« Python:青空文庫を読むスクリプト PyBunko を見つけた | トップページ | Nokia 旧機種とネットワークのテスト »

2015年10月15日 (木)

随分と久しぶりに、二千円札を手に入れた

2015-10-15(木)晴れ、のち曇り

 かつて存在したが (いや、いまもあるんだけど)、全然目にもしなければ話にも聞かないものの一つに、二千円札があります。たしかに、かつて存在して何回かは目にしたのですが、ここ何十年?かは、目にしたことも耳で聞いたこともありませんでした。この分では、小学生とか中学生あたり、ひょっとしたら高校生だと二千円札のことなど知らないかも、、などと思ってしまいます。
「おかあさん、あのお札はどこへいったんでしょうね」とか、つぶやいてみたりして、、、。

 先日、ギター合奏フェスティバルに参加したときに、二千円札を持ってきた方がいました。その方は、もう一枚持っているとのことだったので交換して貰いました。

Dscn1992a_2

 私の知る限りでは、人物画像のない唯一のお札です。いつかは使ってしまうのでしょうが、とりあえずは、存在しているという証拠に一枚を保管しておくことにします。タンス預金の一部でしょうかね。
 

|

« Python:青空文庫を読むスクリプト PyBunko を見つけた | トップページ | Nokia 旧機種とネットワークのテスト »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62478555

この記事へのトラックバック一覧です: 随分と久しぶりに、二千円札を手に入れた:

« Python:青空文庫を読むスクリプト PyBunko を見つけた | トップページ | Nokia 旧機種とネットワークのテスト »