« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer | トップページ | また、暫くは暑いのかな、、 »

2015年8月25日 (火)

使いこなしていないなあ、、携帯電話の操作法

2015-08-25(火)曇り、夜から雨/少し寒いくらい

 テスト用に何台か使用している Nokai 携帯電話ですが、今更ながら気がつく操作法があったりして、使いこなしていないなあ、、と感じることがあります。今回も、直ぐに気がつきそうな表面的な操作方法ですが、今更ながら気がついたものがあります。同じメーカーの機種といっても、全部にある機能でもないようなので、気がつかなかったのかもしれませんが、。今更な内容ですが、自分のメモとして書いておくことにします。書いておかないと忘れるので、、。

 さて、その今更ながら気がついた操作方法ですが、E52での話です。通常、待ち受け画面で数字を入力すると、電話番号として入力できて電話が掛けられます。
 しかし、電話番号かそうでないかに関係なく、数字キーを入力してゆくと電話帳を検索してリストアップしてくれるのです。この場合の検索というのは、英語入力時の予測変換とおなじ動きをします。すなわち、数字キーを押すと、その数字キーに割り当てられているアルファベットのどれかの英字であるとして、その綴りのある氏名を検索します。
 電話帳そのものの検索と比較してみます。

Ssce0659a  Ssce0660a

 左は電話帳を起動して、検索窓に入力して検索しているところです。okaと入力してゆくと、インクリメンタルサーチで絞り込まれてゆきます。
 右は、待ち受け画面で、いきなり数字を入力したところです。652と順次入力してゆくと、絞り込まれていきます。652が何故岡田さんかというと
 6のキーは 6MNO
 5のキーは 5JKL
 2のキーは 2ABC なので

 MNO 、JKL 、ABC  だと、電話帳には OKA しか合致するものがないからです。岡本さんがいると出てきますが、 3DEF のキーを押した段階で岡本さんは消えます。

Ssce0662a

 リストアップされた中から氏名を選択すると、そこから電話が掛けられます。

 今更ながら気がついた操作法でした。
  

 

|

« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer | トップページ | また、暫くは暑いのかな、、 »

家電製品」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/62158599

この記事へのトラックバック一覧です: 使いこなしていないなあ、、携帯電話の操作法:

« Python: WEB小説のデータのビューワ PyBookViewer | トップページ | また、暫くは暑いのかな、、 »