« WEB小説と本 | トップページ | 家の裏のユリ(ヤマユリ?)が咲いた »

2015年8月 9日 (日)

コルセットの流用(活用)

2015-08-09(日)晴れ

 腰痛の時などに使うコルセットが残っていました。これは、10年近く前になるでしょうか、ぎっくり腰だったか腰痛だったか、腰が痛かったときに処方されたものです。で、ちょうど良さそうだなと流用(活用)してみました。まあ、こういう使い方をして良いのかどうか分かりませんが、効果は有るようなので、伸びて捨てるまでは活用してみようと思います。

Dscn1900a コルセット(半分に折ったところ)

 その活用法とは、、胃下垂で胃もたれがするので、下腹(腰に巻くのと同じ)に巻いて、胃を持ち上げるのです。私は、消化器科の医師と話をすると、胃下垂になりやすい体型ですねと言われます。細身で、筋肉質では無いからでしょうか。実際に、ドック健診のバリウム検査の時にみると、胃のバリウムが、かなり下の方に写ります。マジックアームで下腹を押すと、そのバリウム(実際は胃)が持ち上がります。

 こういう状態だと、食べたものが胃から出ていきにくくてもたれるし、下がった胃が腸を圧迫して、腸の動きも悪くなります。そこで、畳んだタオルを下腹に当て、その上からコルセットを巻きます。昔、オートバイに乗る人が、胃や腰を守るために幅広のベルトをまいて締め上げていたのと同じ感じです(昔は舗装されていない、ガタガタ道路を走っていましたから、、)。
 しばらく続けていたら、何となく調子が良いような気がします。本当は、運動で腹筋や腹膜を鍛えるのが良いのでしょうが、そちらは効果が出るのは直ぐには難しいので、この方法を続けてみようかと思っています。(注:医師に話したときに駄目とは言われませんでしたが、基本的には素人療法です)。
 

|

« WEB小説と本 | トップページ | 家の裏のユリ(ヤマユリ?)が咲いた »

健康関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62043955

この記事へのトラックバック一覧です: コルセットの流用(活用):

« WEB小説と本 | トップページ | 家の裏のユリ(ヤマユリ?)が咲いた »