« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

ギターサークルの練習日

2015-05-31(日)晴れ

 今日の午後は、ギターサークルの休日練習です。昨年まで毎週1回、平日の夜にやっていた練習が、場所の問題で来年までできないので、一ヶ月に1回の集合練習です。
 やるのは合奏の練習です。家で練習してあれば良いのですが、やはり私も含めて、家での練習が不十分と見えて、今年の仕上げは遅い感じがします。集合練習がないと、家での練習回数も減るようです。
 まあ、元気で(健康で)続けられればいいや、、という年代が多くなってきたので、半分は途中休憩のお茶会の雑談が楽しみなのかもしれません。でも、とりあえず、最後まで通るようにはなりました。

 まあ、そんな練習で日が暮れた日曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

シロアリ予防の消毒を実施した

2015-05-30(土)晴れ

 蟻の活動も活発になる頃です。シロアリ予防のために、床下の消毒を行いました。前回の実施から5年かな。前回の時から、裏のお宅と話し合って、一括発注、一括実施でおこない、値引き交渉をしています。まあ、気持ち程度(行き帰りのガソリン代くらい?)の値引きではありますが、、。
 打1回目は、家を建ててから長い間延び延びにしていました。が、あるとき玄関の柱の表面板が、床下からずーっとやられました。始まると、もの凄いですね。板の中が、ずーっと食われてしまっています。一説によると、表面に使っている柔らかい板がやられて、堅い柱の部分は、なかなかやられないとかいう話しもあります。が、始まってからでは遅いですからねえ。直ぐに駆除して貰いました。それ以来、定期的にやっているので、大丈夫のようです。
 壁の塗りとか屋根とかの保守もありますが、定期的なチェックと保守は手を抜かない方が良いですね。
 お金が一杯あって、駄目になったら立て替えて新しいのに住むのが良い、、なんて方もいるかもしれません。が、お金もないし、引っ越しとか荷物を動かすとかも面倒なので、手入れして静かに、長く住んでいこうと思っている昨今です。家が壊れるような地震が来ないと良いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

今日は品川で飲み会

2015-05-29(金)曇り/風強し、のち雨

 今日は久しぶりの東京、、、品川で飲み会です。定年後に長野県から鹿児島県に住まいを移した(移住か?)同級生がいます。寮でも一緒に過ごしたことがある同級生です。久しぶりに長野や東京に来るので、長野と東京で、集まれる数人で飲み会をしました。いや~、この仲間の飲み会は、本当に楽しいです。

 鹿児島での近況を聞いたり、家の様子を聞いたりしました。写真も見せて貰いましたが、当方の家からすると10倍の敷地に家が建っていました。一瞬、羨ましい、、と思ったのですが、手入れのことを考えると、当方は今のままで良いかと思いました。いまでさえ、家の周りの草取りに手を焼いているのですから、、。

 久しぶりの品川や横浜駅は、夜遅いというのに凄い賑やかで、やはり都会だなあと、しみじみ思いましたよ。横浜や大森、大崎に通勤しなくなって9年、年に1回行くかどうかくらいですから、その賑わいには本当に驚いてしまいます。

 そういえば、その友人は、長野へ行ったときに善光寺のご開帳に行ってきたと言っていました。ご開帳の年だったんですね。凄い賑わいだったと言っていました。出来れば、私も今年中に行ってみたいものです。
 善光寺といえば、子どもの頃、地獄巡りでしたか、真っ暗な中を進んで鍵に触る、、というのをしたことがあります。あのおかげで、今でもこうして、そこそこ元気でいられるのかな?親と神仏と、周りの方々への感謝を忘れないようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

Python メトロノーム Musician の検討4

2015-05-28(木)晴れ、のち曇り/蒸し暑い

 暫く前に何回か検討記事を書いてきて、前回 Musician_m Ver3.2 を掲載しました。これは、拍子機能が無く、単に(1種類の)音を鳴らし、画面も同じ色を動かすだけでした。
  「Python: メトロノームアプリ Musician_m

 で、次のバージョンとして、拍子機能を入れるための検討を行いました。これは拍子指定があり、1拍めは違う音のタップを入れ、画面も違う色を表示する機能です。
 必要かどうか、ということになると疑問はありますが。前回のようなもので、とりあえず速さを知りたい、、と言う程度で良いようには思います。それ以上だったら、専用の機器を使ったほうが良いでしょう。ですから、これは単純に、作成するのが目的の趣味の範疇と言うことになります。

 検討する項目は、大きく分けると
(1)音と画面の点滅の簡単な制御方法
(2)テンポ(速さ)の正確度をあげるには
の2点になります。

 まずは、(1)ですが、拍子機能を入れると言うことになると、指定された拍子の1拍目に違う音のタップを入れ、画面も違う色の点滅が必要です。何拍子が指定されていて、今は何拍目の処理だ、、と意識しないといけないわけです。これが、結構面倒な処理になります。拍子指定無しから始まって、2拍子から6拍子までありますから。
 音だけなら簡単なんですが、画面の点滅が、色と場所の問題が絡んで面倒になります。フローチャートでやろうとすると、変数とかも複数必要だったりして、結構面倒です。
 そこで、思索の道ならぬ、水無川の散歩の時に考えました。歩くのは考えるのに良いようです。案に行き詰まったときは、よく風呂か、散歩の時に考えます。

 基本に立ち返って、簡単な方法を思い出しました。それは、処理部分は単純にして、違いの部分はテーブル (この場合は、拍子毎のリストを用意したリスト群) にする事でした。

Musician06

 上が音制御用、下が画面制御用のリスト群です。メニューの拍子指定の時に、対応する拍子のリストを取り出します。あとは、1回ごとにリスト内の数字を取りだし、その数字に従って処理します。 何拍子の何拍目かと気にする必要はありません。順次、リストの先頭から最後までを繰り返し実行するだけです。例えば、音だったら取りだした数字が0なら「ピ」、1なら「カチ」の音を出します。

 これで、処理部分は、前回のVer3.2より簡単になってしまいました。とりあえず、メトロノームと同じように動くものはできそうです。

 次回は、(2)のテンポの正確さの確保の問題です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

今年初かな、光化学スモッグ

2015-05-27(水)晴れ

 最近、暑い日が続いています。今日も、良い天気でした。良い天気なのは良いのですが、今年初でしょうか、光化学スモッグ警報が出たようです。警報が出たときの放送(防災無線の放送)は、多分隣の市に行っていた時間らしく聴かなかったのですが、夕方解除の放送があったので警報が出ていたようです。

 例年、真夏には、かなりの頻度で警報が出ているのですが、5月とは早いですね。昔は光化学スモッグと言えば、(違っていたら申し訳ないのですが)東京とか川崎だったような気がします。でも、多分、今では当市の方が多いかもしれません。そう思ってしまうほど、夏の放送回数は多いです。

 これは、多分、いつも書いているとおりの原因が関係しているような気がします。光化学スモッグは、光りだけでは出ないでしょう。やはり、「化学」の部分がありますよね。
 当市は盆地で、その中に、東西日本をつなぐ大動脈の道路が2本通っています。そして、それが結構渋滞します。これにより(何の、とは言わないが)出ている、化学物質が影響しているような気がします。当市は、花粉症にも良くない場所と言われていますが、これにも関係しているのかなと思っています。

 そんなことで、これから、(光化学スモッグの)警報の多くなる季節を迎えます。(花粉症の警報は出ないけど、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

図書館の弱点、、なかなか返さない人がいるのかな。

2015-05-26(火)晴れ

 ここのところは若干頻度が落ちていますが、以前は大分、図書館を利用していました。以前の本で、今から入手は難しいとか、(みてもいないから)買うかどうか決心がつかない本とか、まあ、理由は色々ですが便利に活用はしています。本も色々揃っていますし、、。
 そんな図書館ですが、弱点もあります。それが、題名に書いた話です。貸出してくれるから便利ですが、なかなか返さない人がいると、そこでストップしてしまいます。

Book01

 読みたい本があって一ヶ月前に予約しました。私からすると残念ながら、先約の方がいて、予約順位が2番でした。でも、通常の貸出期間は2週間です。後ろに予約の人がいると延長出来ないから、貸出期間2週間経てば次の人になり、一ヶ月経てば順番が来る予定でした。まあ、いいかな、、と。

 でも、今みても予約順位が2番のままです。ということは、一ヶ月前に借りていた方が、返していないのかな。結局、ここで流れが止まってしまっています。
 督促されていないのか、督促されていて知らん顔しているのか、、状況は分かりません。探して買うか、隣の市の図書館へ行くか決めるために、図書館で様子を聞いてこようと思います。
 まあ、そんなことがあったという話です。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

Python: メトロノームアプリ Musician_m

2015-05-25(月)晴れ/うす曇り

 暫く前に3回ほど「Python メトロノーム Musician の検討」として、Musicianというメトロノームスクリプトの改造の検討をしてきました。
  Python メトロノーム Musician の検討3
  Python メトロノーム Musician の検討2
  Python メトロノーム Musician の検討1

 で、最初のバージョンが出来上がりました。最初のバージョンという意味は、このバージョンには拍子の機能(指定した拍子の第1拍目に違う音を出す機能)がないからです。いずれ、「ピ、カチ、カチ、ピ、カチ、カチ(3拍子の場合)」とならし、画面の光りも、1拍目は赤く光らすす予定です。もっとも、そこまでする必要があるかどうかですが、、。そこまで必要なら、専用のメトロノームを使った方が便利です。このアプリは、いつでも手元にある携帯電話で、とりあえずテンポの速さを知りたい、、というような時のツールだと思います。
 それと、携帯電話にも依りますが、余り速い速度には向いていません。ある程度までは動くことは動きますが、誤差が大きくなります。

手抜きで、同梱テキストの記述を載せます。
----------------------------------------------------------------
概要
   Musician というスクリプトはメトロノームの機能のスクリプトです。
  オリジナルは Steve Litchfield 氏の作で、下記にあります。
   Musician:http://stevelitchfield.com/musician.htm

  この Musician_m というのは Musician に触発されて自分用に改良したものです。
  Musician はオープンソースなので、差分記述にして、上記WEBサイトにフィード
  バックすればいいのですが、手を加えすぎてしまったので自分用として
   Musician_m としています。

機能は
  (1)メトロノーム(拍子機能無し 追加予定)
  (2)ギター、アルトギターチューナ(注1)
  (3)ミニピアノを模した機能
  です。

  注1:このアルトは、プライムより4度上のチューニングです。
     (プライムギターの5フレットの音)
---------------------------------------------------------------------

モジュールは例によって、「Python スクリプト 雑記」の
  「42.メトロノームアプリ Musician_m」に載せました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

珍しい、、グミの木を見つけた

 2015-05-24(日)

 昨日のことですが、また水無川沿いの、家より上流側を歩いてみました。で、川岸の草木や花を見て歩いていたら、珍しい木を見つけました。それが、グミの木です。子どもの頃、故郷の家に大きなグミの木があって、毎年枝に登っては実を食べていました。こちらに出てきてから、いつも気をつけて見ていたのですが、今までなかなか見つかりませんでした。昨日、偶然に、平和橋と堀戸大橋の間で見つけました。

 携帯電話6120Classicしか持っていなかったので、写真が今一です。

Dcla015a

 赤っぽく見えるのは実が赤く色づいてきたからです。木そのものは1mくらいの、まだ小さい木です。

Dcla016a

 実はこんな感じです。赤いのを食べてみましたが、まだおいしくなかったです。木そのものも、まだ幼いからかもしれません。もう少し、育つのが楽しみです。
 じつは、このあたりに植えて手入れをしている方(グループ?)がいらっしゃるとのことで、何十メートルかの間に、沢山植えられていました。まだ、40cmくらいの木もありました。

 こちら側への散歩も楽しみになりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PB70FD ジョイントコンサート(5月31日)のチラシを戴いた

2015-05-24(日)曇り/晴れ

 プレイバック’70フォーク夢(PB70FD)のリーダから、5月31日に行われるコンサートのチラシを戴きました。これは、フォーク、カントリー、ポップスなどのグループのジョイントコンサートとのことです。
 詳細は下のチラシを見ていただくとして、今回は5グループのコンサートです。

 5月31日(日)12:25~
 イオン秦野店 くすのき広場
  各グループ40分くらいのビッグコンサートです。

 FM湘南 ナパサ の公開録音のコンサートです。

Pb70fd20150531a

 木陰になっているから、日差しの心配は少ない席が多いですが、雨は駄目です。雨天中止です。天気がよい日だと良いですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

Python メトロノーム Musician の検討3

2015-05-23(土)曇り/晴れ

 メトロノームアプリの検討の件が続いています。前回の検討で、概ね決まって出来上がりましたが、速度について試行錯誤しました。
 カチカチという音を出すのが、速度の上限を押さえています。音を出す機能を止めるとと、どの携帯電話でも仕様の220拍/分で動きますが、音を出すと大分低くなってしまいます。

 そこで、2つの案を考えてみました。
(1)音のファイルを、もっと時間の短いファイルにする。
(2音のサウンドオブジェクトを2つオープンしておいて、交互に使う。

 (1)は若干の効果がありました。ただ、添付されているオリジナルの音ファイルも、かなり短いファイルだから、大幅なアップは出来ませんでした。
 (2)は、トリッキーな方法なので、どうかと思いましたがテストしてみました。

Musician03
 これは、正常動作の図式です。周期を決めるタイマがタイムアウトして、次の処理が始まるときには、前の音の処理が(ハード、OS、Pythonで)終わっているケースです。


Musician04
 これは、エラーのケースです。赤い部分が重なるくらいに周期になってしまい、同じサウンドオブジェクトなのでエラーになります。
 

Musician05
 これは、同じように若干重なりますが、別のサウンドオブジェクトなのでエラーにならない時があります(機種や程度によって変わるが、、)。この助かる部分で、機種によっては凄く、拍の上限値が上がります。


 (1)(2)を入れて2機種で比較してみました。機種は E52 と 6120Classis です。                                                                                                              

項番 サウンド
      オブジェクト数
音のファイル   E52  
 拍/分
 6120C 
 拍/分
オリジナル 140 70
自作 156 78
オリジナル 177 75
自作 204 92

 E52では、劇的に速くなります。6120Cは、元々動作の上限に近いらしく、大きくは変わりませんでした。

 結論としては、(1)は実施して、(2)は入れないことにしました。理由は、機種により動作が異なる事があるからです。特に問題は、速度が正しくないときに、機種によってはエラー検出が出来ないことです。6120Cで、例えば120拍/分を指定して一見動いているのですが、実際の速度は75ぐらいしか出ていないのです。やはり、この場合はエラーにすべきだろうと思います。

 これで、このバージョンは完成として「Pythonスクリプト雑記に載せる準備を始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

久しぶりに水無川上流側の様子

2015-05-22(金)未明に少し雨、朝から晴れ/曇り

 水無川沿いも、家から下流側、駅までは良く歩きますが、家から上流側はなかなか行かないものです。県立戸川公園の方に散歩すればいいのでしょうけれど、。今頃は、雨も少ないし新緑も多く、それほど暑くないから歩くにはいい時期だと思います。
 久しぶりに、ほんの少しですが、平和橋方面へ歩いてみました。こちらは、運動公園近辺とは違った景色で、見ながら歩くのが好きです。雑然とした景色ではありますが、、、。
 Nokia 6120 Classicしか持っていなくて、写真が今一ですが、今の様子はこんな感じです。

Dcla011a

Dcla012a

 背の高い草や灌木が茂っていて、如何にも田舎の川岸らしくて好きです。緑色が涼しい気分にしてくれますし、、。

 これで、川に水が常時あって、魚釣りでも出来れば申し分ないのですが、まあ、贅沢をいっても仕方がないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

最近は、はっきりしない天候の日が多い

2015-05-21(木)夜中は激しい雷雨、朝から晴れ/曇り

 ここのところ、余りはっきりしない天気の日が続いています。晴れるのか/曇るのか/降るのか、暑いのかそうでないのか、分かりにくいです。外出時にも、どの程度の服装でよいのかと、着るものにも困ります。元々、春はそういう時期でもありますが、、。
 夜寝るときの布団、毛布の調整にも困る時期です。暑かったり、寒かったり、、。

 何日か、雨も降っていますが、幸い深夜とか未明に降って、朝からはやんでくれるのが助かります。今日(昨夜の深夜というか早朝というか)は、激しい雷雨でした。思わず、雨戸を閉めてなかった窓の雨戸を閉めに行ってしまいました。
 春眠暁を~~夜来風雨の声、花落つる~~、、の世界でしょうか。家の庭には風で落ちるような花はないので、その心配はないですが、、。雨が降ってくれるので、垣根の木に水をやる必要がなくて助かります。

 そんな天候が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

相互台、どんぐり遊歩道、椿園

2015-05-20(水)夜中は雨、朝から曇り/晴れ

 午後、ふと思い立って、インスタントコーヒーでも買おうかと、ブルックス大井事業所無料試飲室・売店に行ってみました。平日だったのですが、試飲室はかなり混んでいました。そういうお前も来ているじゃないかと言われればそうで、同じような方が多いということでしょう。

 しばらく休憩した後、せっかくなので、周りを歩いてみることにしました。周りは自然が豊富で、遊歩道、根岸山コースとか書いた看板が立っていたりします。ハイキングとか遊歩道コースになっているようです。

Dscn1819a

 一つのポイントの入口です。何となく、歩いていってみたくなる雰囲気です。木とか芝のような緑が多く、ひと気も少ないのでリラックスします。

Dscn1820a

 入って、坂道を少し登ったところです。

Dscn1824a

 もう少し入ったところに看板がありました。このあたりは遊歩道の中の、椿園のようです。周りを見ると、椿の木?(1.5m~2mくらいの木)が沢山ありました。

Dscn1821a

 更にはいると、道も自然の地面に近づいてきます。わずかに歩いた跡が残っていますが、まだ完全に踏みならされたほどにはなっていません。この位が、気分良く歩けると思います。

Dscn1823a

 更に入ると、ますます自然に近づいています。こんな感じは好きですが、夕暮れになったら寂しいかもしれません。明るいうちに歩くのが良さそうです。

 今回は、少し遅い時間だったので、ここまでにしました。今度は、おむすび弁当でも持って、ずーっと歩いてみたいなと思いました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

Python メトロノーム Musician の検討3

2015-05-19(火)夜中は雨、朝から曇り

 メトロノームスクリプト 「Musician 」の改造の話が続いています。やったことを書いておかないと忘れるので、ブログは実験ノートみたいな記録代わりでもあります。結構、過去の記事が思い出すのに役立っていることも多いです。

 さて、前回の記事の通り、テンポの機種依存を避ける方式への改造は、一応動くようになりました。メニューも、少し変更したりしています。ただ、最初に詳細な仕様を考えてから改造しているわけではないので、思いついては直し、思いついては直し、、で、少しずつ変化している途中ではあります。

Ssce0609a  Ssce0610a

 左がメニュー画面です。チューニングの音選択のメニューはなくなったのですっきりしました。チューニングは、今までのプライムギター(普通のギター)の他にアルトギター(注1 チューニングコードは、この記事の最後を見て下さい。)を追加しました。

 右が、メトロノームの画面です。一昨日の画面に比べると、色が穏やかになり、テンポの数値も見やすくなりました。また、色の点滅も、上下移動から左右移動にしました。実際使っているメトロノームのLED点灯に合わせたものです。

Ssce0611a  Ssce0612a

 左がギターチューニング画面です。1のキーを押すと1弦の音(コードE)が、2を押すと2弦の音(コードB)が出るようにしています。かなり使いやすくなりました。もっとも、実際合わせやすいかどうかは難しいところです。やはり、音叉かチューニングメータを使う方が確実ではあります。

 右は、指定したテンポが速すぎて正しく動作できないときの、エラー検出の画面です。最高速度そのものが機種依存になるのは、どうしようもないところです。
 ということで、とりあえず動くようになり、入れたいメニューも入りました。ただ、ちょこちょことした改造が続いています。完了したら、また、載せたいと思います。

---------------------------------------------------------------------
注1:アルトギターのチューニングについて。
 今回入れたアルトギターチューニングは、我々が使っているもので、一般に使われているものとは異なっているかもしれません。

一般のアルトギター
 ・1弦にアルト用1弦、2~6弦にプライムの1~5弦を使い、プライムの5度上に
  調弦する。(プライムの7フレットにカポタストを付けた音と同じ)
 ・1~6弦を、B F# D A E B にする。

我々のアルトギター
 ・1~6弦は、そのままプライムギターの1~6弦を使い、プライムの4度上に
  調弦する。(プライムの5フレットにカポタストを付けた音と同じ)
 ・1~6弦を、A E C G D A にする。

----------------------------------------------------------------------

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

Python メトロノーム Musician の検討2

2015-05-18(月)曇り、いちじ少し晴れ

 昨日の記事の検討課題の(1)、機種により速度(1分あたりの拍の数)が異なる件の検討です。スクリプト「Musician」のメトロノーム機能のコーディングをみて、図式化してみました。

Musician01

 元々の処理は上図の通り、(A)の部分の処理(カチっという音の処理や画面の点滅の処理)と、タイマによる時間待ち(B)が直列になっています。
 (B)の、タイマによる時間待ちはスクリプトの処理というより、ハードウエアか悪くてもOSより下の処理で、時間は比較的正確です。この長さを変えて、拍の速度を変えているわけです((A)プラス(B)が、周期になる)。

 しかし、(A)の部分の処理時間が、機種によりかなり違います(注1)。だから、元々のものでは、機種毎にタイマ値を調整したモジュールを作成する必要がありました。実際、3機種用のモジュールを作成しましたが面倒です。

注1:機種の違いを見るため、(B)をゼロにして、どの位の速度が出るかテストしてみました。
 ・X02NK(N95) 200回/分
 ・E52      140回/分
 ・6120Classic  75回/分
大分、違うことが分かりました。

 そこで、処理を変えることにしました。

Musician02

 タイマは起動してしまえば、タイムアウトまでは何もすることはありません。ですから、タイマを起動した後に(A)の処理を行います。タイムアウトしたらループさせるわけです。(B)の時間は正確だから、拍の速度も正確になります。
 (A)は機種により異なりますが、機種の中では大きな変動はありませんから、(A)部分を起動する周期が一定なら、拍も安定します。

 あと、図2の方式では、追随できない速度の場合エラー検知が出来るという利点があります。図1の方式では、(A)が指定された拍の速度のループ周期より大きくなるケースでも、正常のごとく動きます。ただループ周期が、必要値より長くなり、実際の拍が遅くなっています。
 図2では、まだ(A)の処理中にタイムアウトが来ると、オーディオ起動がダブるため、エラー検知が出来ます。だから、実際は遅いのに動いているように見える、、というのはなくなります。

 ということで、図2の処理になるよう、処理を大きく変更しました。
次回は、実際に動いたモジュールの画面です。(まだ、変更が進んでいる途中ですが、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

Python メトロノーム Musician の検討1

2015-05-17(日)晴れ、風が強い

 ちょっとメトロノームが使いたい、、ということが希にあります。例えば、ギターサークルの練習の時に、120/毎分って、どの位?とか、先日の歌のピアノ合わせの時など、この位の速度でお願いします、というときに、自分の感覚だけでなく速さが知りたいときがあるわけです。
 メトロノームは、使いやすいと思っているものを持ってはいます。多分、30年くらい前に買ったものです。最近のような、小型で多機能なものではありませんが。

Dscn1818a

 左がメトロノームです。右は大きさ比較のためのカセットテープです。このメトロノームで気に入っているのは、速度切替が丸い円盤のスイッチ、拍子の切替や音量などの切替が、機械式スイッチで切り替えやすいところです。最近のは、アップ/ダウンのスイッチでカウントアップとかカウントダウンしてゆく方式で、まどろっこしい訳です。
 ただ、これは、機能としては良いのですが、ちょっと持ち歩くには大きさと重さが難点です。車で出るときには良いですが、そうでないときには閉口します。では、小さい最近のを購入するか、ということになると、わざわざ買うまでもないなと思うわけです。

 で、携帯電話のアプリの検討を行いました。多分、探せば使いやすいアプリがあるのでしょうが、Nokia Store(Ovi Store)が無くなった今では、探すのも購入するのも面倒です。そこで、以前入手して、試しただけで放ってあったスクリプトの検討を始めました。
それが Musician です。
  Musician のサイトはこちらです。


Musician の機能は
(1)40~220/分 の音と光りの点滅を行う。(但し、速度上限は機種に依存する)
(2)チューニングのための音を出す。
(3)ピアノ画面を出して、鍵盤に応じた音を出す。
です。それ以上の機能(例えば、何拍子で音を出すとか、、)は、「今後の課題」と書かれています。

Ssce0602a  Ssce0603a

 上の左がメニュー画面です。右がメトロノーム画面で、赤い部分が上下に動きます。ちょっと、色がきついかなあ。

Ssce0604a (ピアノ画面です)

 演奏に使うというより、音の高さを確かめるために使う、といったものです。

 さて、Musicianでは以前から分かっている問題点とか、使うなら修正したいなと思う部分がありますので、自分で改造することにしました。一応、ドキュメントによると、ソースの修正は可能となっています。

 改造したい点

(1)速度が機種に依存して誤差が出る。
   3機種で試しましたが、それぞれの機種毎に調整が必要でした。
(2)メトロノームの画面の色がきつい。もう少し、ソフトにしたい。
(3)チューニングのとき、音の高さはメニューから選ぶが操作しにくい。
   1の数字を押したらギターの1弦の音が出る、ような動きにしたい。
(4)各機能の音量設定を追加したい。

などです。問題は(1)で原因と対策を決めるために、リストを見て検討、改造を行いました。今回の改造は、改造部分を決めたら、行き当たりばったり方式で開始したため、結構時間がかかりました。

 次回は、改造のための検討内容です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

散歩での雑記2件 (2015年5月16日)

2015-05-16(土)未明は雨、のち曇り

 最近、とあるPythonスクリプトを弄っていることが多く(この件は、またそのうちに、、)、歩く距離が少なかったので、夕方歩きに出ました。水無川沿いをくだり、駅までの片道1時間コースです。雲行きは怪しいのですが幸い雨も降らず、曇っていて太陽が出ていない分、涼しくて歩きやすかったかもしれません。

 で、1件目ですが、今回も車絡みでひやっとすることがありました。狭い道を歩いて広い道路に突き当たります。信号があるので、信号が変わるのを待って渡ることにしました。
 信号が変わり、青になります。右から来ていた車で先頭の車は、若干無理して(車側の信号が黄色から赤に変わったところで)通過していきました。次の車は、停止線の大分前からスピードを落としてゆっくりと走ってきます。殆ど止まりかけています。
 いつもですと、止まるのを待ってから歩き出します。しかし、今回は左後方に、やはり道路に出ようとしている車がいます。あまり、いつまでも歩かないで立っていると、その車との関係が難しくなります。で、歩き出したのですが、先ほどの右から来た車が、ズルズルといつまでも止まらないのです。結局、横断歩道に車を先端を突っ込んでから止まりました。
 幸い、横断歩道の中央を歩いていたから良かったのですが、随分とヒヤッとしました。しかし、あの車の運転手は何をしてたんだろうか。人の歩く速度より遅くまで減速した後、ズルズルといつまでも止まらなかったのは、脇見か携帯電話か、何かに気を取られていたのかもしれません。
 以前にも危ないことがありましたが、やはり、左右の車が全部停まってから歩くのが正解だなと、再認識しました。

 2件目です。夕食の時間が近づいているので、帰りはバスで帰りました。で、横向きにすわる優先席で携帯電話を使っている若者がいます。半人分くらい離れてお年寄りがいます。で、「お年寄りには心臓の悪い方もいるから、この席で携帯電話はやめた方が、、」と注意したものかどうか悩みました。素直に聴いてくれるかどうか、、と悩んだわけです。でも、、と気を取り直して向き合おうとした時に、そのお年寄りも携帯電話を使い始めました。で、何か気をそがれて、というか若い人と年上の人に同時に注意する仕方も難しいな、、と思っているうちに降りていってしまいました。

 う~ん、何か色々と思った日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

Nokia E52 の再設定を開始した 続

2015-05-15(金)晴れ、のち曇り

 修理から上がってきた Nokia E52 の設定について一昨日書きました。その後、以前と同じ設定に戻ったところで、代替機にしていたN78に比べて見やすいことに、改めて気がつきました。

Sscn0018a  Ssce0601a(左:N78、右:E52)

 右のE52の方が、すっきりとして見やすいです。
理由は
(1)背景画像の違い
(2)不要な機能の表示が消せない。(WLAN、とかSearchの行など)
(3)先の予定やメモが、表示可能行数分出てしまう。
   (E52は本日のメモと、今後の最初の予定のみ)

(1)については、文字の見やすさと本体の色デザインと調和したものを自作するのは面倒です。
(2)については、E52は細かな設定で消すことが出来るようになっていますが、N78では設定では消せません。
(3)は、先のことが分かって便利なような、見にくくて不便なような、悩ましいところです。

 E52の画面は、パーソナルとビジネスが切り替えられるようになっています。また、E52はキーボードのキートップも大きく、押すときの感触も、何とも言えず使いやすいです。そういう意味ではE52は、すっきりした使い勝手なども、良く検討されているのかもしれません。

 改めて、そんなことを思った日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

コミックの整理 「ユカを呼ぶ海」

2015-05-14(木)晴れ、のち曇り/暑い

 先日も、コミックなどの整理と処分の悩みなどについて書きました。迷い始めると、なかなか整理は進まないですね。今回、籠へ入れたり出したりして、まだ処分決定に至っていないものが、これです。

Dscn1813a

 「ユカを呼ぶ海」:ちばてつや作 1988年出版の本ですから、随分昔に見かけて購入したものです。多分、神田の大きな書店のコミック売り場に通っていた頃の事でしょう。

 「母と娘で見る漫画名作館シリーズ」だから、少女漫画に区分されてはいますが、昔は必ずしも区分は(読む方から見て)明確ではなかった気がします。男性作家の書く少女漫画は、少年と少女のボーダーラインにあったとおもいますし(*1)、今のように本が溢れている時代ではないから、あるものはみんな読む、、というスタンスです。近くに同年代の女の子がいれば、その子の本も読ませて貰う、、ということで、結構読みました。

 *1:これぞ少女漫画範疇、、というのは「わたなべまさこ」 さんでしょうか。

 「ユカを呼ぶ海」は、元々は1959年頃の作品です。子どもの頃、ぽつりぽつりと読んだ記憶があります。きっと、その時のことを思い出して、買ったのだと思います。
 当時は、結末に向かって読んでいったから良いのですが、結末を知った後は、ちょっと読みにくいですね。まあ、ハッピーエンドとは言いにくいですから、、。で、処分しようと思ったのですが、、、なかなか踏ん切りがつきません。

 多分、ぐずぐずと暫く持っていることになるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

Nokia E52 の再設定を開始した

2015-05-13(水)晴れ/暑い(台風6号の影響)

 故障して修理に出していたNokia E52が帰ってきたので、再設定を開始しました。過去に設定を行ったときの手順が細かに記録してあるので、再設定は迷うことはありません。インストールするアプリも一覧があるので、順を追って入れていけば問題なく進みます、概ね、、。
概ねと書いたのは、以前と若干、違う点もあるからです。少し考える必要はありますが、一応クリアできました。

 違う点というのは、、
(1)修理はボード交換のようで、IMEI(個体番号)が変わった。
(2)ovi store がなくなったので、以前はWEBから直にインストールしていたものを
   探す必要があった。

Dscn1816a

 左は代替で使用していたN78です。右がE52ですが、同じ使用環境になってきました。これで、入れ替えできそうです。N78も悪くはありませんが、やはりE52の方が使いやすいです。

 E52の環境が整ってきてホットしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

香港「3」のプリペイドSIMの有効期限の謎?

2015-05-12(火)曇り、のち雨(台風6号の影響)

 香港「3」のプリペイドSIMの有効期限で、よく分からない事がありました。私としては嬉しい方向なので問題はないのですが、若干心配な点もあります。以下、順を追って書いてみます。

 香港「3」のプリペイドSIMは、現在2枚、保持しています。
(1)3G Int'l Roaming Rechargeable SIM Card
(2)HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM

 色々なテストに便利と言うこともあって、半年に1回のリチャージを続けています。あと、販売されるSIM(の種類や特徴も)も変わってゆくので、慣れたものを確保しておきたいという意味もあります。
 上記の2つも、既に「3」のWEBでも、普通にリンクを辿るのは難しいです。新しい種類のSIMが販売されています。(香港の)街中でも、このSIMは入手が難しくなっているようです。

 さて、上記(1)の、半年に1回のリチャージの時期が近づいてきたので、いつも通り「##107#」に発信して残高と期限を調べました。そこで、???と首をひねりました。いつの間にか、期限が延びているのです。プリペイドSIMの有効期限はアクティベート、あるいはリチャージから180日です。
前回のリチャージ日は 2014-11-15 です。この時点での次の期限は 2015-05-15 でした(概ね、6ヶ月後)。で、今届いたSMSでは 2015-11-15 です。

2014-11-15:前回のリチャージ
2015-05-15:その時点での、次の期限
2015-11-15:今見たときの期限

Scym0352a(残高と期限のSMS)

 すでに半年延びているのです。自分でリチャージしておいて、忘れているんだろうって?。
いや、そんなことは無いはずです。いくら昨日の夕食のメニューを忘れるほどだからといって、リチャージしたことを忘れることはまだ、ありません。(とはいえ、頭の中が心配なので)忘れていないはず、、の理由を数え上げてみました(苦笑)。

(イ)リチャージは予定表の5月13日に書き込んであり、まだ日時が来ていないので
   リチャージを実施することはない。
(ロ)リチャージしたときにくる、トランザクションレセプトメールが来ていない。
(ハ)5月11日以前にリチャージしたら、次の期限は11月11日より前のはず。
   11月15日という期限日付は、前回のリチャージと関係ありそう、、。

 というわけで、何らかの理由で期限が延びたと考えられます。

(ニ)正月か何か?のキャンペーンで、期限を1回伸ばす処置があった。
(ホ)システムの何かの理由(不具合とか?)があったので、1回伸ばす処置をした。
(へ)有効期限が180日から1年になった。
(ト)単なるシステム上のミス?

 実際のところは、よく分かりません。香港「3」のWEBを詳しく調べていないので、よく分かりませんが、上記(ニ)の何かのキャンペーンかボーナスだろうと思います。
 あれはシステムのミスでした、、などと、いきなり有効期限切れにならないように、暫く期限、残高チェックを頻繁にして、見守っていきたいと思います。
 ちなみに、(2)のSIMは2014年12月にリチャージしているのですが、こちらは記載通り180日の有効期限(2015年6月まで)のままです。
 なんとも、不思議に思った出来事でした。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

少し寒い感じの日が続いている

2015-05-11(月)晴れ

 暫く前は、少なくとも昼間は暑いくらいで、夜寝るときも毛布は要らないくらいでした。昼間歩くときも上着があると暑くて、脱いで歩いていました。しかし、ここのところ、昼間は寒いことはありませんが、朝晩、特に朝は寒いと感じる日が続いています。
 まあ、年をとったから余計に寒く感じるということはあると思いますが、それでも確かに気温は低いようです。あと、身体の感じ方もあるのでしょうか。
 冬から春に向かうときは、朝の室温が12度を超えていれば暖かく感じたものが、今では室温が20度を下回っていたりすると寒く感じたりします。今朝は17度くらいだったせいか、朝方布団の中で震えてしまい、押し入れから毛布を引っ張り出しました。
 この時期は寒暖の微妙な時期ですし、気温の動きがあって、衣類や寝具の調整が難しい時期です。街を歩いていても、半袖の人から、私のようにジャンパーを着ている人まで様々な季節です。
 うっかりして体調を崩さないようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

発表会のピアノ合わせ第1回め

2015-05-10(日)

 通っているカルチャーセンターのクラス(声楽、歌のコース)では、2年に一度、6月に発表会を行います。今年が、その2年ごとの年になります。
   6月28日(日) 12時ぐらいからかな
   小田急線東海大前駅 タウンニュースホール

 今日は、その為のピアノ合わせに出席してきました。

 発表会ではなく演奏会と言いなさいと言われているのですが、自分の出来を考えると発表会と言いたくなります。
 まそれはそれとして、演奏会前には2回、ピアノ合わせを行います。当日、伴奏をして下さるピアニストの方の伴奏で歌って、いろいろと打ち合わせをするわけです。正直、第1回目だと、凄く出来上がっている人、私のように、とりあえず何とか最後まではたどりつけそう、、みたいなケースと色々です。
10時半から17時まで、休憩を挟みますが、指導の先生やピアニストの方は大変です。私は、午前中の順番だったので、15時前には失礼して帰路につきました。

 今日の出来は、、とりあえず譜面通り、最後まではたどり着きました。レッスンの時は、まだ早く出たり、長い音を伸ばしきれずおかしくなったりしているのですが、今日は何とか譜面通りでした。伴奏のピアニストの方は毎回やって下さる方ですが、プロの方の伴奏で歌うと、凄く歌いやすいですね。自分の歌の出来不出来は別にして、、、。
 そんな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイバック’70フォーク「夢」 (PB70FD)の5月、6月演奏会予定

2015-05-10(日)晴れ、のち曇り

 PB70FDのリーダから、題記の予定、チラシを戴きました。予定が合う演奏会は聴きに行ってみようとおもいます。せっかくなので、私のブログの賑やかしと、演奏会のことを広めるために、いただいたチラシを掲載します。
 還暦世代には懐かしい、そして若い世代には新しい音楽として、楽しめるのではないでしょうか。年間20回近く?、演奏会をしているし、その為の練習日もあるから、凄く頑張っているなあと思います。その成果もあって、演奏レベルは保証付きです。

5月、6月には下記の日に出番があるとのことです(単独、合同含めて)。
 ・5月17日
 ・5月31日
 ・6月7日
 ・6月21日
 

6月21日分のちらし     全部の回のちらし

Pb70fd201505_1    Pb70fd201505_2

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

Nokia E52 携帯電話がなおって帰ってきた

2015-05-09(土)曇り

 故障して電源が入らなくなった Nokia E52 携帯電話 ですが、治って帰ってきました。3月20日だったか、我が家を出て香港へ旅立ちました。その後、故障箇所チェック、部品入手、修理、、と進んで、若干日にちがかかりましたが、無事治って我が家に戻ってきました。

Dscn1815a

 

電源を入れて通話テストしているところです。問題なく使えました。一番のお気に入りでしたから、治って帰ってきて、本当にホットしています。

 修理は、購入でお世話になっている 「電脳中心買い物隊 in香港」さんにお願いしました。私の場合ここは、Nokia携帯電話で困ったときの頼みの綱になっています。
 何はともあれ、治ってホットしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

Python 電話帳アプリ jContactsM を更新した jContactsM_201(1)

2015-05-08(金)晴れ

 jContactsM は、携帯電話の電話帳から検索して電話をかけるためのアプリです。

 前回、色々な電話サービスに対応できるかなと、ダイアルコード挿入を行なうための改訂を行いました。が、若干、不備があったので修正しました。また、検索した電話番号をsms送信にも使えるように、sms作成画面を起動するメニューを設けてみました。例によって、余り使わない機能にこだわって改造する悪い癖が出ました。

今回の改訂内容

 ・複数の電話番号が登録されている人の場合、オプション3/4でのダイアルコード
  挿入制御が正しくないことがあるのを対策した。
 ・sms作成画面を起動するメニューを新設した。
 ・電話番号の一部分を検索する部分検索を、find から 普通の比較判定に変更した。
  if nbr.find('+81') == 0  → if nbr[:3] == '+81'

sms作成画面の起動:
 sms作成画面の起動は、(作成の)簡単化のためWEBブラウザを経由して起動する方法としました。使用時はひと手間、面倒かもしれませんが、、。

Sscn0015a Sscn0016a

 番号を選択する画面のメニューに「Start sms」を設けました。右のように、選択した番号を「To欄」に入れたsms画面を起動します。
 この画面は、通常の message -> text messageで起動した画面と同じです。
 

Sscn0017a

 ブラウザを経由しているため、sms送信を行った後にブラウザを閉じる操作が必要です。まあ、sms送信は、めったに行わないので良しとしました。

モジュールは例によって、「Pythonスクリプト雑記」の
 「7.電話帳検索と国際アクセスコード置換のスクリプト」 に載せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

コミック 手塚治虫漫画全集 がちらほら

2015-05-07(木)晴れ

 昨日に引き続いて、コミックの整理の話です。色々買った割には、手塚治虫さんの作品は、意外と少ないです。「火の鳥」「リボンの騎士」あたりは持っていますが、、。で、中途半端なのが「手塚治虫漫画全集」です。これは、確か200巻以上のシリーズのはずですが、12~13册くらいしか持っていません。余りに膨大なものになるので、買い続けるのを諦めたような気がします。まあ、必ずしも読みたいものばかりではなかったのかもしれません。
 で、中途半端なので、古本屋へ持ち込む籠に入れることにしました。

Dscn1810a

 「リボンの騎士」とか「エンゼルの丘」は他のシリーズとダブっていたりするのですが、表紙絵が違ったりするので、暫く置いておくことにしました。大幅に処分するつもりで始めたのですが、なかなか減らないですね。考え始めたら駄目なことがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

コミック 「はみだしっ子」シリーズ 三原順

2015-05-06(水)

 以前から本とかコミックは少しずつ処分していました。最初のうちは、簡単に決められるものが多く、かなり処分しました。これからは、その時に踏ん切りがつかなかったものになります。読むことはなさそうだけど、手放したら後で考え込むかも、、と思うわけです。
 書籍などで、図書館でも読めるものはまだいいですが、コミックなどは読み返したくても入手できないかも、、という場合もあります。あと、文庫化されていても、文庫版に小さくなったものはどうも、、という事もあります。書籍などは文庫でも良いのですが、絵で構成するコミックは、小さくなると、それだけ読みにくく、迫力が少なくなります。
 ということで、時々本やコミックの整理の話と、虫干しならぬ「こんなのもあったけどどうするかな」という話題も出てきます。

 今回、処分しようと籠に放り込んだものの、悩んで結局保留になったものがこれです。

Dscn1808a

Dscn1809a

 三原順「はみだしっ子シリーズ」、1970年代の作品です。実際は、三原順作品は他にもありトータル30册なのですが、まずは連作長編をどうしようかと考えたのです。このシリーズの話は、かなり重いです。多分、読むことはないだろうなと思うのですが、いざ籠を持って古本屋へ、という段になると躊躇します。
 結局、保留にして、暫く考えることにしました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老齢化すると水分不足に要注意か

2015-05-06(水)晴れ

 年をとると、喉が渇いたとか空腹だととかの感覚が、若いときに比べて少なくなるようです。喉が渇いて、水が飲みたくて仕方がない、、などと感じるのは少ない気がします。十分摂取しているからとか、若い人ほど動いていないから、、というのでもないようです。だから、喉が渇いたから水を飲む、お腹が空いたから食べる、という行動だと良くないですね。それでも、食事は朝昼晩という区切りがあるからいいですが、水分については注意が必要です。

 真夏は一日に何度も、熱中症とか耳にするから気をつけますが、この時期も要注意みたいです。この時期は結構湿度が低くて、そのせいでさらっとして気持ちがよいのですが、その分、水分摂取が必要です。喉が渇いた感覚がないから飲まないのですが、身体では不足しているみたいです。

 何故そう思ったかというと、、、、。そろそろ連休も終わりなので、朝から窓を開け払って掃除とか、不要物を片付けたりとか、本やコミックで処分できるものがないかなどと本棚をひっくり返したりしていました。暑くも寒くもなく、静かで、本の整理も気持ちがよいものです。しかし、、何となく調子が出ません。身体を動かすと怠いし、何となく気持ちが悪いのです。
 で、午後に歩きに出かけるときに、出る前にトイレに行った方が良いか、途中のトイレは何処を当てにしておくかと考えたときに、実は水分不足ではないかと気がつきました。というのも、午前中トイレに行く回数も、水を飲む回数も殆どなかったからです。そういえば、全般的に最近、ミネラルウオーターのペットボトルの本数が減っています。
 で、家を出て直ぐにコンビニエンスストアでスポーツ飲料を購入、少し歩いてはゴクゴク、少し歩いてはゴクゴク、と飲みながら歩きました。

 これで、途中から気分が持ち直してきて怠さも軽減してきました。以前ですと、こうやると途中でトイレに行きたくなるのですが、結局家に帰るまでトイレに行きたくはなりませんでした。かなり水分が不足していたのだろうと思います。
 年をとったら気をつけないといけないなと感じた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

Nokia携帯電話の電話帳で検索できない、、

2015-05-05(火)曇り/晴れ

 Nokia携帯電話で、電話帳検索用Pythonスクリプト「jContacts」を改造したりテストしたりしています。そのとき、内蔵の電話帳アプリで、うまく検索できないという現象に出会いました。何が原因かは、特定できていません。言語との関係か、後から入れたアプリが邪魔をしているのか、、??分かりません。ただ、対症療法は分かりました。

現象:(6120 Classic と N78 でテスト)
 機種は中国語の機種、電話帳には姓・名欄を使って、日本語とローマ字名を登録しています。内蔵の電話帳で、アルファベットを2~3文字入れて検索すると、検索されない人がいます。あるいは、機種によっては、出てくるはずのない人(ローマ字名に、検索している綴りがない人)が出てきます。
 日本語部分が邪魔をしているのかとも思いましたが、中国語版で漢字が使える機種なので、それも変な話です。

調査結果:
 電話機の言語設定で動作が変わることが分かりました。電話機の言語の設定には2つあります。メニューなど表示の言語設定(電話機言語 Phone Language)と、入力開始時の言語(Writing Language)です。
入力開始時の言語の設定が中国語だとOK、電話機言語には影響されない、という結果でした。                                

電話機言語 入力開始時言語 テスト結果
英語 英語 ×
英語 中国語
中国語 英語 ×
中国語 中国語

 中国語にするとOKと言うことは、文字コードの扱いに何かが影響している可能性がありますが、これ以上のテストは思いつきませんでした。まあ、対症療法が分かったから良しとしました。

Scrc0004a  Scrc0005a

 左のようにWiting Language をEnglishにすると、検索文字「Nis」で誰も出てきません。

Scrc0008a  Scrc0010a

  Witing Language を中国語指定にすると、「Nis」 で西沢「Nisizawa」さんが出てきます。

 通常は、スクリプト版「jContacts」を使用するので、とりあえずは、この使用方法で良しとしました。

 今でも色々と弄りどころがあって、面白い携帯電話ではあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

地域の文化祭

2015-05-04(月)晴れ/曇り

 良く利用する大きなスーパーは、色々な催しとかやっています。くすのき広場でのコンサートとか、館内中央スペースでの催しとか、、。その一つに、そのスーパーがある地域での文化祭「XX地区文化祭」と銘打った行事があります。市内の色々な趣味団体がエントリーして、色々な出し物があります。音楽とか、フラなどの踊りとか、子ども達のダンスとか、、。
 スーパーに行く時間と合うようだったら少し聞いてみようかと思っていたのが、「秦野フォークソング同好会」です。最後の2曲だけ聴くことが出来ました。

Dscn1812a

 

最後の曲は「スタンドバイミー」でした。それにしても、こうやって人前にでて演奏するというのは、頑張っているなあ、、と思いました。
 連休らしい催しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

水無川の風景、鯉のぼり

2015-05-03(日)晴れ

 連休の前半は、良い天気が続いています。かといって、それほど暑くもなく、歩くにはまずまずかもしれません。道路が混んでいると嫌だから、、と、ここのところ、車での外出は控えています。
 ということで、今日も家から秦野駅まで、水無川沿いを歩いてきました。

Dscn1804a (運動公園入口、歩道橋から)

 4月末から5月始めの、恒例の鯉のぼりです。かなりの距離に渡って、鯉のぼりがはためいています。その下では、、小さな子どもを連れた家族がシートを敷いて団らんしています。

Dscn1807a (富士見橋の手前)

 桜並木の下は、程よい木陰になっていて、団らんにも散歩にも快適です。この辺は鯉のぼりがないので、シートを敷いている家族連れはいませんでした。

 家から歩くと、駅まで1時間です。程よいウオーキングになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

源実朝公御首塚を訪れてみた

2015-05-02(土)晴れ

 今日も良い天気です。世の中は5月連休で賑やかなんだろうな、と家でインタネットラジオを聴いていました。が、それだけではまずいので、運動を兼ねて題記のところを訪ねてみることにしました。お弁当を持ってハイキングのつもりで出かけるならば、歩いていけないこともない距離です。が、今日は、バスを乗り継いで行くことにしました。時間に縛られないから、気軽なお出かけです。
 秦野には40年強、住んでいますがいまだに訪れたことはありません。「源実朝公御首塚」の入口のところは、車で良く通るのですが、、。
 秦野駅からは、駅発~右回り~駅着と駅発~左回り~駅着の2系統のバスがあります。いずれも200円前後の運賃でした。車では良く通っている道路ですが、バスでは初めてで新鮮でした。「中庭バス停」で降りました。

Dscn1791a (バス道路からの入口)

 なんか、素朴な案内看板ですね。

Dscn1792a (塚の入口)

 バス道路から3~4分歩くと「たはら公園」と「源実朝公御首塚」です。

Dscn1793a (塚の中心部)

Dscn1797a (石段の上)

 石段の上、祭ってあるところです。3本立っているうちの、一番右が(多分)それです。

 ところで、「御首塚」を、今まで「おん くびづか」だと思っていました。あるいは、たんに「くびづか」とか、、。私の後から来た何人かも「くびづか」と話していました。で、立て札を見たら 「源実朝公御首塚」は「みなもとのさねともこう みしるしづか」と書いてありました。そうよぶのがいいのかなと知った日でした。

Dscn1795a (実朝公の歌碑)

 直ぐ横にある歌碑です。

Dscn1801a (周りの風景)

 周りの風景です。山と畑で、静かで喉かな雰囲気です。のんびりしにゆくには良いところです。
 直ぐ隣の「たはら公園」も、3種類くらいの遊具のある小さな場所の他に、草と土の大きな広い場所があります。子どもを、好きに走り回らせるには良いところです。変に手を加えないで、そのままにしておいて、子どもが怪我を気にせずに走り回れるようにしておいて欲しいと思います。
 その他には、野菜の販売をしているお店というか直売所というかがありました。

初めて行ってみた「源実朝公御首塚」でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

第9回 丹沢アートフェスティバル

2015-05-01(金)晴れ

 公民館の図書室にいったときに、公民館の出入り口にあるパンフレットが目につきました。他のものに比べて色が濃いのと、沢山あったからです。で、1部、いただいてきました。

 丹沢アートフェスティバル 4月29日~5月31日
  (詳細はこちら

Tanzawa_art

市内のあちこちで、色々な催しが行われるようです。5月連休は遠出はしない予定なので、何かに行ってみるかなとパンフレットを見ています。
 連休は前半が、天気が良さそうですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »