« そろそろ、真空管アンプを使うと暑い | トップページ | 連休、WEB小説を読んでいるが、、 »

2016年5月 3日 (火)

VHSビデオテープのDVD化は、やはりやらないことにした

2016-05-03(火)晴れ

 先日、故障したVHSビデオカセットデッキの代わりを準備しました。なので、古いテープを持ち出して、いくつか中身をチェックしながら考えたのですが、やはりDVD化はやらないことにしました。考えたのは
 ・かなりの手間がかかるが、そこまでして取っておきたい内容か?
 ・将来、どうしても見たいか?
 ・後に残ったときに、喜ぶ人がいるか?
 ・デッキを残しておける間だけでは駄目か?
などです。考えてみれば、どれも、「そんなことはないかなあ」と思ってしまいます。どうしても見たいなら、デッキそのものがある間で良しとするかと、腹が決まりつつあります。

 テープの内容としては
(1)テレビ番組(好きなドラマや、オリンピックやワールドカップなので決定的瞬間など)
   や映画など
(2)サークル活動などの記録画像
(3)自分や家族の記録
などでしょうか。(1)、(2)は自分にしか意味がなさそうですし、(3)だって自分の後で見ることがあるだろうかと思ってしまいます。節目節目の写真が少々なら、アルバムを開いて思い出を、、なんて事があるかもしれませんが、ビデオですと延々と見ないといけないわけで、多分見る人はいなくなるでしょう。そもそも、自分だってん十年も見ていないわけですし。

 ということで、中身をチェックしながら、本当に要らないものを捨てるだけにしました。
 そういう意味では、オーディオカセットテープも似たような問題を抱えていることを思い出しました。

 

|

« そろそろ、真空管アンプを使うと暑い | トップページ | 連休、WEB小説を読んでいるが、、 »

一般」カテゴリの記事

家電製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63578108

この記事へのトラックバック一覧です: VHSビデオテープのDVD化は、やはりやらないことにした:

« そろそろ、真空管アンプを使うと暑い | トップページ | 連休、WEB小説を読んでいるが、、 »