« [Python S60 2.0.0] Python終了に時間がかかる | トップページ | [Python S60 2.0.0] e32.ao_yield() の連続でダウンする »

2015年9月24日 (木)

HP200LX Cドライブのファイルが壊れた

2015-09-24(木)曇り

 常用しているHP200LXのCメモリのなかのファイルが壊れました。HP200LXには内部メモリ上に作成されたRAMディスクCと、フラッシュメモリカードのAドライブがあります。その、Cドライブの中の一部のファイルが壊れました。システムリセット(Ctl+Alt+Deleteキー)を実行すると、最初に走るメモリチェックでは異常がないのですが、システム立ち上げで若干文字化けが出て、しかも日本語表示が出来ません。
 HP200LXには色々なデータが入っていて、毎日のように使っているので慌てました。もちろん、予備機はあるし、データは毎回コピーをとっているので復元は出来るのですが、若干面倒だなと言う気持ちはぬぐえませんよね。

 さて、なぜ壊れたのかなと考えたのですが、電源関係かもしれません。使ったものか、そうでないのか分からない電池を入れて使っていました。で、今日電源を入れたときにBattery lowみたいな表示が出たみたいです。あまり、確認しないでESCキーを押してしまったので、正確には分かりません。バッテリーログで時間経過のグラフを見ると、通常の時より電圧の落ち方のカーブが急でした。動かなくなるほどの低電圧ではないのですが、瞬間的にはどうか分かりません。何かの動作の時に低すぎたのかもしれません。壊れていたのは日本語関連のJKITディレクトリでした。だから、日本語表示が出来なかったわけです。

 壊れていることが分かったファイルは削除も出来ません。とりあえず、ディレクトリはリネームして別の名前にして、新たに作成したディレクトリに、控えからファイルをコピーしたら動くようにはなりました。しかし、他にもどこかが壊れているかもしれないので気持ちが良くありません。

 ということで、ハードリセットをかけてCメモリをクリアしてからシステム再構築を行いました。ハードリセット時の立ち上げ用のメモリカードも作成してありましたし、Cメモリの内容も毎回フラッシュメモリカードに控えてあるので、比較的簡単に戻りました。とりあえずは、やれやれです。やはり、いざというときの準備はしておく方がよいですね。

 考えてみれば、HP200LXにはも20年前の機種ですし、販売が終わってからも15~16年以上にはなるかな。不具合が出ても仕方がないところではあります。しかし首折れとか物理的な故障は多いものの、電気的な部分では余り問題がなかったので少し慌てたわけです。でも、いずれは駄目なときが来るんだろうなあ、、とは思います。
 そんな日でした。

|

« [Python S60 2.0.0] Python終了に時間がかかる | トップページ | [Python S60 2.0.0] e32.ao_yield() の連続でダウンする »

PDA」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62349809

この記事へのトラックバック一覧です: HP200LX Cドライブのファイルが壊れた:

« [Python S60 2.0.0] Python終了に時間がかかる | トップページ | [Python S60 2.0.0] e32.ao_yield() の連続でダウンする »