« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer 更新 V100_0 | トップページ | 血圧の変遷、やはり塩分の影響か »

2015年10月 2日 (金)

今更ながら、ソニーの電子ブックリーダを購入した

2015-10-02(金)未明は雨/風強い、曇り/晴れ

 携帯電話でWEB小説を読むためのPyBookシリーズを弄りながら、それとは別にソニーの電子ブックリーダを購入してみました。ブックストアの今後の事を考えると、Kobo、あるいはKindolかなとも思うのですが、敢えてソニーにしました。

Dscn1965a

 

理由は個人的な好みですが
  ・何となく美しい感じがする。
  ・多分、ブックストアで電子ブックを購入することはない。だから、製品だけで
   考えてもよい。
ということとか、キーがある点も好きな点です。さらに、安いのがあったので購入しました。
PCに色々なソフトをインストールしたくなかった(それと、ケーブル接続も面倒)ので、PCにはつながず単独で使って、小説データの入れ込みはWEB経由かMicroSD経由にしました。
 電子ブックは買わないので、入れるのはWEB小説のデータか、青空文庫のテキストデータです。

 まだ、試している段階ですが、携帯電話やPCなどの液晶画面と違って目には優しいですね。遅いといういう意見もありますが、本をめくるのと同じと考えれば気になりません。あと、私の携帯電話では画面が小さいのですが、こちらは大きいので目が楽です。
 予想と違ったのは、テキストデータも縦書き表示に出来るかなと思ったのですが、残念ながら横書き表示だけみたいです。あと、WEBからダウンロードすると、日本語ファイル名は表示できません。英数字、記号の表示になります。読むことは出来ます。日本語ファイル名で入れたい場合は、MicroSDに直接入れるのがいいようです。

 とりあえず、一番入れたかったのはWEB小説の「本好きの下剋上」でした。で、PyBookGetで400ファイルほどダウンロードして入れてみました(ダウンロードしながらマージできるので、ファイル数は少なくなる)。なかなかい感じです。
 でも、紙の本で出たのを最初に読む(*1)から、本当に必要なのかと言われると返事に困る状況ではありますが、、。
 そんな、本を読むためのツール弄りの日々です。

*1:小説は、やはり紙の本で読むのが好きです。内容が分かればいい、というわけにもいかないですね。広い範囲が目にはいるとか、あちこちのページを拾い読みできるとか、挿絵があるとかに加え、手触りとか、匂いとかも重要です。
 

|

« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer 更新 V100_0 | トップページ | 血圧の変遷、やはり塩分の影響か »

PDA」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

電子機器、電子機器小物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62388663

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら、ソニーの電子ブックリーダを購入した:

« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer 更新 V100_0 | トップページ | 血圧の変遷、やはり塩分の影響か »