« 地上波デジタル放送用チューナが故障した その3 設計不良か? | トップページ | 文化会館のライト付き噴水は綺麗?不気味? »

2015年11月23日 (月)

久しぶりに、テスターの電池を交換した

2015-11-23(月)曇り

 昔、アンプの自作などをしていた頃に購入したテスターがあります。抵抗とメータだけのテスターではなく、オペアンプを使用したテスターです。だから、抵抗測定用電池の他に、アンプ用の電池も入っています。 今回、地上波デジタル放送チューナの故障の時に、アダプタの出力電圧をチェックするために持ち出したら電池の電圧が足りないようです。
 考えてみたら、前回交換したのは何年前だろうか、10年くらいまではないかなどと考えながら交換しました。

Dscn2042a

 アンプを作っていた時期を考えると、テスターも30~40年前のモデルではないでしょうか。今ではテスターも、片手に収まるようなものもあるのに、これはご覧のような大きな抵抗が使われているものです。電池を入れ換えると、今でも問題なく動いています

Dscn2043a

 ただ一つ問題は、単3電池2つを入れるホルダーが2つとも壊れかけていることです。電池の頭と尻の方に当たる部分のプラスティックがもろくなって欠けてしまいました。電池を入れたあと、針金で縛っています。それでも、電池を入れ換えれば、問題なく動いています。

 とりあえず、ボタン電池や単3電池、100ボルト電源、抵抗器の抵抗値などを測って、それほどの誤差がないことを見てチェックしています。
 

|

« 地上波デジタル放送用チューナが故障した その3 設計不良か? | トップページ | 文化会館のライト付き噴水は綺麗?不気味? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

電子機器、電子機器小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62736791

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに、テスターの電池を交換した:

« 地上波デジタル放送用チューナが故障した その3 設計不良か? | トップページ | 文化会館のライト付き噴水は綺麗?不気味? »