« クオーツタイプ腕時計の電池をまとめて交換した | トップページ | このあたりでも、マイナンバーの配布が始まった »

2015年11月12日 (木)

機械式腕時計の保守をどうするか

2015-11-12(木)曇り、のち晴れ

 昨日は、クオーツ式腕時計の保守について書きました。面倒なので、まとめて電池交換した話です。クオーツ式の場合は、とりあえず電池交換して動かしておけば、ある程度は大丈夫でしょう。精度は発信器部分で決まるから、機械部分の油の変化などの影響は少ないと思います。2年~5年に1回、止まったら電池交換かな。でも、こうして保守しておいても、使うのかなあ。

 さて、次は機械式腕時計の保守が問題です。自動巻、手巻きで4個あります。多分、そのうちの2個は使いそうもないのですが、のこり2個が問題です。使っている方は良いのですが、使っていない方は、そのままでは止まったままになり、オイルなどの変化などの影響が出てくるかもしれません。世の中には、自動巻腕時計の保管用オートワインダーなどもあります。10分廻って20分休みを、ずっと繰り返すとか、、。とはいえ、そこまでのものではないしな、、と思案投げ首です。
 あと、何年かに1回は保守清掃をして貰う必要があります。これも、結構費用がかかります。

Dscn2033a(比較的使いそうな自動巻腕時計2つ)

 右は父からのお古で、60年くらい前のキングセイコーです。こちらがお気に入りで、現在は毎日使っています。

 眼鏡のことでお店に行ったときに、雑談がてら相談してみました。まあ、色々案はありますが、結局は、一番お気に入り(右のもの)を使って、そちらをきちんとメンテナンスしてゆくのがいいのではないかということになりました。もう片方も、時々は動かしてやりますが、その程度で行くことにしました。
 高価なコレクション品という物はないので、気軽に使ってゆく程度でいいのではないかと結論づけました。
 ただし、保管場所の湿度対策だけはしておくことにして、引き出し用除湿剤を買ってきました。

|

« クオーツタイプ腕時計の電池をまとめて交換した | トップページ | このあたりでも、マイナンバーの配布が始まった »

故障、修理等」カテゴリの記事

時計、クロック」カテゴリの記事

雑貨、小物、日用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62668791

この記事へのトラックバック一覧です: 機械式腕時計の保守をどうするか:

« クオーツタイプ腕時計の電池をまとめて交換した | トップページ | このあたりでも、マイナンバーの配布が始まった »