« 「安全」って重要な要素だなあ | トップページ | 暑さ寒さと図書館の深い関係 »

2016年1月22日 (金)

WEB小説の本を、結構買ってみた

2016-01-22(金)晴れ、のち曇り

 ここ一年くらい前くらいからでしょうか、読む本にラノベが多くなりました。軽い感じで、待ち時間に読むときなどは手軽でよいし、順番とか電車の時間が来たからと、一区切りも気軽です。もっとも、ラノベの定義の詳しい範囲を知らないので、かなり大ざっぱに広い範囲のものを含めています。何とか賞を狙ったようなものとか、本格ミステリー(最近は少ないかな)とか、社会問題に迫る、とかいうようなもの以外の軽い娯楽ものは、その範疇に入れているわけです。

 そんなこともあって、最近は、WEB小説を書籍化したものを買って読んでみています。最初から本としてのために書かれたものより、さらに軽い感じはしますが、まあ、上記のような読み方なら、そこそこ楽しいかなとは思います。でも、一読したら終わりかな、読み返すケースは少ないです(皆無ではないが、、)。軽いと言えば、文体もかなり軽いものも多く、本というより、チャットの延長みたいに軽い?砕けた?のもあり、読みにくいケースもありますが、、。

 WEB小説の本は、多くの場合ラノベコーナーにありますが、装丁が独特というか華やかというか、独特の雰囲気を醸し出しているので直ぐに分かります。最近は、各社が結構出していますね。WEB掲載時にポイントが高かったものを原稿にするわけだから、従来の新人発掘より手軽なのでしょう。ただ、小説の傾向が限られるのが難点でしょうか。WEB小説では、もっぱら転生ものが多いようです。
 突然、(突発的な事情、事故とかで)死亡しました。前世の記憶を持って生まれ変わりました。貴族の家に生まれ、魔力も人より多く、神童扱い、周りには綺麗な、あるいは可愛い女性が一杯、そして都合良く色々と活躍する、、、というような感じでしょうか。はやい話が、ゲームの世界に入った、もしくはゲームの世界観を描く、、という風にも見えます。まあ、書く側から見ると、そういう話が書きやすいんでしょうね(軽く言ってますが、もちろん私自身は書けませんよ、そんな才能はないし、、)。気に入った方が楽しめればいいと思います。

 WEB小説ですから、WEB上で掲載(連載)されているものを読めば無料です。しかし、今のところ、WEBで読んだことはありません。比較のために、本を読んでから一部を読んでみたことはありますが、その経験からも本になったものを読むことにしています。
 一番は、本になってからの方が良くまとまっている、と感じるからでしょうか。あるいは、見直しが入って、WEBでは?と思ったことが、修正されているケースもあるからです。
 良く見直されていると感じるケースや、そうでないと感じるケースもあります。この辺は各社、各編集者などの違いなのか作者の違いなのかは不明です。

 二番目は、WEBでは読みにくく、本になっている方が読みやすいと感じるからです。書籍リーダなども使ってみましたが、やはり紙に印刷されたものが目に優しいようです。それに、あちこち戻ったり、2カ所を行き来したり、、色々とやりやすいです。

 三番目は、挿絵の問題もあります。WEB連載では挿絵がありません。挿絵も一つの文化で、あると雰囲気が変わります。良い挿絵は、本を引き立てます。書籍リーダ用に販売されている電子版は挿絵があるのだろうと思いますが、どうせ買うなら紙の本の方が読みやすいと思うのは前述の通りです。

 四番目は、出版文化の継続のためです(大きく出ましたね)。多少は本を買って、出版、販売、書く側にお金を落とす人がいないと、紙の本の文化が続かないでしょう(--)ウンウン。

 まあ、四番目は、言っているほど貢献はしていないのですが、上記のような事を考えながらラノベコーナーを物色してみています。

|

« 「安全」って重要な要素だなあ | トップページ | 暑さ寒さと図書館の深い関係 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/63106053

この記事へのトラックバック一覧です: WEB小説の本を、結構買ってみた:

« 「安全」って重要な要素だなあ | トップページ | 暑さ寒さと図書館の深い関係 »