« 算盤の本を借りてきた その2 | トップページ | ここのところ、不審な電話が少ない »

2015年10月28日 (水)

マイナンバーについては勉強が必要かな

2015-10-28(水)晴れ

 マイナンバーについては勉強不足で、詳細を良く理解していません。とはいえ、世の中の多くの人は、私と同じような方が多いのではないかと思っています。色々なところで、不安をあおり立てる割には、情報が少ないような気がします。説明会とか勉強会に行かないといけないのかな(やっているのかどうか分からないが、、)。

 マイナンバーを他人に知られると、その人の人生が終わり (というのは大げさだが) みたいな、あるいはとんでもないことが起きますよ的に、不安を起こさせる情報しか受けていません。その割には、ナンバーを会社に提出とか、何かの折には見せないといけない、カードを持ち歩けとか、なんとなく矛盾している話しに聞こえるわけです。

 よく分からないのは、他人に知られたら何が起きるのかが、よく説明されていないように思います。周知徹底されていないと感じるわけです。
 ナンバーは色々なものに紐つけられるので、ナンバーを知られると、それだけで預金や年金が他人に引き出されてしまうように思う人も多いかもしれません(そんなのお前だけだと言われちゃうかな)。本当に、ナンバーを見られただけで、そんなことが起きるのですか?と言いたくなるわけです。その位、不安をあおり立てるような言い方しか聞こえてきません。まあ、IDカードだから、大切に管理しないといけないのは確かですが、、。

 口の悪い友人は、マイナンバー制度を始める側が、後で責任逃れをし易くするために不安をあおり立てているのではないかと言っています。
 それに、いままで、実に様々な番号が作成、割り振りされていますよね。なんで、一つで出来ないのかなと思うこともあります。それについては、番号を作る度に仕事が増えて、天下り先が増えるからだろうと、皮肉を言っていました。
 今回は、若干、斜に構えた見方の内容になってしまいました。

|

« 算盤の本を借りてきた その2 | トップページ | ここのところ、不審な電話が少ない »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62567685

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバーについては勉強が必要かな:

« 算盤の本を借りてきた その2 | トップページ | ここのところ、不審な電話が少ない »