« 七夕かな? | トップページ | Python: モブログ投稿スクリプト PyPostblog »

2014年7月 8日 (火)

久しぶりな雑誌を購入、トラ技

2014-07-08(火)曇り、のち晴れ

 大きな本屋に行ったときに目について、久しぶりな雑誌を買いました。通称「トラ技」、トランジスタ技術 という雑誌です。最近話題になっている「ラズベリーパイ」という、クレジットカードくらい?の大きさの基板に載った超小型のPCみたいなものの特集記事が載っていたからです。

Dsc03966a

 昔、トランジスタなどのディスクリート部品や、せいぜいSSIと呼ばれる小規模集積回路で自作などしていた頃は、この手の雑誌も良く買いました。が、その後、LSIが進んでからは自作の熱意が薄れて、雑誌も買っていませんでした。トランジスタ技術、ラジオ技術、無線と実験、CQ誌、、、などなど。そういえば、少年時代だったか、電気関係への興味を増幅してくれて、結局、電子装置の業界に進むきっかけになったのは「初歩のラジオ」だったような気がします。

 さて、自作も廃れたかというと、そうでもないみたいです。もちろん、基本にはLSIやマイコンなども使われますが、買って終わり、ではない自作の世界があるようです。もっとも、パソコンや携帯電話のソフトを作るのも、自作の世界といえますが、、。
 隣にあった雑誌では、「ラズベリーパイ」を使って時計を作っていましたが、その表示素子が、懐かしいニキシ管でした。ニキシ管、、ネオン管のようにネオンガスを封入したなかで発光させて数字などを表示する、一種の真空管ですね。まだ、あったんだと思ったら、さすがに日本には無いみたいで、ロシアとかあちらの方の在庫らしいです。
 記事の中でも書いてありましたが、レトロですねえ、ノスタルジアですねえ、。もっとも私も、いまだに真空管アンプを使い、修理などしているんだから、レトロ、ノスタルジアと言われてしまうのかな。

 そういえば、学生時代の卒業研究で使ったニキシ管の余り一本を、まだ持っていたような気がします。卒業式も近づいているような日まで、卒論のデジタル機器を組み上げたり卒論を書いていて、残りを返却するのを忘れていました。卒論を提出したのは、卒業式の前だったか、後だったか、、今となっては記憶の彼方です(汗)。所属の科の主任教授の研究室だったから、融通度の幅が大きかったのかななどと(変な方向ですが)感謝しています。

 というわけで、当時から持っている色々な部品を使って、(実用にはならないけど)何か作ってみようかと考えた日でした。

|

« 七夕かな? | トップページ | Python: モブログ投稿スクリプト PyPostblog »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59952986

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりな雑誌を購入、トラ技:

« 七夕かな? | トップページ | Python: モブログ投稿スクリプト PyPostblog »