« Python: WEB小説のデータを読む PyBookReader 更新 V001_1 | トップページ | Nokia携帯電話の使用禁止期限が近づいてきた »

2015年9月 5日 (土)

FHPPC 21周年記念オフ会に行ってきた

2015-09-05(土)晴れ/曇り

 今日の夜は、題記のとおり FHPPCフォーラム 21周年記念オフ会に行ってきました。オフ会は毎年、この時期に行われます。いつも、代官山の中華レストラン「花壇」です。が、今年はビルの耐震工事のため、「花壇」は恵比寿の仮店舗で営業中のため、恵比寿の方で行われました。2F、3Fがお店ですが、結局貸しきりになっていました。

 今年は、ドタキャンの方もいたりして、結局11名プラス2名の子ども、という状況でした。最近は、ガジェットの話は少なくなりました。一般的な話題が多いでしょうか。
 でも、HP200LXのLOTUS1-2-3の使い方について質問が出て教えあったり、LOTUS1-2-3のバージョンやマニュアルの古本などについて、WEB上での情報がないかなどの話題は出ました。質問、回答の時には、直ぐにHP200LXが何台も出てくるのが、やはりFHPPCオフ会でしょうか。

 では、オフ会の雰囲気を、何枚かの写真で、、。
  (写真は、処理が面倒だったので、かなり小さく縮小し、またはぼかしています。)

Dscn1933a_2 (開始の乾杯の挨拶)
 
 
Dscn1936a (歓談中)
 
 
Dscn1937a (恒例のオークション)
 オークションでは子どもさんが張り切っていました。鉄道関係とか車関係の小物が出ると、お財布と相談していました。お兄ちゃんのお財布の中は、最後は1円だったぞ、、(笑い)。
 
20150905fhppca_2 (集合写真)

 技術的に、、とか、ガジェットが、、なんて、勢い込んだ話で唾をとばすようなことは鳴くなり、ほのぼのとした内容のオフ会になってきました。でも、続いて欲しいなと思っています。
 そんなことを考えながら帰ってきました。
 

|

« Python: WEB小説のデータを読む PyBookReader 更新 V001_1 | トップページ | Nokia携帯電話の使用禁止期限が近づいてきた »

PDA」カテゴリの記事

オフ会」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、FHPPC 懐かしい!偶然見つけたのですが、まだFHPPCのオフ会やっていたなんて驚きです。

倍速、内蔵32MB、インバーター内蔵バックライト付きの改造200LX探してみたらまだ電源入ります。が、倍速ドライバーもなく、バックライトもユーティリティで確かON/OFFしていたので点くかどうかすら確かめられません。

確か復元用のメモリーカードを作ってあったはずなんですが、、、読めるPCも無いのですててしまったかもしれません。

投稿: mamepapa | 2015年9月30日 (水) 14時35分

こんにちは。
そうなんですよ、まだ細々とではありますが続いています。
赤ちゃんの頃から係わっているという恵梨沙さんも毎年参加されています。
毎年、9月の第一週くらいです。来年も開催されると信じています。
そのころ、参加希望がありましたらお声掛けください。

投稿: masa | 2015年9月30日 (水) 14時50分

まだ手元にある 200LX も 100LX も動作しました。メモリーカードに残されている環境ファイルから、一応設定はしたのですが、細かな設定を忘れていて、どのくらいのEMMファイル?を作ればよいのかなど、すっかり忘却の彼方でした。

200LXは、暗いながらもバックライトのON/OFFが可能です。

200LX は、ヒンジがゆるくなっていて画面が自然に倒れていき、100LX は、電池蓋の爪が割れています。

HP200LX 日本語化キットのパッケージ(読める環境がないので確認できませんがFDも入っています。)
Pocket WZ EDITOR V2.0
HP200LX User's Guide
US Robotics XJ4336J (33.6kbps modem)

もありました。

投稿: mamepapa | 2015年9月30日 (水) 21時10分

バックライト化されていたというのは凄いです。来年は、それを持参して、是非参加して下さい。一度見てみたいものです。
日本語化キットはフリーになったものがありますが、エディターは
既に入手が難しいので貴重ですね。
US Roboticsは懐かしい名前です。そういえば、Palm Pilotを持っています。動くかどうか、分かりませんが、、。私も引っ張り出してみることにします。

投稿: masa | 2015年9月30日 (水) 21時22分

FHPPCの共同購入でELパネル、インバータなどを購入し、作成しました。ライブラリーか会議室に情報をあげていたと思います。私は先駆者の皆さまの引いた道に頼って作成しただけです。

インバーターは最初は小さなケースに入れてフタの裏につけていたのですが、裏側を加工して内蔵しました。

フォーラムのバックアップデータがどこかにあれば、検索していただければ、出てくるのではないかと思います。メールアドレスのところに、NiftyのIDを載せておきます。@の前がIDなので、こちらで検索して見てください。(もう解約済みですのでメールを送っていただいても届きませんが、多分あってると思います。)

投稿: mamepapa | 2015年9月30日 (水) 21時34分

フォーラムのデータは、niftyのフォーラムから持ち出されていないので、niftyのフォーラムと共に消えました(個人的にダウンロードした方も多いと思いますが、私は敢えて纏めダウンロードはしませんでした)。ただ、フォーラムの情報はバイブル本に集約されています。バックライトについては、ハードウエアバイブルに収録されていました。フォーラムデータは追うのが大変ですが、バイブル本にまとめられて見やすくなっているのは嬉しいことです。今となっては、バイブル本4冊が頼りです。

投稿: masa | 2015年9月30日 (水) 21時54分

フォーラムデータは引き継がれてなかったんですね。
私は、バイブル本は持っていないので、ちょっと残念です。

タスク管理とアドレスブックは、データベースをカスタマイズして使っていたので、HP200LXほど使い勝手が良かったものには未だに巡りあっていません。

さっき、写真を撮って、簡単にブログの記事にアップしておきました。
バックライト付きになるとどんな感じなのか、多少なりとも、雰囲気を味わっていただければと思います。

事後報告で申し訳ないのですが、記事の中からリンクを張らせていただいてます。問題があれば削除しますので、お手数ですがお知らせいただけますでしょうか。

投稿: mamepapa | 2015年9月30日 (水) 23時39分

ブログ記事を拝見しました。100LXも200LXも綺麗ですね。
バックライトの点灯したところは初めて見ました。
バイブルの記事で見る限り、部品が手に入っても私には手が出ない改造だなあ思いながら拝見しました。
それにしても、故障が多くなっているので、いつまで使い続けられるか心配です。20年前の製品ですよね。
フォーラムデータは、組織として持ち出して他のサーバにアップすることはniftyserveに認められていなかったように思います。著作権の問題もあるのかもしれません。
それから、記事からのリンクは全然問題ありません。PRありがとうございます。

投稿: masa | 2015年10月 1日 (木) 17時11分

私の200LXも実は2台の200LXの部品から構成されていたと思います。
100LXは、倍速化以外の部品は完全にオリジナルのものです。電池の蓋も記憶にあるかぎりでは、折れていなかったのですが、先日取り出したら折れてしまっていました。いずれにせよ、もう20年以上経っているはずです。

100LX/200LXも電池を外してすっかり休眠状態でしたので、液漏れもなく、良い状態で保存できていたのではないかと思います。設定もすっかり忘れてしまっていて、EMSファイルをどのくらいすればよかったかすら思い出せず、適当に設定してあります。しばらくしたら、また、電池を外して保管しようかと思います。

他のPDAは、ほとんどを、売ったり、捨てたりしたのですが、100LX/200LXだけは保管しています。改造されていて売れないというのもあるのですが。

機会があれば、実物を見ていただきたいです。(壊れる前に、、、)

投稿: mamepapa | 2015年10月 1日 (木) 21時04分

2台、3台から部品を集めて、、という方も多いようですね。私も現用機が駄目になったら、その道を辿ることになります。
機会がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。

投稿: masa | 2015年10月 2日 (金) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62228270

この記事へのトラックバック一覧です: FHPPC 21周年記念オフ会に行ってきた:

« Python: WEB小説のデータを読む PyBookReader 更新 V001_1 | トップページ | Nokia携帯電話の使用禁止期限が近づいてきた »