« ギターサークル合宿練習、2日め | トップページ | テレビが若干、不調になってきた »

2015年9月14日 (月)

初めて茹で落花生を作ってみた

2015-09-14(月)曇り

 そろそろ、落花生の新豆が出回る頃になりました。新豆が出回り始めると、「茹で落花生(または(ゆで落花生)」の文字も見かける頻度が多くなります。茹で落花生とは、その字の通り茹でた落花生です。まあ、枝豆の落花生版です。当地に来るまでは、落花生というのは炒ってカリカリしたものにして食べるものだと思っていました。が、当地では収穫期に、新しいものを茹でて食べることもすると知りました。最近では保存技術が進んだから、年中可能ではあるようですが、やはり旬のものを食べるのが良いようです。
 生落花生は一般の落花生店でも売っていますが、近場で有名なのは農協系の「じばさんず」で沢山売っています。「じばさんず」は、じいさん、ばあさん、地場産、をもじって付けたと言われています(というか、私はそう思っています、農業は高齢化が進んでいるので、、。

 先日の合宿の時に、寄自然休養村管理センターの生産者直販の台みたいなところで生落花生とお米ををかいました。で、その生落花生を茹でてみました。全部1回にやって失敗すると痛いので、小分けにして第一回目の試行です。

Dscn1950a

 以前聞いたときに、30~40分くらい茹でると聞いたことがあったので、沸騰したお湯に入れてから、15分とか10分とかのタイマを掛けて、その時々に一粒食べてみて茹でました。枝豆なら、沸騰したお湯に入れて3~4分なのに長いなと思い、半信半疑でやっていました。結論を言うと、やはり35分くらい茹でたかな。茹でるときに塩を多めに入れておくと、塩味がついておいしいようです。
 あと、気をつけるのは、水の量です。結構長時間茹でるので、水が蒸発して減ります。最初、少なめの水を入れて茹でていたら、途中で水が無くなり、危うく空だきするところでした。途中で水を追加して茹でましたが、葉物を茹でるのとは違うので何とかなったようです。
 結果は、試行錯誤しながらにしては、、おいしく食べられました。ビールのつまみになりました。

|

« ギターサークル合宿練習、2日め | トップページ | テレビが若干、不調になってきた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62284926

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて茹で落花生を作ってみた:

« ギターサークル合宿練習、2日め | トップページ | テレビが若干、不調になってきた »