« 文化会館前、8月15日に向けての催し | トップページ | 文化会館の横を通った、、ピースキャンドルナイトの準備 »

2015年8月14日 (金)

Python: WEB小説のデータを開く PyBookOpener

2015-08-14(金)曇り、のち晴れ

 前回は、WEB小説のデータを読み込むスクリプトについて書きました。
  「Python: WEB小説のデータを開く PyBookOpener

 その、読み込んだhtmlファイルを開くためのスクリプトを作成しました。基本的には、ファイル一覧をリスト表示して、指定されたファイルをWEBブラウザで開く、いわゆるファイルマネージャみたいなものです。読み込んだ小説データを扱いやすくしたつもりのものです。

同梱テキストからの抜粋

1.概要
   この、「PyBookOpener」というアプリは、web小説のサイトから「PyBookGet」で
  読み込んだファイル(拡張子がhtmまたはhtmlのファイル)を一覧表示して、選択
  したファイルをwebブラウザで開くアプリです。

   実際は、拡張子が htm または html のファイルなら、上記小説のファイルとは
  関係なく使用することができます。

   基本的には、ファイルマネージャと同じですが、リストアップするファイルが
  htmlファイル(拡張子が htm または html のファイル)のみで見やすいことと
  オプション設定で使用するwebブラウザを指定することができるのが特徴です。
  携帯電話のOS内の関連づけとは別にすることができます。
  また、ブックマーク機能も追加しました。
-----------------------------

 例によって、使うことよりも作成することが目的に変わっています。

Ssce0648a  Ssce0652a

 左;メイン画面 右はメニューを出したところです。
 

Ssce0649a  Ssce0651a

 左:ダウンロードした小説ファイルのリストです。ここで、オープンするファイルを選択します。 右:ブックマークのメニューです。ディレクトリ毎にブックマークを記憶させ、次ぎにそのディレクトリを開いたときに、ブックマークしたファイルに移動することが出来ます。

 

Scym0356a

 実際に、画面の大きな携帯電話(Nokia 5800XM)でファイルをオープンしたところです。この画面で読むかと言われると、何とも言い難いですが、、。とはいえ、本物のブックリーダを持ち歩くのも面倒ですしねえ、、。

 とりあえずは、ツールとして作成してみました。

-----------------------------------------------------
  モジュール
  「PyBookOpener_001_0.zip」をダウンロード
-----------------------------------------------------

 

|

« 文化会館前、8月15日に向けての催し | トップページ | 文化会館の横を通った、、ピースキャンドルナイトの準備 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62082509

この記事へのトラックバック一覧です: Python: WEB小説のデータを開く PyBookOpener:

« 文化会館前、8月15日に向けての催し | トップページ | 文化会館の横を通った、、ピースキャンドルナイトの準備 »