« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

石和温泉、1日め

2015-10-31(土)曇り(秦野)、曇り、のち晴れ(石和温泉)
                                   (帰宅後、後日のアップです)

 今日は同級会に参加のため、石和温泉に来ました。若干、天候が心配な朝の状態でしたが、幸い午後からは晴れてきました。友人の車に同乗して昼頃に着きましたが、宴会は夜です。チェックインの時間までどこか見学を、、と思ったのですが、道路も混んでいたりして時間との相談では、なかなか良さそうなところが見あたりません。

 まずは昼食で腹ごしらえです。何を食べようかと思案しながら車を走らせていると、やはり「ほうとう」の文字が目につきます。

Dscf0344a (ほうとうで昼食です)

 まあ、無難なところでしょう。ゆっくり休憩できましたし、若干、寒くなってきているので、あたたかい「ほうとう」は、とてもおいしかったです。

 さて、昼食時に、お店に並べてあった旅行ガイド雑誌をみて、次は、山梨県立科学館とか山梨県立愛宕山こども園に行ってみることにしました。
 愛宕山とついているだけあって、丘というか若干の山の上にあります。

Dscf0346a

 科学館の建物の一番上には天文観測などの催しをしたりする天文台設備があります。降りてくるときにドームが開いて太陽の方向に向いたので、太陽観測クラスの開催の時刻だったようです。

Dscf0350a

 山の上の建物の天辺なので展望台にもなっています。石和の街が一望できます。雲がなければ、正面には富士山が見えるはず(案内板の図ではそうなっていた)ですが、この雲では見えませんでした。

 隣の、子どもの国の方は子どもで賑わっているようでしたが、そちらには行かずホテルへ向かいました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

明日は同級会、楽しみです

2015-10-30(金)曇り/晴れ

 明日は、同級会です。長野県時代の同級会なので、今までは長野県でやっていましたが、今回は山梨県、石和温泉での開催です。何となく、中央本線のほうが便利なメンバーが多いので、松本とか諏訪でやっていましたが、目先を変えて甲府近辺で、、となりました。
 頻繁に会っているメンバーもいますが、久しぶりのメンバーもいるので楽しみです。常時出席だったメンバーも、既に2名欠けてしまいました。そろそろ、会えるときには、どんどん会っておいた方が良いという年代になってきました。
 多分、明日はブログアップの余裕はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

ここのところ、不審な電話が少ない

2015-10-29(木)小雨/曇り/晴れ

 ここのところ、不審な電話が少ない気がします。暫く前は、山谷はありますが、結構不審な電話があったような気がします。一応、個人の携帯電話番号(フリーダイアル番号や非通知ではない)からの電話ですが、こちらからの応答を一呼吸遅らせても、向こうから名乗ることもありません。そして、もしもしと応答すると切れてしまいます。どんな人が出たのかを伺っている感じもします。そんな日は、市の防災無線放送で、不審な電話、振り込め詐欺の電話が多くかかっていますと、注意の放送があります。

 ここのところ、そういう電話や放送がありません。で、考えたのですが、今はマイナンバー関連の詐欺をしようと、発送が始まった地域へでの活動が多いのではないでしょうか。当地では、まだ発送されていないみたいなので、詐欺グループの活動対象地域ではないのでしょう。いずれ、発送が始まったら不審な電話や訪問が増えるのでしょうか。

 ちなみに、マイナンバー関連で、どんな詐欺が出来るのか思いつかないのですが、彼らはアイデアマンというか、発想が豊かなんですね。その能力を、通常の方向に活用すれば、結構なことが出来そうな気もしますが、こんな考えは甘いのでしょうか。
 放送のない静かな日は、そんなことを考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

マイナンバーについては勉強が必要かな

2015-10-28(水)晴れ

 マイナンバーについては勉強不足で、詳細を良く理解していません。とはいえ、世の中の多くの人は、私と同じような方が多いのではないかと思っています。色々なところで、不安をあおり立てる割には、情報が少ないような気がします。説明会とか勉強会に行かないといけないのかな(やっているのかどうか分からないが、、)。

 マイナンバーを他人に知られると、その人の人生が終わり (というのは大げさだが) みたいな、あるいはとんでもないことが起きますよ的に、不安を起こさせる情報しか受けていません。その割には、ナンバーを会社に提出とか、何かの折には見せないといけない、カードを持ち歩けとか、なんとなく矛盾している話しに聞こえるわけです。

 よく分からないのは、他人に知られたら何が起きるのかが、よく説明されていないように思います。周知徹底されていないと感じるわけです。
 ナンバーは色々なものに紐つけられるので、ナンバーを知られると、それだけで預金や年金が他人に引き出されてしまうように思う人も多いかもしれません(そんなのお前だけだと言われちゃうかな)。本当に、ナンバーを見られただけで、そんなことが起きるのですか?と言いたくなるわけです。その位、不安をあおり立てるような言い方しか聞こえてきません。まあ、IDカードだから、大切に管理しないといけないのは確かですが、、。

 口の悪い友人は、マイナンバー制度を始める側が、後で責任逃れをし易くするために不安をあおり立てているのではないかと言っています。
 それに、いままで、実に様々な番号が作成、割り振りされていますよね。なんで、一つで出来ないのかなと思うこともあります。それについては、番号を作る度に仕事が増えて、天下り先が増えるからだろうと、皮肉を言っていました。
 今回は、若干、斜に構えた見方の内容になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

算盤の本を借りてきた その2

2015-10-27(火)晴れ

 ついでに公民館図書室へ寄って、2冊目の算盤の本を借りてきました。図書館にある入門編の本は、この2冊だけのようでした。

Dscn2012a_2

 教えてくれる計算方法は同じですが、説明の仕方とか説明の範囲に違いがあったりして参考になります。
 多く使われている方法は、掛け算や割り算の場合、答の1の位と算盤の定位点が無関係な方法みたいですね。これは、計算途中の答の置数が楽ですが、答の位取りに迷います。どうも私の場合は、完全筆算方式で答の1の位を定位点に固定する方が分かりやすい気がしました。とはいえ、まずは本のとおりに練習してみる予定です。
 それにしても、紙に書いて筆算する方が断然速いのが情けない、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

算盤の本を借りてきた

2015-10-27(火)晴れ

 先日、算盤を使い始めたと書きました。足し算、引き算は問題ありませんが、掛け算、割り算のやり方の記憶があいまいです。学校で習ったり、兄の見よう見まねで練習しましたが、幼い頃ですから、掛け算、割り算は余りやりませんでした。
 ということで、図書館で探したら、、、あるんですね、算盤入門の本が、。とりあえず、図書館にあった一冊を借りてきました。他の本は公民館図書室に出て行っているので、時間があるときに借りてこようと思います。

Dscn2010a

 以前、図書館のリサイクル本で入手した計算尺の本のように、何十年も前の本かと思ったら2004年に出た本でした。やはり、今でも使われたり、教育に使われたりしているんですね。WEBでみたら、検定も行われているし、、。
 とりあえず、出納帳記入には活用してみようと思います(HP200LXのpocket quickenに入力すると、帳尻が合うかどうかで数値チェックが出来るので、ちょうどいいかなと思います)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

消防団フェスティバル

2015-10-25(日)晴れ

 午後になってから図書館へ出かけたら、カルチャーパークの駐車場が満杯です。良く見たら、文化会館横で「消防団」フェスティバルをやっていました。消防車が沢山来ていましたし、あと、クレーン車が子どもを乗せる体験会をやっていました。最近、消防署員になる希望者が少ないとか言う話しもあり、身近に感じて貰おうという事ではないかな。

Dscn2005a_2 (クレーン車、かなり高い)

Dscn2007a

 降りてきてから見たら、子どもが乗っていました。腰にベルトを巻いて、命綱みたいなのを付けていました。あの高さまで上がると、結構怖いかも、、。私には無理ですね。

Dscn2008a

 煙体験ゾーンです。今は出ているのが少ないですが、先ほどはもう少し白く出ていました。

Dscn2009a

 ガルウイング(?)のトラックは簡易な舞台設定には最適なようですね。市内にある大手物流会社のトラックを借りたようでした。今は舞台の時間ではなかったので、残念ながら何もやっていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

昔ながらの寒暖計

2015-10-24(土)晴れ

 先日から時々、古いものの話題が出てきます(先日は算盤でした)。今回は寒暖計(温度計)です。先日、部屋の中に吊り下げておいて室温を見るために温度計(寒暖計)を買いました。

Dscn1998a

 何となく、小学校の教室に吊り下げてあったようなデザインです。懐かしいので、これを買ってきました。箱から出してみて、ビックリしました。デザインだけでなく、台が昔のように木でできていました。

Dscn1997a (裏側)

 今時だからプラスティックかなと思っていましたが、期待は良い方にはずれました。木でできていると、昔ながらの手触りで、何となくほっとします。こういうのって、まだまだ残っているんですね。

 ちょっと、ビックリすると共に、少し嬉しい感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

Nokia 705NKなどが、平成27年12月1日以後も使えることになったようだ

2015-10-23(金)曇り/晴れ

 Nokia 携帯電話 705NK、X01NK、X02NKが、平成27年12月1日以後も使えることになったようです。SBMのお知らせが10月22日付で修正され、使えなくなる機種のリストから 705NK、X01NK、X02NKが削除されました。

  「ノキア製一部機種をご利用のお客さまへ ご利用に関する大切なご案内

   Nokia_phone02a

 SBM等から発売されたNokia機種が、平成27年12月1日以後は使えなくなるという、携帯電話会社からの連絡については、過去の色々な記事を書いてきました。今回の結果、私の場合は、現在SBM回線の登録機種になっているものは、当面問題がなくなりました(705NK、X02NK)。

 なぜ、ここへ来て修正されたのか、、推測ですが、例えば下記の記事のような問い合わせが多くあったからだろうとおもいます。下記の記事の時には、根拠の条文まで問い合わせてしまいました。
  「Mokia携帯電話の使用終了時期 その2

 どんぶり勘定で機種をひっくるめて処理しようとしていたが、多くの人が地道に問い合わせた結果、まずいなと感じて修正したというところではないでしょうか。それに、705NKは、もともと新基準で合格していますし、、。
あと、旧基準合格機種も既に使っているものは、ずっと使えるようにも、総務省のWEBでは読み取れるのですが、こちらはどうなんでしょうね。

 12月以降、回線がどうなるのか興味があって変更しないでいましたが、確認できなくなりましたね。あとは、さらに過去に購入した、旧機種を使おうとしたらどうなるかは興味があります。
 とりあえず私の場合は、SBM回線の登録機種の変更をしなくても良くなったと思われます。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

そろばんは、まだ実用に使用されているだろうか 続き

2015-10-22(木)晴れ

 2~3日前に「そろばんは、まだ実用に使用されているだろうか」という記事で、今でも算盤が売られていてビックリしたことを書きました。その記事に、まだ使っていますよというコメントを戴きました。私たちのような、算盤を使うような世の中で育った世代は、まだまだ使うことがあるのでしょう。
 ということで、私もとりだしてきて使うことにしました。

Dscn2001a  
 まだ、買ったときの箱ごと保存していました。玉の滑りも、問題ない状態でした。

Dscn2002a  
 35~40年近く前に購入したはずで、結構な価格のものを購入したみたいです。当時、凄く上手になろうと、力を入れて購入したのかな。たしか、電子回路の設計を、計算尺と算盤で行ったような気がします。仕事のメインは論理設計(1、0、アンド、オアなどで設計)で回路の設計はちょっとだけでしたから、そんなやり方でも、あまり困らなかった気がします。

 今後は、出納帳記入時の、ちょっとした計算に算盤を使うことにします。それで、まずはテストをおこなってみました。1から10までの加算、1から30までの加算などを行ってみましたが、とりあえず答は合っていました。検算が暗算で出来る程度の計算でのテストで、若干情けないですが、、。
 掛け算、割り算も行ってみました。時間はかかりますが、一応答えは出て、結果はあっていました。こちらの検算は電卓を使いました。

 私の場合は速さ、簡便さを求めれば電卓になりますが、今後は算盤も使うようにしたいと思います。算盤なら、一桁どうしとはいえ、かならず加減乗除を暗算することになりますから惚け防止に役立つかもしれません。現状では、速度よりそちらが大事かなと思う、この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

移動型Pythonサイトのデータを出来る限り収集した

2015-10-21(水)晴れ/曇り

 昨日、 移動型Pythonのサイトが無くなったと書きました。このサイトは、Pythonfor S60のライブラリリファレンスが日本語化されて記述されていたので、非常に重宝していました。それが、全くなくなってしまい参考に出来ないのは、私としては非常に残念です。
 ということで、とりあえず、自分が参考にするために、、と、出来る限り、データを集めました。移動型Pythonサイト名、Pys60、ライブラリ名などのアンドで検索をかけて、キャッシュに残っているものをダウンロードしました。

 49項目中ダウンロードできたものが35、キャッシュに残っていないのが14でした。
14のうち8項目は、余り使いそうもないライブラリで、あれば嬉しかったのが6項目でした。自分で補完するほどの情熱はないので、英語版マニュアルの画像を貼り付けてしのごうかなとか考えています。

 Nokia携帯電話や、そのアクセサリーを追っかけていたときに言っていた言葉ですが、WEB上の情報やアプリなども、「見つけたときに確保しておく」が鉄則だなと、改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

移動型Pythonのサイトが無くなった

2015-10-20(火)曇り/晴れ

 Nokia携帯電話のPythonアプリを作成するときに利用させていただいていた下記サイトが無くなってしまいました。
 「移動型Python」 mp.unoji.com/

Python_unoji(昔の画像) 

 上記サイトは、Python for S60 のライブラリリファレンスが日本語化されていました。WEBサイトになっていましたから、何処からでも利用できて、大いに利用させていただいていました。つい、先日まであったのですが、今日アクセスしたら、WEBサイトが無くなっていました。別のURLに引っ越したなら、暫くは、そういう表示を残すと思うのですが、まったくURL無しの状態になったので、少し心配です(WEBサイトを閉じざるを得ない健康問題などとか、、)。あるいは、仕事が忙しくなったので、WEBサイトをやめたとかでしょうか。

 実は暫く前から、若干心配していたことがあります。PyBunko.pyのソースの件で、WEBサイトのメールアドレスからメールしていたのですが、返信が無かったのです。以前は、直ぐに返信を戴いたのですが。 
 先日使わせていただいたPythonスクリプト「PyBunko.py」はオリジナルソースを持っていなかったので、googleのキャッシュからコピーしました。

 ということで、かなり気に掛かっています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

そろばんは、まだ実用に使用されているだろうか

2015-10-19(月)晴れ

 ちょっとビックリしました。算盤って、まだ実用されているのでしょうか。

 今日、糊を買おうと文房具売り場に行って探しているときに、算盤が売られているのに気がつきました。

Dscn1995a

 算盤も、教育的見地から教えることもあるかも、、とは思っていました。でも、ここにあったのは、小学校で教えるのに使いそうなものというよりは普通の、27桁の(昔使っていたような実用の)ものが多く置いてありました。
 今では、実用場面では電卓ばかりと思っていたのですが、まだまだ実際に使用されているのでしょうか。
 ふ~む、と唸りながら帰ってきました。因みに、私も算盤は2つ持っていますが、ん十年間、机の中に眠ったままです。多分、今後も使われることはなさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

水無川の風景

2015-10-18(日)晴れ

 図書館へ出かける事にしましたが、カルチャーパーク(運動公園、文化会館、図書館などのあるところ)の駐車場が満杯で入れないと困るし、健康のために歩くかなと、歩いて図書館へ行きました。晴れていて、歩きやすい日でした。

Dscn1994a

 途中の水無川風景ですが、ちょっと雨が降らないと干上がっています。川の両脇の散歩道は、歩いたりジョギングしたりしている方が大勢いました。

 ただ、残念なのは、この散歩道は自転車禁止なのですが、サイクリングロードみたいに考えて自転車を走らせている人がいて困ります。後ろから来て、脇をすり抜けられると本当に怖い思いをします。
 グジュグジュと腹の中で色々文句をいいながら帰ってきました。歩いて身体の方はすっきりしましたが、心の方がすっきりしない散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

秋か、「何々の秋」の季節だなあ

2015-10-17(土)雨、のち晴れ/曇り

 すっかりと秋です。良く晴れた日でも暑いということもなく、少し風があれば、というか空気が動いていれば爽やかな日が多いようです。だから、「何々の秋」にふさわしく、カルチャーパークでは色々な催しがあります。
 図書館に行こうと思って車で行ったら、駐車場の入口には赤い三角帽子が置いてあって係員がいます。専用になっていて入場不可かなと思ったら、そうではなく満杯になるので誘導していました。空きがでると入れて誘導していました。多分、行事があること、バスなども来ることから誘導しているのでしょう。いくつも大きな駐車場があるのですが、結構満杯でした。
 文化会館では高校?の校歌祭とかをやっていました。随分と人が集まっていましたが、どういう内容なのでしょうか。体育館ではバスケットボールとか、そういう関係の催しがあるらしく、中学生くらいの生徒が大勢、ワイワイと賑やかでした。
 あちこちと覗いてみようかとも思ったのですが、図書館の席が埋まらないうちに、、と、そのまま図書館へ行くことにしました。穏やかな秋の日で、暑くも寒くもないので、図書館で書き物や読書をしても落ち着いて行うことが出来ます。
 帰りがけには、沢山の本を借りてきました。秋の夜長は家で読書の秋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

Nokia 旧機種とネットワークのテスト

2015-10-16(金)曇り/雨

 大分前に出た Nokia 7600 日本語版(S40 機種)などは、最近は全然触っていませんでした。今でも、ちゃんと使えるのかなと思ってテストしました。というのは、古い機種はdocomoネットワークでは使えない、とかいう話しも聞いたからです。

Dscn1986a

左:7600中国語版 中:7600日本語版 右:6650 です。

 SIMとネットワークと機種の組み合わせでは動かないケースがありました。

テスト結果まとめ                             

テスト環境 テスト機種
SIM 使用
      ネットワーク
7600
      日本語版
7600
      中国語版
6650
HongKong  
      「3」のSIM
docomo × ×
HongKong
      「3」のSIM
SoftBank (○) (×)
SBM
      
SoftBank (○) ×

 ○:動く
 ×:動かない。ネットワーク検出不可、または検出しそうだが再起動を繰り返す。
 (○):未テストだが、他から推測して動くと思われる。
 (×):未テストだが、他から推測して動かないと思われる。

 docomoのネットワークよりは、SBMのネットワークの方が動くケースが多いような気がします。7600日本語版などは面白い機種ですし、今のうちにもっと使おうかなとか考えています。
 段々、動かなくなるのでしょうが、動かなくなった機種はどうしようかな。過去の記憶として保存するほどのマニアでもないし、、。
 そんなことを思いながらテストしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

随分と久しぶりに、二千円札を手に入れた

2015-10-15(木)晴れ、のち曇り

 かつて存在したが (いや、いまもあるんだけど)、全然目にもしなければ話にも聞かないものの一つに、二千円札があります。たしかに、かつて存在して何回かは目にしたのですが、ここ何十年?かは、目にしたことも耳で聞いたこともありませんでした。この分では、小学生とか中学生あたり、ひょっとしたら高校生だと二千円札のことなど知らないかも、、などと思ってしまいます。
「おかあさん、あのお札はどこへいったんでしょうね」とか、つぶやいてみたりして、、、。

 先日、ギター合奏フェスティバルに参加したときに、二千円札を持ってきた方がいました。その方は、もう一枚持っているとのことだったので交換して貰いました。

Dscn1992a_2

 私の知る限りでは、人物画像のない唯一のお札です。いつかは使ってしまうのでしょうが、とりあえずは、存在しているという証拠に一枚を保管しておくことにします。タンス預金の一部でしょうかね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

Python:青空文庫を読むスクリプト PyBunko を見つけた

2015-10-14(水)晴れ/曇り

 小説テキストファイルを読むためにPyBookシリーズを作成したり、ソニーのブックリーダを購入したりしていましたが、その間に、ちょっと面白いスクリプトを見つけました。それは、青空文庫を読むためのスクリプトです。Pythonスクリプトの記法の参考書として、いつもお世話になっている「移動型Python」サイトに載っていました。オリジナルの詳細やスクリーンショットなどは下記を見ていただくことにします。

 移動型Python アプリケーションページ

 さて、何が一番興味深いかというと、通常のフォントで縦書き表示が行われているということです。私のPyBookViewer(PyBookViewerの先日の記事)は、普通にテキスト表示しますので横書きになります。それを、90度左回転処理したフォントを使うことで、(無理矢理)縦書きに見せています。弱点は、機種によってはシステムフォントにしないと使用できないので、他のアプリやメニューでも文字が回転して表示されます。

 PyBunkoは普通のフォントを使い、1文字ずつ表示場所を決めて表示させて、縦に配置してゆきます。これで、縦書きに見せています。なかなか、凄いアイデアだと思いました。

Scym0384a  Scym0385a
(左)PyBookViewer        (右)PyBunko

上図は、両方ともノーマルフォントの場合です。
PyBunkoは通常のフォントを使用しますから、フォントを細工したり、システムフォントを入れ換えたりとかの手間が要らず簡単です。

 さて、私のメインの対象は青空文庫ではないので、このままでは使えませんでした。まあ、対象が違うのですから仕方がないのですが、なんとも残念です。ということで、自分のデータで動くようにしたらどうかなるか、試してみました。自分用にソースを改変してみることについては、作者の方にメール中です。

 いつもの、スクリプトを弄る方が目的になってしまう悪い癖が出て、改変内容は 以下のようになりました。
----------------------------------------------------
(1)青空文庫以外の一般テキストファイルも対象にした。
(2)余分に改行されることがあるのを対策した。
(3)文字コードをShift-jisのみでなく、Shift-JIS/UTF-8/UTF-16対応にした。
(4)文字コードを自動判定するようにした。
(5)設定ファイルでデフォルト値を変えられるようにした。
  (フォント、対象ディレクトリ、画面下部のマージン、青空文庫ファイルの
   ルビ削除有無)
(6)Python2.0.0で、タッチ操作を可能にした。
(7)処理内部コードをunicodeのみにした。 
(8)回転表示させる記号を追加した(『』、・・・ など)。
(9)ブックマークがない場合、ブックマークDBを削除する(肥大化防止)。
(10)ページ番号でのジャンプ機能を追加した。
(11)ファイル終端に【文書終】を表示するようにした。
(12)検索機能を追加した(検索、次を検索、すべて検索、すべて検索再)。
-----------------------------------------------------
 こうやってみると、かなりの改変になりました。テキスト表示画面は上の画像のとおりですが、他のスクリーンショットも載せてみます。

Scym0386a  Scym0387a

(左)メニュー画面です。文字コードは自動判定にしましたが、いざというときに文字コードを固定出来るようにしています。
(右)検索 → すべて検索 で、各々の節の題名の頭にある■を検索したところです。目次代わりに使えますし、選択したところにジャンプする事が出来ます。

 これで、自分が対象にしていた小説ファイルを読むことが出来ます。現状では、あくまで自分のファイル用のテストという位置づけなので、ソースは掲載できません。
 実際に本を読むよりも改造ばかりです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

運動公園の変化、木が少なくなった

2015-10-13(火)晴れ

 最近は、運動公園の中を歩くのが少なくなっています。歩くのも、家から直接駅方面に歩いたりしますし、図書館へ行っても、運動公園内を歩かず、そのまま車で出てきたりするからです。昨日のことですが、久しぶりに歩いてみたら、随分と変わっています。

 1年くらい前?から、運動公園内は随分と改造工事を続けています。市にお金が一杯あるのか、地方公共工事でお金を回すと、いいことがあるのかは知らないのですが、とにかく、あちこちを弄っています。
 まあ、運動公園も使いやすくなるのなら良いのですが、一つ残念なのは、夏の木陰が無くなってしまったことです。

Dscn1988a (運動公園中央広場)

 乙女三人の像の噴水があるところですが、大きな木も小さな木も、花の木もすっかり切り倒されてしまいました。なんか、無機質な広場になりそうです。多分、芝生は植えられるのでしょうが、真夏は暑苦しくなりそうです。

Dscn1990a (中央広場からプール付近)

 右の方はプールです。以前は、大きな木が沢山あって、プールサイドにも外にも木陰が豊富にありました。泳いだり、疲れたら木陰で休んだり、出てきた後は外の木陰でおやつを食べたりしたのですが、まるっきり何もなくなってしまいましたね。

 どんな風になるのかなあ。陸上競技場の周りの例を見ると、大きな木を切り倒した後は芝生になっているから、こちらも芝生エリアが多くなりそうです。ただ、木陰がないから、暑苦しくはなりそうですが、、。

 そんなことを考えながら散歩してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

先生の想像力は?

2015-10-12(月)

 先日の新聞だったか、関西の中学の運動会で10段の人間ピラミッドで怪我をしたという記事がありました。今朝は、それに関して、「やはり10段の人間ピラミッドは無理ではないか、怪我の恐れが大きすぎるのでは」 という投書記事がありました。
 私も、以前の記事のときにもそうですが、やはり無理があるよなあと思っています。そこの学校の先生方や校長先生には想像力や、考えてみようする気持ちがなかったのでは?、、と思ってしまいました。
 私の知っている人間ピラミッドは、四つんばいになって、一番上が1人、その下が2人、さらに下が3人、、というものです。10段という事は全部で55人です。(下から数えて)2段目から一番上の10段目までが45人、それを1段目の10人で支えます。
 平均で計算すると、中学生一人が40Kgとすると

40Kg * 45人 = 1800Kg
1段目の一人あたり 1800Kg  ÷ 10人 = 180Kg/人

です。実際は、両端の2人は若干少なく、その分、なか側の生徒の負担が大きくなります。
 これは、中学生一人の上に、たとえば白鳳関とか、むかしならジェシー高見山関が載るようなものです。工業系の授業を受けた頭だと、直ぐにこういう計算だけはしてしまいます。材料とか構造の強度を考えるみたいなかんじです。生身の人間だと物のようにはいきませんが、少なくとも重さによる加重については同じです。

 しかも、一人の上に一人が乗るならバランスも取りやすいけど、大勢だとバランスも難しくなります。そして、崩れたときは、上からの落下の力も含めて最下段の生徒に襲いかかります。そこの先生方は、こういう事を考えた上で、しかも自分の息子(成長途上の中学生)でも、そんなことをやらせたいと思ったのでしょうか。
 実際は、上のような計算も、成長途上の中学生の上に大きなお相撲さんがのるような想像も出来なかったのでは無いでしょうか。
 辛口な、というか意地悪な見方かもしれませんが、私はそう思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の散歩での風景

2015-10-12(月)晴れ

 最近は、朝起きたら庭でラジオ体操をしてから20分の散歩に出かけます。本当は30分くらい歩けばいいのですが、朝食が遅くなるので20分くらいで帰ってきます。もう少し早く起きればいいのでは、、?というのはなしですよ。無理して早く起きるのと、歩くことのどちらが身体にいいか、、よく分からないからです。
 朝歩くのは、朝食が食べやすくなるのと、色々な予定に乱されずに毎日歩けるから便利です。あと、もう一つ、朝日の当たる日だまりに、子猫がたむろしている場所があって、見るのが楽しみということもあります。最初は、直ぐに逃げられてしまいましたが、最近は、逃げようか/どうしようかと、びくびくしながらも逃げなくなったので色々話しかけてから、散歩の続きをします。写真を撮るのは、まだ難しそうです(カメラを出す動作で逃げられそう、、)。そんなことで、毎日歩いています。
 今朝は風景写真を何枚か写しました。

Dscn1981a (南方向)

 良い天気で晴れているのですが、頭の上から西側は雲一つ無い晴れですが、東側は雲があります。境目が、定規で線を引いて分けたようにくっきりと分かれています。

Dscn1982a (北方向)
 さすがに、まだ人通りとか車は少ないです。

Dscn1984a

 雲の写真を撮っている時の背中側の風景です。以前は昔からの大きな敷地の家が何軒かあって、木も多い涼しげな風景でしたが、全部更地になり、小さく切って宅地として売り出されています。すっかり木々が無くなりました。
 色々な風景を見ながら、毎朝歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

「第27回ギター合奏フェスティバル」に行ってきた

2015-10-11(日)雨、のち曇り(秦野、東京)

 今朝は若干の雨模様で家から出るのが嫌でしたが、昨日の記事で書いた合奏フェスティバルに行ってきました。今回は演奏の順番が早かったので、朝早い出発でしたが、車への全員分ギターの積み込みを昨日のうちに行っておいたので、朝はスムーズに出発できました。

Dscn1976a (会場階の入口)

 演奏順番が早いので早い出発でしたが、その代わり、事前練習のリハーサル室への入場が、前の団体が出てくるのを待つ行列をする必要がなくて楽でした。自分たちの演奏が早く終わって、後が気が楽でしたし、、。
 演奏の出来は、、聴きに来てくれた以前のメンバーの評の通り、「後半の後半」にはいるまでは良かったが、そこからが、パート間でずれがあったりして、もたもたしてしまったようです。まあ、演奏しているときに、あっまずい、、とは分かっていましたけど、、。各人の音が綺麗なだけに、もたもた感が、勿体なかったと言われました。でも、止まることなく最後まで行って、きちんと締められたから良しとしましょう。
 そう言い合いながら、帰ってきました。とりあえず、今年の大きな行事の一つが終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

明日はギター合奏フェスティバル

2015-10-10(土)曇り

 いよいよ明日は、ギター合奏フェスティバルの日です。
ギター合奏フェスティバルの詳細をかいた以前の記事はこちらです。
 「ギター合奏フェスティバルが近づいてきました。

 その為、今日は最後の練習日でした。今日は先生の参加は無く、自分たちだけでやりました。まだ、うまく行かない不安なところもありますが、まあ、何とかなるでしょう(希望的観測)と言い合いながら帰ってきました。
 うまくいくといいなあ、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

ドクダミの出番の季節になってきた

2015-10-09(金)晴れ、のち曇り

 昨日でしたか、随分と寒くなってきたと書きましたが、いよいよドクダミの出番の季節になって来たようです。普段は、ところ構わず生えてくるので、裏庭のお邪魔虫みたいな草ですが、冬に近づくと、それなりに必要なものになります。即ち、薬草の一種としてです。
 夏前には、除草剤が効きすぎたのか生えていなくて心配しましたが、この草は、そんな心配は無用なほど強いようです。

Dscn1971a

 先日の草取りでも、裏庭の2カ所ほどは残しておきました。
 寒い時期には風邪気味というか、起きたときに鼻が詰まった感じで、すっきりしないことがあります。そんな時は、洗ったドクダミの葉を良く揉んで鼻に詰めておきます。15分もすれば、すっきりと通って楽になります。点鼻薬を買い置きするよりいいかなと、愛用しています。
 火で炙って使うと良いと書いてある本もあります。炙って揉んだものと、生で揉んだものを半分ずつ混ぜて使っても良さそうです。

 ここ2~3日、使っています。そんな季節になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

随分と寒く?なってきた

2015-10-08(木)晴れ

 随分と涼しくというか、寒くというか、気温が下がってきました。晴れた昼間はともかく、朝夕は、上に一枚上着を着ていても寒く感じるほどになりました。夜の虫の声も、聞こえなくなりました。考えてみれば、いつの間にか10月も中旬に入ろうとしています。そんな時期なのでしょう。
 夕べは随分と寒く、晩秋に使う布団を掛けていましたが、少し寒く感じて、夜中に起き出して毛布を出してきて掛けました。朝も、布団から出るのが苦痛なほど寒く感じました。これから、一気に寒い時期に向かうのかなと、ちょっとびくびくとしています。暑いのも苦手だけど、寒いのはもっと苦手ですねえ。
 そんな季節になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

知らなかった、野菜炒めに卵をつかってみた

2015-10-07(水)晴れ

 レパートリーは広くないものの料理を作りますが、趣味で作るわけではありません。趣味ではなく、実用(生活のため)ですね。なので、あまりレシピをみたりWEBで調べて作るということはしません。見よう見まねとか、食べたときの記憶を元に似たような味にならないかとするわけです。
 しばしば作るものに野菜炒めがあります。私の野菜炒めは、街で食べるような、パリ、シャキシャキとした食感のものではなく、蒸してシナッっとなった感じに仕上げます。以前も書いたのですが、「野菜の蒸し煮」に近い感じです。見た感じも野菜がシナシナ、、という感じです。
これは、食べるとき、油が水気と一緒に下に落ちますし(内臓が油分に弱いので、、)、食べる野菜の量も多くできるので、私としては健康にも良いわけです。
 これを書きながらWEBを見たら、野菜炒めの記事は多いですね。千差万別、各自工夫を凝らしていると思いました。

 さて、ふとしたことから卵も使ってみました。どうなるかと思ったのですが、なかなかいけるので、それ以来は、毎回卵入りの野菜炒めになっています。

Dscn1964a (出来上がりの写真)

野菜:もやし、人参、玉ねぎ、ピーマン、ブナシメジ、ニラ、キャベツ ゴーヤ、など
豚肉(しゃぶしゃぶ用を若干)
油:サラダ油、(ごま油、最後にたらすときもある)
調味料:塩、(こしょう、使うときもある)、日本酒、鶏ガラスープの素、チキンコンソメの素
卵:1個

(1)豚肉をさっと炒めて取り置き
(2)野菜を炒めます。途中で若干(気持ちだけ)塩を振ります)。本当は、途中で塩を振らない方が良いらしいですが、私の場合は水分を出してシナッとさせるため入れます。野菜をかき混ぜるとき以外は蓋をしたりして、なるべく蒸す感じにします。
(3)シナッとなってきたら、鶏ガラスープの素、チキンコンソメの素をいれます。味付けです。日本酒も入れて混ぜます。
(4)(1)の豚肉を入れて混ぜます。
(5)混ぜたら、様子を見て、溶いた卵をかけて混ぜます。
(6)火を止め、蓋をして3~4分置きます。

 以前は、卵を入れないままで終わっていました。卵を入れないときは、最後にごま油をたらすこともありました。が、卵を入れたときは、ごま油を入れると味がくどくなるかもしれません。今のところは、ごま油とこしょうは使わないようにしています。

 考えなくても作れるし、野菜が沢山食べられるし、重宝している料理ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

電子ブックリーダの画面カバーを購入した

2015-10-05(月)晴れ/曇り、寒い

 先日購入したソニーの電子ブックリーダは、青空文庫のテキストデータを入れて試用してみています。携帯電話やPCに比べると画面は見やすいし、まあ、持ち歩きも出来るから便利かなとは思います。ただし、紙の本があるときは、そちらを優先してしまいます。紙の本の方が読みやすいと思うのは、年代のせいでしょうか。

 持ち歩くときには、何らか画面を保護するカバーが必要です。結局、純正アクセサリーの画面カバーを購入してしまいました。

Dscn1970a

 本体が税込み、送料込みで7,800円なのに、カバーが税込み、送料込みとはいえ3,200円というのは、少し納得がいきませんが、、。何となく、メーカーの販売戦略にのせられているような気がします。でも、さすがに純正だけあって、ピッタリとつきますし、かさばらないし便利ではあります。買う前に、色々な方法、色々なもので代替を試したのですが、どれも今一で、結局純正品を購入したというわけです。
 携帯電話などに比べて、電子ブックリーダで良いと思う点は、画面の見やすさと電池の心配が要らないことです。さて、どの位活用するのかな、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

ニュース映画を思い出す声

2015-10-05(月)曇り/寒い

 今日は二ヶ月毎、定例のミニ兄弟会の飲み会に行ってきました。毎回、実施したと書いているのですが、先日書いたばっかり、、二ヶ月が早いものだなと思うのは、年をとったせいでしょうか。そして、年のことを考えながらバスに乗っていたせいか、古いニュース映画のことを思い出しました。そのきっかけの一つが、実はバスのアナウンスの声でした。

 暫く前から、バスの自動音声アナウンスの内容が増えました。以前からあるバス停名称とかその他案内などの声は女性の声で、以前なら行き先毎に作られたテープで行われていました。乗り降りの時の注意などは、今までは運転手が行っていましたが、その中で2つが自動音声になりました。「バスが止まるまで、そのままでお待ちください」、「発車します、ご注意ください」の2つです。このアナウンスの声は男性の声です。滑らかで聞きやすい(うっかりすると聞き逃す)という声ではなく、かつ聞き苦しい声ではない少し粗目のあるテノールの少し低めで、非常に良く通る声なのです。

 これで思い出したのが、題名にあるニュース映画です。テレビも殆どない、ラジオだってみんなが聞く時代でなかった頃でしたが、そのとき映像のあるのが映画でしたから、大きな話題、人気のある話題(野球とか)などはニュース映画の画像になり、村々での映画会で映写されました。そのニュース映画のアナウンスの声が、こういう声だったのです。あるいは、NHKのスポーツなどの中継のアナウンスとか、それにピッタリの声というわけです。ですから、この声を聞くと、そういう画像、映像が浮かび上がってきます。野球だと長嶋あたりの映像でしょうかねえ。モノクロームの、動きの激しい画面が浮かんできます。

 古い話ではありますが、そんなことを考えながら、飲み会に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

今日もギターサークルの練習だった

2015-10-04(日)晴れ、夕方から曇り、雨

 今日は夜からは曇り、そして雨になりましたが、昼間は良い天気でした。良く晴れていましたが暑いほどではなく、空気も乾いていて過ごしやすい日でした。こんな日は、川沿いか山沿いを歩いて、駅前あたりのコーヒー店でゆっくりとしたい気分です。
 が、しかし、今日もギターサークルの合奏練習でした。次の日曜日が本番なので、9月と10月は、ほぼ毎週の練習になりました。まあ、普段練習していないから、こうなるわけですが、、。昼過ぎから夕方(それほど遅くまでやるわけではないですが)まで、休憩(お茶会、雑談会)を挟んで練習しました。良い練習と、(お茶会が)良い気晴らしになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

血圧の変遷、やはり塩分の影響か

2015-10-03(土)晴れ

 血圧は毎朝測っています。そして、Nokia携帯電話のアプリ「Wellness Diary」に入力して、グラフなどをながめています。夏から最近まで見ると、明らかに変遷の傾向が出ています。何故かなと考えたのですが、やはり塩分の影響が大きいのかなと思いました。

(1)夏の、暑かった時期  → まずまず低かった。
(2)暑さが減って、凄く涼しくなったころ → 大分上がった。
(3)涼しさが続いて落ち着いた最近 少し下がって安定した。

 (1)の暑かった頃は、じっとしていても一日に何度も着替えたくなったりシャワーを浴びたくなったりするほど汗をかきましたし、ましてや夕方の散歩では、シャツを絞るほどです。その分水分も補給しています。だから、塩分排出量も多くて、血圧も低めだったのではないかと思うのです。

(2)で急に涼しくなった直後は、汗が減って塩分排出が減ったからでは無いかと思います。

では、(3)で何故下がったのか。この辺が考えどころでした。で、思いついたのが食べるものと散歩量です。(2)の頃は、暑い頃の反動で何となく怠く、外食やスーパーの惣菜が増えました。よく行くドライブインは国道沿いで、来る客を考えると塩分をかなり濃くしてあるような気がします。また、売っている惣菜も、塩分、糖分、油分が多いですね。(3)になって、元気が戻ってからは家での料理が増えて、外食、スーパーの惣菜がへりましたし、散歩の量も増えました。塩分摂取が減って、散歩/ウオーキングでの汗が増えたことから、血圧も低め安定になったのだと思います。

 やはり食べ物、運動には気をつけないといけないなあ、、と携帯電話画面のグラフを見ながら思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

今更ながら、ソニーの電子ブックリーダを購入した

2015-10-02(金)未明は雨/風強い、曇り/晴れ

 携帯電話でWEB小説を読むためのPyBookシリーズを弄りながら、それとは別にソニーの電子ブックリーダを購入してみました。ブックストアの今後の事を考えると、Kobo、あるいはKindolかなとも思うのですが、敢えてソニーにしました。

Dscn1965a

 

理由は個人的な好みですが
  ・何となく美しい感じがする。
  ・多分、ブックストアで電子ブックを購入することはない。だから、製品だけで
   考えてもよい。
ということとか、キーがある点も好きな点です。さらに、安いのがあったので購入しました。
PCに色々なソフトをインストールしたくなかった(それと、ケーブル接続も面倒)ので、PCにはつながず単独で使って、小説データの入れ込みはWEB経由かMicroSD経由にしました。
 電子ブックは買わないので、入れるのはWEB小説のデータか、青空文庫のテキストデータです。

 まだ、試している段階ですが、携帯電話やPCなどの液晶画面と違って目には優しいですね。遅いといういう意見もありますが、本をめくるのと同じと考えれば気になりません。あと、私の携帯電話では画面が小さいのですが、こちらは大きいので目が楽です。
 予想と違ったのは、テキストデータも縦書き表示に出来るかなと思ったのですが、残念ながら横書き表示だけみたいです。あと、WEBからダウンロードすると、日本語ファイル名は表示できません。英数字、記号の表示になります。読むことは出来ます。日本語ファイル名で入れたい場合は、MicroSDに直接入れるのがいいようです。

 とりあえず、一番入れたかったのはWEB小説の「本好きの下剋上」でした。で、PyBookGetで400ファイルほどダウンロードして入れてみました(ダウンロードしながらマージできるので、ファイル数は少なくなる)。なかなかい感じです。
 でも、紙の本で出たのを最初に読む(*1)から、本当に必要なのかと言われると返事に困る状況ではありますが、、。
 そんな、本を読むためのツール弄りの日々です。

*1:小説は、やはり紙の本で読むのが好きです。内容が分かればいい、というわけにもいかないですね。広い範囲が目にはいるとか、あちこちのページを拾い読みできるとか、挿絵があるとかに加え、手触りとか、匂いとかも重要です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer 更新 V100_0

2015-10-01(木)
                   (文末にあるモジュールを差し替えました。2015010-02)

 小説データを読むためのツールPyBookシリーズを色々と作成、改造していますが、概ね最終版として、「PyBookViewer」の最新版を作成しました。
 以前の記事
   Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer
   Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer 更新 V001_1

 PyBookシリーズは、手探りの変遷を経ています(大げさですが)。

(1)PyBookOpener+ブラウザ で読む
(2))PyBookOpener+PyBookViewer で読む
(3)PyBookReader(上記(2)の2つを合体させたもの)で読む

 と移ってきました。しかし、(1)~(3)とも、2つのスクリプト/アプリで構成されるため操作がスマートでなかったり、機能が盛り込みにくかったりしました。そこで、PyBookViewer のファイル操作部分を機能アップして、単独で使っても使いやすいようにしました。
 今後は、PyBookViewer を使うこととして、PyBookOpenerとPyBookReaderの更新は行わないことにしました。

今回の変更は、ドキュメントの更新履歴でみると
------------------------------
 ・Python2.0.0で使用した場合、ファイル選択に同梱の PyFbuiutil.py を使用すると
  リスト表示までが遅い。このため、 PyFbuiutil.py を使用しないようにした。
  その代わり、ディレクトリは、設定での指定に固定になった。
 ・ブックマーク機能を追加した。(ファイル/ページ記憶可、自動/手動記憶、
  複数の小説ファイルのブックマークを記憶可能)
 ・メニュー項目を追加した。(Goto bookmark、Close book、Clear old bookmarks)
 ・メニュー画面のときはポートレート画面に戻すようにした。
 ・青空文庫のヘッダとルビの削除を追加した(設定ファイルでオン/オフ可)。
 ・設定ファイルにAUOTBOOKMARK、AOZORA項目を追加した。
 ・未使用のキー設定(ENTER、SELECT)を削除した(動作には関係なし)。
 ・画面表示用に変換した中間ファイルを保存し、2回目以降はそれを読み込むよう
  にした(読み込みの高速化)。
 ・読み込んだデータのデータバッファを「リストのリスト」から「リスト」に変更
  して動作を高速化した。
 ・句読点などの行頭禁止処理を入れた(前の行末に送る)。
 ・一時的にbvtファイル読み込みを禁止するメニューを設けた(ON/OFF bvt read)。
---------------------------------
 随分と、色々と変更、盛り込んできたなと自分でも思いますが、これで、一通りの機能になったと思います。
 読み込み高速化のために中間ファイルを保存するようにしたり、行頭禁則処理(行頭に句読点などが来る場合、前の行に送る処理)、そして複数の本を読み散らかすためのブックマーク複数化などは、単に凝ってみただけという気もしますが、、。
 あと、自分で便利なのは「Find All」機能です。PyBookGetでダウンロードした小説データは、節の題名に 「■」 を付けています。これを「Find All」で検索すると目次一覧として使用したり、節へのジャンプに使用できます。

Scym0379a
 本のデータを表示しているところです(今回はシステムフォントの関係で横表示のまま)。データダウンロード時に、節の題名に■を付けています。

Scym0380a
 FindメニューでFind All を使用します。

Scym0381a
 節の題名についている■を検索すると、節の題名が一覧表示されます。 ちょうど目次に相当します。選んでクリックすると、そこへジャンプするようになっています。

 PyBookシリーズも、ようやく一段落しました。

-------------------------------------------
 モジュール
   「PyBookViewer_100_0.zip」  モジュールを差し替えました。 2015-10-02
   「PyBookViewer_100_0.zip」   (メニューの一部が変わりました)

-------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nokia携帯電話の使用期限の件

2015-10-01(木)曇り/雨

 度々話題にしている題記の件ですが、また携帯電話会社からメールが来ました。

------------------------------------------------------------------------
ご使用中のノキア製携帯電話について

お客様がご使用中の705NKにおきまして、総務省が定める規則の改正(「無線設備のスプリアス発射強度の許容値に係る技術基準の改正」)に伴い、2015年12月1日(火)より全ての通話・通信がご利用いただけなくなります。

ご愛用いただいているお客さまにはご迷惑をおかけしますが、機種変更をご検討いただきますようお願い申し上げます。
-------------------------------------------------------------------------

 改めて良く見たら、葉書でもそうでしたが、文面はよく練られています。「改正により」、、ではなく、「改正に伴い」ですね。条文そのものに寄るのか、総務省の指導に寄るのか、どちらでも間違いではない文面です。総務省の指導によるものでも、そうは書けないから会社も大変ですね。
 仕事に使っている携帯電話ではないから、12月のどこかまで様子見です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »