« 図書館での憂鬱の時期 | トップページ | HP200LX 予備機の保守、久しぶりに電源を入れた »

2016年2月25日 (木)

Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V102_0

2016-02-25(木)朝は小雪、のち曇り/寒い

 相変わらず、Nokia携帯電話で使うPythonスクリプトを弄っています。このスクリプトは、WEB小説(今のターゲットは「小説家になろう」のサイトですが)をダウンロードして、テキストファイルで格納するものです。今までのバージョンでも問題はありませんが、青空文庫を縦書きPDFファイルにして読むサイトを利用するときに便利なような変更を加えました。
 前回の記事「Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V101_0

 最近、自分としてはよく使うスクリプトになっています。まずは、ダウンロードして読んでみようというわけです。

変更点:
 ・画面からの入力で実行したとき、ベースファイル名の表示がおかしくなるのを
  修正しました(実行時の画面表示がおかしいだけで、実行内容は正しい)。
 ・出力先指定が「Library まとめファイル」の場合、ダウンロードのファイル単位に
  青空文庫用の改ページ用タグ([#改ページ])を挿入する処理を追加しました。
 ・下記の2つの処理をオプションで指定できるようにしました。
   a.括弧変換(「《》」を「〈〉」に変換)
   b.青空文庫用の改ページ用タグ挿入

 青空文庫縦書きPDFファイル変換を使用したときに、各節がページ先頭に来るように「改ページ」を入れたことと、オプションの変更をリストの編集ではなく外部から指定できるようにしたことです。
 何となく、アプリケーションらしくなってきました。

----------------------------------------------------------------
  モジュール  「PyBookGet_102_0.zip」   

----------------------------------------------------------------


|

« 図書館での憂鬱の時期 | トップページ | HP200LX 予備機の保守、久しぶりに電源を入れた »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63263105

この記事へのトラックバック一覧です: Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V102_0:

« 図書館での憂鬱の時期 | トップページ | HP200LX 予備機の保守、久しぶりに電源を入れた »