« 車を点検に出した | トップページ | 世界地図帳(製本版)を購入した »

2015年7月 3日 (金)

取水の管理は大変そうです。

2015-07-03(金)雨

 市内の市街に近いところや住宅地の一部にも、水田が残っているところがあります。そこで使う水は、用水路で引き込んでいます。その水は、市内の川の、随分と離れた上流で取り込んで、用水で引いてきているようです。大きな川の河床は低いので、ずっと上流で取水しないと流れてこないからですね。
 家の近くに1枚だけある水田に流れてきている用水は、途中まで辿ってみたら、2~3Kmくらい離れたところから来ているようです。ようです、、と言うのは、最後まで辿れなかったからです。暗渠になっていたり、昔の家の間だったりして、最後までは辿れませんでした。

 弘法山方面への散歩の途中の川にも取水口がありました。

Dscn1871a (昨日の写真)

 昨日見たら、川の向こうの方がせき止められているのに気がつきました。良く見ると、その右の方に水門のゲートらしきものがみえます。考えてみたら、写真を撮っている右後方の、少し離れたところから水田が広がっています。その用水路の取水口のようです。

Dscn1872a (本日の写真)

 今日見たら、昨夜来のかなりの雨で、増水しています。雨合羽で長い長靴を履いた男の人が川に入ったり、水門のあたりで何かしていました。多分、増水で川面が上がりすぎたので、取水の調整をしているのでしょう。水田耕作は、取水管理や大雨、日照りの心配など大変です。まあ、大雨、日照りの心配は水田に限りませんが、、。

 子どもの頃、雨で水が増えると村の取水口の管理に行っている人がいたことを思い出しました。川は、断層(?)でへこんだ、5m以上低いところを流れていたので、氾濫の心配は少なかったのですが、代わりに取水口は何キロメートルも上流でした。そういう面でも、チェックに行く人は大変だったと思います。

 そんなことを考えながら、弘法山方面へ歩いた日でした。

 

|

« 車を点検に出した | トップページ | 世界地図帳(製本版)を購入した »

一般」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/61834440

この記事へのトラックバック一覧です: 取水の管理は大変そうです。:

« 車を点検に出した | トップページ | 世界地図帳(製本版)を購入した »