« E52 電源が入らなくなって慌てた、、その3 | トップページ | 故障の携帯電話、E52は香港へ向かった »

2015年3月19日 (木)

今更ながら、Nokia 6120 Classic を購入した

2015-03-19(木)未明は雨、のち曇り、のち雨 

 先日のN95(中古)、N78(中古)に続いて、Nokia 6120 Classicを購入しました。色々購入しているのは、コレクションのほか、色々なテストをするためです。それぞれのテストの環境を壊さなくても良いように、別々の機体に設定するわけです。

Dscn1735a (梱包の箱、カセットと比較)

 箱は、今までのものと比べると、随分小さいです。固定材もなく、ただ必要なものが入っている、、という感じです。

Dscn1737a (本体とバッテリー2個)

 バッテリー2個入っているのは元々なのか、ショップの親切なのかは分かりません。

 前回の2機種は中古でしたが、今度のは一応「新品」となっています。が、何となく出所が??の所もあります。新品は新品らしいですが、質感が今一、というか若干チープな感じがします。
 7~8年前に友人と香港へ行ったときに、友人が香港版のNokia 6120 Classicを購入しました。その時触った感じでは、もう少し質感が良かった気がします。が、長く使ったわけではないので、そう感じるだけかもしれませんが。

 NokiaがS60機を作らなくなったので、中国の会社か、ノキア・チャイナか分かりませんが、中国の市場用に安いものを作っているのかもしれません。でも、何となくチャイナ品質な所の突っ込みどころが多いですが、、。
 中のラベルのモデル名が Model: がMode:になっています(lが抜けている)。説明書が紙一枚で、バッテリー型名が違っているし、SIMの挿入方法の図の機種が違うし、今までのNokiaのものにはなかったところです。良く理解していない人が、実物を見てラベルを作ったけど綴りを間違えたとか、適当に別の機種の説明書の図を使ったとかかなと思ってしまいました。

 さて、実際の動作がどうかは、これからです。私としては、ちゃんとS60 FP1の機種として動けば、とりあえずは問題はありませんが、、。使ってみたら、また書きたいと思います。

|

« E52 電源が入らなくなって慌てた、、その3 | トップページ | 故障の携帯電話、E52は香港へ向かった »

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/61306474

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら、Nokia 6120 Classic を購入した:

« E52 電源が入らなくなって慌てた、、その3 | トップページ | 故障の携帯電話、E52は香港へ向かった »