« Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 | トップページ | 久しぶりに温水プールへ行った »

2016年2月 6日 (土)

Copy.comのサービスの終了

2016-02-06(土)晴れ、のち曇り

 先日のブログ記事では、電子書籍ストアが無くなって、書籍も読めなくなることも現実に出てきている、、電子書籍の利用の仕方も検討が必要かなという話しになりました。
 同じように、インターネット上のサービスでも無料だからと利用しているサービスも、いつまであるかを考えておく必要があります。特に、サーバ容量を使わせてくれるようなものは注意が必要です。

 Copy.comにアカウントを持っていたのですが、今回メールが来ました。

---------------------
Subject: End of Sale and End of Life Notice for Copy and CudaDrive

We are writing today to inform you that all Copy and CudaDrive services will soon be discontinued. You need to take action immediately to ensure you retain the files stored in Copy/CudaDrive.
As of May 1, 2016, you will no longer have access to the data stored in your account. Please sign in to your account and migrate your data.
----------------------

はやい話が、サービスを終了する、5月1日からアクセスできなくなるから、データを移動するなりローカルPCに移しなさいというものでしょうか(英語は苦手だなあ)。

 Copy.comは写真データの共有などで使っていた方も多いかもしれません、無料でしたし、、。でも、収益がうまく行かなくなれば、当然閉鎖もあるわけです。
 私は、幸い、おいていたデータ量が少ないし、そのまま捨てても良いので問題ないのですが、大量にあり、かつ保存したい方は面倒かもしれません。今回はOne.driveへの移行だとツールもあるようですが、、。

 有料のサーバでも安心は出来ませんが、無料サービスよりは残りやすいかもしれませんね。色々なサービスも、利用の仕方(いざというときどうするか)は考えておく必要があるかもしれません。

|

« Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 | トップページ | 久しぶりに温水プールへ行った »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

「所詮保証のないインターネット」
という
二十年以上前から言われている格言が
今更のように頭の中をよぎる今日この頃
(「保証」という語が
際網に書いてある内容とシステム自体との
どっちにでも解釈できるのです)
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2016年2月 7日 (日) 07時56分

そうですね。
無料サービスのような、向こうのビジネスモデルのおこぼれで、、みたいなのは、向こうの
都合で変わりますね。どうせ、使用前の許諾条件にも書かれているでしょうし、、。
その辺を覚悟して、引っ込みがつく範囲で使用するのが良いだろうと
思っています。

投稿: masa | 2016年2月 7日 (日) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63174454

この記事へのトラックバック一覧です: Copy.comのサービスの終了:

« Python: WEB小説のデータ取得スクリプト PyBookGet 更新 V100_0 | トップページ | 久しぶりに温水プールへ行った »