« ブルックス大井事業所の無料試飲室に行ってきた | トップページ | Python: 花粉情報をみる PyStnPollenを V0_01_2 に更新した »

2015年3月 1日 (日)

E52 電源が入らなくなって慌てた、、その2

2015-03-01(日)曇り、のち雨

 先日、E52の電源が入らなくなって慌てた顛末を書きました。昨夜も、SIMをはずすために電源を切ったら、また電源が入らなくなりました。今朝になって、何度もやっている内に電源が入り事なきを得ました。今後、電源が切れないな、、と思っていたのですが、何となくこれかなと言う理由が見つかったみたいです。
 前回の記事 「E52 電源が入らなくなって慌てた、、

 推定理由: フォントの切り替え(E52ではFontRouter LTを使っている)と
         SBM絵文字表示(PictGraph)のアプリのコンフリクトらしい。

 対策:SBM絵文字表示(PictGraphの使用)をやめた。
     フォント切替は使用継続する。

 結果:それ以後、何回か電源オフ、オンをしているが、問題なく電源が入った。

 E52が駄目な場合の代わりの機種として、C5-03を使おうかとセットアップしているときに気がつきました。SBM絵文字表示は、PictGraphというアプリ(レオナパパさんの作成されたアプリ)を使用しています。アプリフォルダをコピーしているときに、PictGraphの前バージョンのPictGraph3の説明を読んでいて気がつきました。前バージョンのPictGraph3の説明書の中にフォント切替とPictGraph3の問題について書かれていました。PictGraphの方には書かれていなかったのですが、ひょっとしたら、これかなと思って、アンインストールしてみたところ、電源オフ、オンが出来るようになりました。
 どうするか色々考えましたが、とりあえず今後はSBM絵文字表示は使わないことにしました。(注1 文末参照)

 SBM絵文字表示は、カレンダーのメモに書き込んだ天気予報を、待ち受け画面に表示するときにしか使っていません。これだけなら影響は大きくありませんので、この部分の絵文字を諦める事にしました。

Ssce0529a  Scxx0038a

 左が絵文字を諦めた画面、右は以前の記事の画面で絵文字有りです。天候のアイコンが絵文字で表示されています。

 E52を修理に出そうかとまで考えていたので、何とかなってホットしました。
  
-----
  (2015-03-18 追記
   コンフリクトではないかもしれない事が分かりました。インストールしてなくても発生しました。 「E52 電源が入らなくなって慌てた、、その3」)
-----
 

|

« ブルックス大井事業所の無料試飲室に行ってきた | トップページ | Python: 花粉情報をみる PyStnPollenを V0_01_2 に更新した »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/61215368

この記事へのトラックバック一覧です: E52 電源が入らなくなって慌てた、、その2:

« ブルックス大井事業所の無料試飲室に行ってきた | トップページ | Python: 花粉情報をみる PyStnPollenを V0_01_2 に更新した »