« なかなか処分の決心がつかない本の話し | トップページ | なかなか処分の決心がつかない本の話し その2 »

2015年6月11日 (木)

散歩、水無川沿いの風景

2015-06-11(木)曇り、いちじ少し晴れ

 曇りがちだから暑い日差しがあるわけでもなく、気温も高くはないのですが、湿っぽいのでじとついた感じの陽気になりました。梅雨の季節ですね。

 さて、そんな中ですが、水無川沿いのグミの木や桑の実の木がどうなっているかと、水無川沿いを歩いてみました。家から上流方向の平和橋まで歩き、そこから秦野駅まで歩いてみました。トータル6.5kmくらいでしょうか。

Dscn1843a (平和橋)

Dscn1844a (平和橋から下流(駅)方向)

 右側の散歩道を歩くと、川岸の草が凄い感じです、私はそういう景色が好きですが、、。グミの木はこの近辺にあります。残念ながら、もう実は有りませんでした。子どもの頃から考えると、実の時期が早いような気がします。温暖化と地域差のせいでしょうか。

Dscn1847a

 平和橋から歩くと、途中には大きな松の木が沢山ある場所があって、真夏の暑いときには休憩に良い場所です。

Dscn1850a (蓮の花の桶)

 古墳公園の近くには、毎年蓮の花の桶が出ています。これが、結構楽しみです。

Dscn1851a

 花が開き始めている桶です。これらの桶の中には、メダカなども泳いでいます。水の補給とか管理が大変そうです、本当にご苦労様です。

Dscn1852a (大分開いています)

 ここから下流は、毎回でて来る運動公園~駅になります。桑の実はこちら方面になります。小さい実を2~3食べてみましたが、あまり出来は良くないようでした。

 いつもより、長い距離を歩いた日でした。
 

|

« なかなか処分の決心がつかない本の話し | トップページ | なかなか処分の決心がつかない本の話し その2 »

散歩」カテゴリの記事

植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/61731192

この記事へのトラックバック一覧です: 散歩、水無川沿いの風景:

« なかなか処分の決心がつかない本の話し | トップページ | なかなか処分の決心がつかない本の話し その2 »