛みしめながら帰路についた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

本当に嬉しいのか、、? この茶柱

2016-06-07(火)雨/曇り

 先日、といっても大分前になりますが、緑茶の話題2件を目にしました。その一つが、「かならず茶柱が立つ緑茶パック」というものでした。手作りで、一つ一つのパックに茶柱が付加されているようです。(手作業が入るから数が限られ、若干高くなるのかなあ、、。)
 なかなかのアイデア商品ではあると思います。が、これって茶柱が立って嬉しいのかな。知らないでお茶を入れた方は一瞬嬉しいかもしれませんが、でもお茶パックで茶柱が立つものか?と疑問を感じるでしょうね。お茶パックって、目が細かいですから。
 知っていて購入した方は、まあ、お茶を飲む仲間との間での会話の話題作りとかに役立ち、会話が盛り上がることはあると思います。
 常飲はしないけど、一度は買ってみても面白いかも、、とか思いながら、今日も普通の緑茶パックで飲んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

電車内での化粧

2016-06-06(月)曇り、夜から雨

 題記の件、まあ、年寄りの愚痴の記事なのですが、、、。よく、電車内での化粧について、色々言われています、はしたない、、とか幻滅だとか、、。
 私も、コンパクトを出して目元や口元をチェックしたり、少し修正したりしているのは見かけます。正直なところを言えば、降りたときにお手洗いでやったらどうかな?とは思いますが、まあ、敢えて目をつぶる許容範囲に入れていました。

 しかし、先日の遠出のため、家から東京に向かうときに見かけたのは、さすがに許容範囲を超えていました。隣に座ったときには、「お、おしゃれな着こなしの人が、、」と思いました。が、おもむろにA5版の大きさの鏡を出し、膝の上には大きなポシェット(化粧関係のものがフルセット入っているらしい)をおいて、化粧を始めました。それから、降りてゆくまで50分間、延々とお化粧していました。要は、基礎から始めて仕上げまでやったわけです。
 仕上げた結果だけ見れば感激するかもしれませんが、全部見せられると、ちょっと、、、、。おまけに、結構匂いのきつい薬品(化粧品?)もあるみたいで閉口しました。

 乗ってきたときと降りてゆくときの本人の印象が、これほど変わった経験はありませんでした。もちろん、良くなったのではなく、だだ下がりしたわけですが、、。
 これは、本人のためにもよくないんじゃないかなとは思いました。例えば、本人の知り合いの年上の方に見られたら、あるいは、これから合う知り合い(彼氏?)のまわりの方、などに見られたら余り印象良くないのでは?とか思いました。
 まあ、本人は気にはしていないのでしょう。あるいはこの位は当たり前のこと、と考えているのかもしれませんが、、。

 何処までで線を引くか、、は人によって随分と違うんだなあ、と思った日でした。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

上田(長野県)にきた その3

2016-06-05(日)曇り/晴れ(岡谷市、秦野市)
                            (帰宅してからの後日のアップです)
 今日は朝に坂城を出発して、岡谷の方に廻りました。実際は岡谷を抜けて辰野町(上伊那郡辰野町)に来ました。親類の若夫婦宅訪問です。
 あちこちを通ると、御柱の文字が目にはいります。5月頃には御柱の行事が行われたようです(街の中を廻るのかな?)。
 ほたる公園だったかほたるの里だったか?があり、ほたる祭りが6月11日?から行われるようです。
 訪問したお宅で話をしていて、あちこち廻ったほどでもないので、その位しか分かりませんでした。辰野町を通るのは飯田線ですね。一度、飯田線の旅をしてみたいなと思いました。

 午後早めにでて、岡谷の駅から「あずさ号」で新宿へ戻ってきました。この時期は梅雨の前で比較的爽やかな時期で、緑も多く、旅行によい時期だったかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

上田(長野県)にきた その2

2016-06-04(土)晴れ(上田市)
                   (帰宅してからの後日アップです)
 上田に来ている続きです。今日は、なかなか出来ないお墓参りをしました。山の方にあるお寺(山寺と呼んでいた)の裏にあるので、本当に昔風の感じがする墓地です。通路は草が刈られていましたが、各々の墓の前は草が伸びていました。この時期は草が育つのが速いようです。簡単にお参りしてきました。

お墓参りから戻る途中で、いくつかの場所を廻ってみました。
最初は「生島足島神社」(いくしまたるしま神社)で、上田市下之郷(別所温泉が近い)にあります。そんなに大きな神社という雰囲気ではありませんが、そこそこ有名ではあります。

Dcla020a

Dcla020b

 この神社のある場所は、日本の中央にあたる場所、、とからしいです。だから、上の写真のような表示(日本中央)になっていました。
 お参りしていたら、駐車場には名古屋方面からの観光バスが次々と来ていました。なぜ、そんなに観光バスが来るのかな?と思ったのですが、考えてみたら「真田丸」の関係で上田城、上田市にくる観光の中に入っているのかもしれません。 
 神社横の店で「そば」のお昼にしました。

 次は「さかき千曲川バラ公園」(埴科郡坂城町にある)に廻ってみました。薔薇がきれいなところです。こちらも、観光バスが来ていました。やはり、観光のルートに入っているのでしょうか。自家用車の駐車場が混んでいたので、通り過ぎるだけにしました。

 今回は観光目的ではないので、ゆっくりと過ごしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

上田(長野県)にきた

2016-06-03(金)晴れ(秦野市、上田市)

 今日は朝から出て 長野  北陸新幹線に乗り、上田に来ました。近隣の町にいる兄弟に会うためです。予め、この記事を書いていますが、パソコンを持ち歩かなくなったので、これ以上の記事は帰宅してからのアップになります(書くことがあればですが、、)。

(以下追記)

 新幹線は満席ではないですが、座席はそこそこ埋まっていました。急いでいるわけではないから新幹線でなくても良いのですが、新幹線以外(従来の信越線)は碓氷峠で切れてしまっているので、普通に移動しようとすると新幹線以外の方法は難しい(無いに等しい)ですね。
 さて、新幹線のお客は何処へ行くのかと見ていたら、軽井沢でどっと降りて、ガラガラになってしまいました。
 上田で降りて、今日は坂城町まで来ました。坂城は小さな工場が多い技術の町と言われています。従来の信越線(今は信濃鉄道かな)の駅は「テクノ坂城」という駅名になっていました。
 今日は列車の中で座っていただけの一日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

麦の収穫が始まりそう

2016-06-02(木)晴れ

 市内の水田があるところでは田植えが、概ね終わったようです。家の近くの地区では、大分前から水田は無くなりました。水田や畑が無くなり、工場とか商業関係とか宅地になってきています。
 それでも、麦畑が若干は残っています。散歩の時に見ていたら、そろそろ刈り入れが始まりそうな雰囲気になってきました。

Dsc03996a

 何カ所かで見かけますが、こういう風景を見ると、ほっとします。ただ、実際耕作している農家は大変でしょうけど、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

本の処分と管理データベースの整理 コミック編

2016-06-01(水)曇り/晴れ

 過去にHP200LXを購入してデータベースアプリのデータフォーマットに書籍管理を追加したとき、同時にコミックの管理ファイルも作成してデータ入力し、管理に使用していました。小説の本の処分とデータベース整理については先日書きました。
先日の記事 「本の処分と管理データベースの整理

 今回はコミックのデータベースを整理しました。コミックそのものの処分は、大分前から始めていますが、データベースが大きくなってきたので、手持ち分と処分済み分に分離しました。数を調べてみたら、小説の本より総数が多くビックリしました。まあ、小説類は図書館なども利用でき購入しないケースも多いからでしょうか。あと、コミック類は、立ち読みも面倒なので古本で買ってきて読んで、直ぐに処分、、というのも入力されているから数が増えているのかもしれません。

 データ入力開始からの総数 1247冊、 手持ち 846冊、 処分済み 401冊

 最近のものは読み終わって暫くすると処分するものが多いです。が、読まないのに処分できないものには古いものが多いです。石森章太郎選集、手塚治虫選集、水野英子選集、萩尾望都選集などなど、、。昭和40年代のものも多いでしょうか。なかなか、思い切って処分とは踏ん切りがつきません。
 きっと、いつまでもぐずぐずと続いていきそうな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »