« 駅前の再開発雑談 | トップページ | 第3回 「カントリーとフォークの休日」に行ってきた »

2014年7月 5日 (土)

駅前の風景、その2

2014-07-05(土)

 先の記事で、駅前の再開発で古い商店街の建物がなくなりつつある駅前風景を書きました。その写真を撮ったのは、駅前の橋「まほろば大橋」からでした。まほろば大橋には時計の塔があったりして、そちらばかり見ていましたが、良く見ると彫刻が置いてあったりします。植え込みの色が強いので、ちょっと目立たないのですが、、。
 今まで、余り見ていなかったような気がします。それは、全体の構成/構造も絡んでいます。水無川の両側に道路があり、橋はそれをつなぐような形になっています。両方の道路の歩道は、川に面した側の反対側です。だから、片側の信号を渡った場合、橋の反対側の信号も渡りたいから、周りを見ることなく足早に歩くケースが多いのです。走る人とか、場合によっては、信号が青に変わる前に走り出す人もいます。
 今回は、写真を撮ったついでにのんびり歩いて、彫刻も見ました。

Dscn1374a

 説明の立て札とかはありません。普通に見れば、山や自然に恵まれた所、、と言いたい土地柄なので、木陰に座る人影と猫という風に見えます。
が、色々な事を考え合わせると、ピカドンの雲と、耳と頭を抱える人影と猫と言う風にも見えます。まあ、そう見えるのは時期柄というのもあるかもしれません。8月が近いですし、ピースキャンドルナイトの話題も出ている時期ですし、。それに、戦争への行進をさせたそうな人達の話題も無いことはないし、、。

 そんなことを考えながら帰ってきました。

|

« 駅前の再開発雑談 | トップページ | 第3回 「カントリーとフォークの休日」に行ってきた »

一般」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59933059

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前の風景、その2:

« 駅前の再開発雑談 | トップページ | 第3回 「カントリーとフォークの休日」に行ってきた »