« 珍しい、、グミの木を見つけた | トップページ | 図書館の弱点、、なかなか返さない人がいるのかな。 »

2015年5月25日 (月)

Python: メトロノームアプリ Musician_m

2015-05-25(月)晴れ/うす曇り

 暫く前に3回ほど「Python メトロノーム Musician の検討」として、Musicianというメトロノームスクリプトの改造の検討をしてきました。
  Python メトロノーム Musician の検討3
  Python メトロノーム Musician の検討2
  Python メトロノーム Musician の検討1

 で、最初のバージョンが出来上がりました。最初のバージョンという意味は、このバージョンには拍子の機能(指定した拍子の第1拍目に違う音を出す機能)がないからです。いずれ、「ピ、カチ、カチ、ピ、カチ、カチ(3拍子の場合)」とならし、画面の光りも、1拍目は赤く光らすす予定です。もっとも、そこまでする必要があるかどうかですが、、。そこまで必要なら、専用のメトロノームを使った方が便利です。このアプリは、いつでも手元にある携帯電話で、とりあえずテンポの速さを知りたい、、というような時のツールだと思います。
 それと、携帯電話にも依りますが、余り速い速度には向いていません。ある程度までは動くことは動きますが、誤差が大きくなります。

手抜きで、同梱テキストの記述を載せます。
----------------------------------------------------------------
概要
   Musician というスクリプトはメトロノームの機能のスクリプトです。
  オリジナルは Steve Litchfield 氏の作で、下記にあります。
   Musician:http://stevelitchfield.com/musician.htm

  この Musician_m というのは Musician に触発されて自分用に改良したものです。
  Musician はオープンソースなので、差分記述にして、上記WEBサイトにフィード
  バックすればいいのですが、手を加えすぎてしまったので自分用として
   Musician_m としています。

機能は
  (1)メトロノーム(拍子機能無し 追加予定)
  (2)ギター、アルトギターチューナ(注1)
  (3)ミニピアノを模した機能
  です。

  注1:このアルトは、プライムより4度上のチューニングです。
     (プライムギターの5フレットの音)
---------------------------------------------------------------------

モジュールは例によって、「Python スクリプト 雑記」の
  「42.メトロノームアプリ Musician_m」に載せました。

 

|

« 珍しい、、グミの木を見つけた | トップページ | 図書館の弱点、、なかなか返さない人がいるのかな。 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/61644418

この記事へのトラックバック一覧です: Python: メトロノームアプリ Musician_m:

« 珍しい、、グミの木を見つけた | トップページ | 図書館の弱点、、なかなか返さない人がいるのかな。 »