« 相変わらず、雀の砂浴びの穴が沢山 | トップページ | 通信元アプリの分からない通信は不安だ »

2014年8月24日 (日)

稲も、大分実ってきた。

2014-08-24(日)曇り/晴れ

 20~30年前に比べると随分と減ってしまった水田ですが、それでも、あちこち歩き回ると水田が見つかります。そろそろ、穂が垂れ下がり始めました。

Dscn1461a

Dscn1460a

 よく歩く、スーパーから家電量販店への道の途中は、かなり大きい範囲で水田になっています。現在知っている場所では、ここが一番大きいですね。

 穂が垂れ下がり始めました。近づいてみると、若干、雀にやられたのかな?という粒も見えます。ずっと向こう側では、かなり広い範囲で網が被さっています。

 それにしても、水田風景も減ってしまいました。「みのるほど頭を垂れる稲穂かな」などという言葉も、稲穂を知らなくなれば消えてゆくのかな。

 そんなことを思いながら、水田の中を歩いてきました。

|

« 相変わらず、雀の砂浴びの穴が沢山 | トップページ | 通信元アプリの分からない通信は不安だ »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/60206250

この記事へのトラックバック一覧です: 稲も、大分実ってきた。:

« 相変わらず、雀の砂浴びの穴が沢山 | トップページ | 通信元アプリの分からない通信は不安だ »