« 危うく1900円分を捨てるところだった、、 | トップページ | Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 »

2016年2月 4日 (木)

電子書籍の心配点

2016-02-04(木)晴れ

 先日からWEB小説ダウンロードのスクリプトを修正したり、ダウンロードしたものをブックリーダに入れたり、あるいは電子書籍サイトから電子書籍を購入してみたりと、色々と試しています。電子書籍も、何冊か購入してみました。電子書籍も、色々な意味で、なかなか便利だなと思うこともあります。ただ、ここで、ちょっと疑問、というか心配な点に気がつきました。ちょっと使い始めたばかりで、あまり、よく分かっていないから余計心配なのかもしれません。

 心配な点、、それは、電子書籍はいつまで読めるのだろうか?という点です。単純な話ですが、読める環境がいつまであるのだろうか、、という問題です。例えば、読むには電子機器が必要です。リーダー機器をもっていても、いつまで使えるのかが問題になります。
例えば、
 (1)内蔵バッテリーが駄目になったら交換だが、いつまでサポートされるのか
 (2)故障で買い換えるとしたときに、同じような機器が、いつまで販売されるのか
 (3)買い換えたときに再度ダウンロードしないといけないが、電子書籍ストアは
   いつまでも大丈夫か?

などという点です。リーダーは専用機器ではなくPCを使う方法もありますが、PCだって交換するときはありますし、その場合、上記(3)は、やはり問題になりそうです。

 紙の書籍なら、買って本棚に入れたものは、処分しない限り読むことはできますが、電子書籍の場合は、どうしても上記のような疑問がつきまといます。あるいは、電子書籍は、各自としては、読み捨てにするようなものを対象にすべきなのでしょうか。
 まだ、結論が出ていない疑問点です。

|

« 危うく1900円分を捨てるところだった、、 | トップページ | Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 »

PDA」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

(3)は既に現実の問題になりました。

ローソンの電子書籍サービスがサービス終了になった時はポイントで返金になりました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/06/news054.html

それ以上に、気になるのは電子書籍は所有権ではなく、読む権利であることです。

http://ddnavi.com/news/187665/a/

Kindleの本棚から著作権に問題のある書籍が削除されたこともありました。

http://news.mynavi.jp/news/2009/07/19/005/

懸念はありますが、持ち運びが便利なので、ほとんどの書籍の購入は電子書籍に移行しました。

投稿: gan kai | 2016年2月 5日 (金) 16時22分

なるほど、色々あるのですね。その辺を理解して、うまく活用するのがポイントですね。
沢山の本を持ち歩いて読むのに便利、、という利点に特化して利用するのが良さそうです。

どうしても持っておきたい本は紙の本で買うとしても、それほどないし、電子書籍が無くなっても、どこかで(古本とか図書館で)読めないことはないでしょうし、、。
ちょっと、勉強になりました。


投稿: masa | 2016年2月 6日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63167818

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の心配点:

« 危うく1900円分を捨てるところだった、、 | トップページ | Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 »