« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

合唱の練習に行ってきた

2014-05-31(土)晴れ

 今日は隣の隣くらいの市まで、合唱の練習2回目に行ってきました。とある団体の、6月29日に行われるガラコンサートの最後に歌うことになっているので、男性合唱をやるメンバーが、入れ替わりで(都合のつく人が)集まって、少しだけ練習します。4パートあるので、一応、皆で全パートを一通りやったあと、各パートに別れて合唱して練習します。といっても、今回は3名での練習(先生を入れて3名)なので、練習になったのかならなかったのか、微妙なところです。
 当初の予定では、8名で各パート2名の予定でした。カルチャー活動は女性が多く男性は少ないので、これでも頑張ってメンバーを集めた方なのです。が、都合のつかなくなった方もいたりして5名でやるとになりました。一番下を補強するため2名で、他のパートは各1名でやることになりました。これはきついです。私はテノールですが、一番上のパートを受け持つことになりました。一番上は、歌のメインのメロディーなので歌いやすいのですが、目立つので怖いところでもあります。
 とりあえずは頑張って練習するしかないなあ、、と思いながら帰ってきました。なお、きちんとした姿勢で、きちんと声を出して歌うと、胸の筋肉、腹筋、背筋、足の筋肉などの運動になって、結構健康によさそうだなあとも思いながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

田植えも大分進んだ

2014-05-30(金)晴れ

 夕方、スーパーの近くを歩いたら、水田の田植えが進んでいるのに気がつきました。以前は家の近くでも、この時期になるとカエルが五月蠅いくらいに鳴いたので気がついたのですが、最近はカエルの声を聴かなくなりました。さすがに、家の近くでは水田がなくなってしまったからかなとは思います。

Dscn1343a

 末広町ですが、この辺は未だ水田が多く残っています。夜には蛙の合唱が聴かれるかなあ。五月蠅いと言う人もいますが、水田に囲まれたような土地柄で、赤ちゃんの頃から聴いていると不快には感じません。夜中に蛙の合唱が聞こえると、ああ夏がくるんだなあ、、と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

某巨大掲示板ビューワを更新した st2ch_m044

2014-05-29(木)晴れ、いちじ雨、晴れ/曇り

 出先で某巨大掲示板を見るには、st2ch (st2chは buzzafiさん作のアプリです) を改変したst2ch_m043で見ています。 (過去の記事  「21.st2ch を使う」)
一昨日の、半角80文字表示の件でテストしているときに、フル画面表示に気がつきました。そこで、st2ch_mでもフル画面表示にして、ログ読み画面を広くするための更新を行いました。携帯電話の画面は小さいので、わずかでも広くなるのは歓迎です。特に、タッチ携帯電話の場合は、長手方向の広がり具合は大きいです。

変更内容:
 ・表示画面をフル画面にした。(縦、横画面とも)
 ・終了時には縦画面に戻すように処理を入れた。
 ・設定読み込み(confread)ルーチンのループ回数が少なかったのを修正した。

変更前後の画面比較です。

Scym0303a(Normalの画面)

Scym0308a(Fullの画面)

 長手方向の広がり具合が大きいのが分かると思います。

Scym0309a    Scym0306a 
 左がNormal画面、右がFullの画面です。横方向の広がりはありませんが、何となく広々としています。
 スクリプトに2~3行入れるだけで、これだけ変わります。いつまで経っても、勉強するポイントはあるものです。

 モジュールは例によって 「Python スクリプト 雑記」 の 「21.st2ch を使う」に載せました。
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

HP200LXの代替: Nokia携帯で半角80文字の表示 その2

2014-05-28(水)曇り、のち晴れ

 昨日は、出納帳を集計したテキストによる表ファイルを表示するための、半角80文字表示の工夫(その1 テキスト表示みたいな内容)でした。考えてみれば、フォントの表示の大きさを変えることができるのはWEBブラウザも同じです。
 今対象にしている入力ファイルはCSVファイルみたいなものです。カンマ区切りではないですが、スペース区切りのデータです(スペース、セパレーテッド、バリューみたいな、、)。ということで、HTMLの表形式に変換すれば、表として見やすいと考えました。WEBブラウザの設定でのフォントサイズ指定と、HTMLでのフォントサイズの指定を組み合わせれば、かなり自由な大きさにできるはずです。

 まずは、簡単にHTMLの表形式に変換するスクリプトで変換して、WEBブラウザで見てみました。

Scym0296a
  (枠有り、HGゴシックE)
 
Scym0302a
 (枠無し、普段使っているフォント)

 これなら、表としてみるには便利です。普段使いのプロポーショナルフォントでも表としてきちんと並んで表示されます。

 ということで、2つの方向が決まりました。

(1)出納帳集計の表を見るには、HTMLの表に変換して閲覧する。
  HTMLの表に変換してブラウザを起動する PyTblViewer(仮称)を作る。

(2)昨日のテキスト表示のは、テキスト/ドキュメント表示用として、
   PyDocViewer(仮称)を作成する。
  (プログラムのリストを見るには、カラム数が多い方がべんりです。1行が
  3行、4行に折り返されると、チェックになりません。)

 今までのスクリプトの中のモジュールを部品として使用すれば、かなり作成が楽になるはずです。最近は、スクリプトの仕様を忘れても、マニュアルを見るより、昔のスクリプトのあちこちを見たり切り貼りしたりしています。
 相変わらず、どの程度使うかも分からないスクリプトの作成にいそしんでいます。まあ、惚けないための、頭の運動です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

HP200LXの代替: Nokia携帯で半角80文字の表示 その1

2014-05-27(火)曇り/晴れ

 最近、HP200LXを持ち歩かなくなりました。毎日のように使っているのですが、結局は家で使っているということになります。家ならPCでよいのでは、、という意見もありますが、HP200LXにビルトインされているアプリとか、DOS上で構築してある各種環境、ソフト財産のために、PCよりHP200LXが、、ということになるわけです。それに、いつ持ち出すかもしれませんし、、。

 そんな中でも、携帯電話で見られればなあというファイルがありました。出納帳データを集計して、縦軸に1~12月と合計、横軸に数個の項目の数値を並べたものです。数値の間はスペース文字を入れて、表のような見栄えにしてあります。AWKスクリプトで集計、整形して出力したものです。これを見ようとすると、横方向に半角で80文字の表示が必要です。

 Nokia携帯電話では、以前にDOSBoxの上でVZ Editorを動かしましたが、これならば80文字表示が出来ています。(過去の記事 「Nokia携帯電話でDOS、VZを使う」 しかし、DOSBoxを使用しない方法が欲しいところです。なぜなら、DOSBoxを使うと、結構バッテリーを消費したり、BlueToothキーボードが必要だったりするからです。

 とうことで、色々考えた結果、Pythonのgraphicsモジュールで表示させる場合は、フォントの大きさを細かく指定できることを思い出しました。以前、某巨大掲示板をみるst2cというスクリプトのフォント周りを改造させていただいて、かなり細かな文字まで表示できるようにしていました。(過去の記事 「st2ch を使う」) このアプリの表示ルーチン部分を使ったアプリを考えました。タッチ携帯「Nokia 5800XM」の長手方向は640ドットなので、VGAと同程度の感じで表示できるはずです。
 まずは、テキストファイルをst2chのログファイルフォーマットに変換するスクリプトで変換して表示させてみました。(テキストファイルのデータを、一つの発言のデータに見せかける。)

Scym0301a

 概ね表示で出来たのですが、縦方向が合っていません。これでは、表としては見にくいです。これは、プロポーショナルフォントを使っているからです。で、あちこちからかき集めた中の等幅フォントを入れてみました。
 

Scym0294a (HGゴシックEフォント)

Scym0298a (MS ゴシック)

 等幅フォントだと、表の形に見えます。これなら、可能性が高いですね。スクリプトで変換してから、別のスクリプトで見るというのも面倒です。なので、一つのスクリプトで見られるように変換を入れ込むか、単純にテキストファイルを表示できるようなものにするか検討しています。まあ、見るだけなら、これでも良いんですが、きちんとしたアプリにしたい所です。

 次回は、別のアプリでみる方法です。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

懐かしい曲のCDを買った

2014-05-26(月)曇り/晴れ、夜に雨

 懐かしい曲のCDを買いました。もう、30数年前になるのでしょうか、良く聞いた曲があります。友人からLPやカセットを借りて、車で出かけるときなんかに良く聞きました。それが、この曲です。

Dsc03955a
 「The Rainbow Goblins」、虹伝説です。ジャンル的にはロックに入るのかなあ、でも、なかなかメロディも素敵で好きでした。車で帰省するときなんかに聴くと、長い道のりも気になりませんでした。職場の懇親会で、車で出かけたときなんかも聴いて、色の話で盛り上がった事もありました。一度、コンサートにも行ったことがありました。なかなか良かったのですが、大音量なので、出てきて数時間は耳が痺れていました。
 カセットは持っているのですが、今時の車にカセットはついていません。当時はLPでしたが、ふと思いついてWEBで検索したらCDが有ったので、思わずポチってしまいました。また、車で出かけるときに聞こうと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

ギターサークルの休日練習に行ってきた

2014-05-25(日)晴れ/曇り

 午後、ギターサークルの休日練習に行ってきました。休日練習には、先生もみえるので、なるべく休まないようにしています。今はアルキーナ組曲(アルチーナ組曲)の中の曲をやっています。今までに届いて楽譜は「ガボット」と「メヌエット」ですが、本日は「サラバンド」が来ました。今年の秋の演奏は、この3曲の予定です。持ち時間が6分なので、こんなものですね。

 今日は、欠席者もいなくて全員参加でした。昔は皆、住まいが近かったのですが、現在ではかなりバラバラで、隣どころかそのまた向こうの市だったりするから、集まるのも大変です。そんな状況なので、途中のお茶会も楽しみです。今日の練習は、メインは「サラバンド」をやり、最後に3曲を全て通して、お開きになりました。直ぐに弾ける人もいたり、なかなかうまく行かない人もいたりして、きっちりとそろうのは、もう少し先になりそうです。そんな日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

爽やかな日、文化会館駐車場では商工祭り

2014-05-24(土)晴れ

 暫く続いた湿っぽい天気ではなくなり、今日は晴れて、でも暑いほどでもなく、爽やかな日になりました。昼過ぎまでPythonスクリプトを弄っていて疲れたので、文化会館まで、往復を歩きました。まあ、遅い昼食がてらです。

Dscn1340a

 水無川も名前通り水がないのですが、両脇の桜並木も、散歩道路の脇や河川敷の草も緑が豊かになっています。私は、こういう景観の川が好きです。もっと先の、文化会館から先は、手入れがされすぎていて味気ない感じがします。桜並木の下を歩くと、木陰になっていて、ちょうど良い散歩道です。

Dscn1342a

 文化会館の歩道や駐車場の一部では、24日、25日と2日間、商工祭りが行われています。色々な露店やフリーマーケットが出ていました。小さな子ども連れの方達が大勢いました。こういう露店や祭りの露店は、小さな子ども達にとっては、良い、楽しい思い出になると思います。

 そんな日の、若干短い散歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

今度はツバメが、、

2014-05-23(金)曇り

 ここのところ、鳥との危険な、というか、思いも寄らない接近遭遇が続いています。先日は、小雀が落ちてきて、「小雀のお墓を作った」でした。今度は親ツバメと危険な遭遇がありました。幸い、大事には至らなかった(と思う)のですが、、、、。

 今日は、小雨の後という湿っぽい日で、虫が地面近くに降りてきているからか、低空を飛ぶツバメが多く見られました。市街地へ出かけるため車で走っていたら、右横前方から、低空を飛ぶツバメが車の前へ飛び出してきました。下手をすると轢いてしまいかねない高さです。幸い、直ぐ後ろには車が接近していなかったのでブレーキを踏んでスピードを落としたのですが、左前のフェンダーのプラスティックの所にコツンという、小さな音がしました。落として轢いてしまうような事はなかったのですが、どうなったのかな。車通りが多い割に狭い道なので、止まって確認する余裕は有りませんでしたが怪我をしていないと良いが、、と思いました。今は、子育てか卵を温めている期間の真っ最中だなあ。

 ちょっと、心の痛む日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

家の近くの道路にバス路線が開通予定

2014-05-22(木)曇り/いちじ少し晴れ/いちじ雨

 先日、家の近くの大きな道路を歩いていたら、バス停留所のポストが立っていました。お知らせを見たら、来週から新しく、バスが通るようです。

 この道路は最寄りの鉄道駅から、真っ直ぐ家の横を通って、少し先のバス道路まで延びる真っ直ぐな道路です。開通して2年くらいになるでしょうか。私としてはバスがなくても、この道路が開通したことで便利になったと喜んでいました。何故かというと、最寄りの鉄道駅まで歩いても良いくらいに便利になったからです。今までは、家から水無川沿いに下るのに、崖に道路がなく800mほど横へ行ってから下り、また800m戻ってから駅へ向かったわけです。この800mの往復がなくなり、直ぐ下へ下れるわけです。駅へいくとき以外にも、この崖の部分の道路は便利でした。

 今までのバスのバス停も近いのですが、鉄道駅2つを結ぶ路線で、駅から出て山側へ大きく弧を描く道路の真ん中あたりです。このため、時間も運賃も最大のポイントで乗っていたわけです。今度は、最寄り駅へは最短のルートになります。
 ただ、本数が少ないのは、、、仕方がないかな。時刻表を見たら、朝3本、夕方3本くらい?でした。それでも、通勤通学の人には便利になるでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

春は納税、各種払い込みの季節

2014-05-21(水)夜から朝は雨、のち曇り/晴れ

 春は納税とか、払い込みの多い季節です。寒い時期に確定申告が終わりホットしていると、暖かくなるにつれ各種の税金やら何やらの請求が飛び交いはじめます。自動車税、バイク(原付)の税金を払ったと思ったら固定資産税が来ました。間もなく、健康保険の納付書が来るのでしょう。そうだ、市民税もあるし、、。
 色々あるものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

香港「Three」のSIMのリチャージをした

2014-05-20(火)晴れ、のち曇り、夜から雨

 

そんなに使うわけではありませんが、何かのときのために、とかテスト用とかの名目で、香港「Three」のプリペイドSIMを2種類、保持しています。「3G International...」と「HSDPA Broadband...」です。時々、テストとか、携帯電話へデータを送るときにメールで使用したりします。
 6ヶ月の有効期限ぎりぎりにリチャージしようと思っていたのですが、とうとう期限2ヶ月前にリチャージしました。余りに低い額のままで長期間放っておくと、パケット通信が出来ないみたいです。額のチェックをしたら、8HKDしか有りませんでした。何回リトライしても通信できないので、諦めてリチャージしました。先ほど、通信したらすんなりと繋がりました。
 多分、通話は大丈夫だと思います。通話はコールバック方式だから、通話前に毎回、額のチェックができますが、きっとパケットはそう行かないからかもしれません。30HKD位を下回ったときにSMSが来ますので、必要ならば、その時にリチャージしなさいということですね。
 クレジットカードでのリチャージが便利ではありますが、若干時間がかかるので、一番良いのは、100HKDチャージ用のリチャージバウチャーを持っているのが良いかもしれません。リチャージバウチャーの番号をSMSで送信すると、即座に金額が反映されるので便利です。

 6ヶ月後は年末頃だけど、それまでもつかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

お、珍しい、、桑の実か

2014-05-19(月)晴れ、のち曇り

 今日の夕方、川沿いを散歩していて、珍しいものに気がつきました。それが、題名の実です。今まで、長いこと傍らを通っていましたが、気がつきませんでした。ただ、本当にそうなのかどうか、ん十年ぶりに見るので自信が有りませんが。

Dscn1334a

 紫色のが、良い匂い(甘い匂い)を出していました。ちょっと、食べてみる勇気は出ませんでしたが、今度通ったときは、一粒くらい食べてみるかな。

Dscn1336a

 かなり大きな木で、何本も生えていました。いつも通っていたところなのに気がつかなかったなんて、余り周りを見ずに歩いているんだなあ、、と反省しながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

図書館前の景色

2014-05-18(日)晴れ

 返却期限の来た本を読み終わったので、返却に図書館へ行ってきました。一昨日も行ったのですが、両日とも同じ感想を抱いた話です。

Dscn1333a(撮影は 2日前)

 文化会館の駐車場の工事が終わった図書館入り口付近の景色です。大分前にも載せたアングルのように思いますが、今回は季節が変わっているので、再度、、。

 以前は、正面あたりには大きな木が沢山あり、木陰になっていましたが、今はさんさんと太陽が当たります。大分明るくなりました。
 実は、今の季節だから、明るくなりましたと言っていられるのですが、真夏になると暑苦しい景色になりそうです。最近は、色々な工事がある度に大きな樹木が減っているような気がします。その分、段々と暑苦しい景色が増えています。

 もちろん、こういう場所ばかりではなく、家の周りでも畑や林がなくなり、住宅になっています。最近の住宅は、家の周りにスペースがないから垣根の木や花が植わっていません。多少のスペースも、雑草が嫌だからか、コンクリートだったりします。これからは、暑苦しい景色になりそうです。

 そんなことを考えながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

Pythonでデコ(レ)メールを読む PyDecoMailM V0.04.0 に更新

2014-05-17(土)晴れ

 1週間ほど前に更新したばかりの「PyDecoMailM」 (デコ(レ)メールを読むスクリプト) ですが、またまた更新しました。これも、実際にメールを読む機能の方の変更ではなく、見栄えを良くするのが主な変更です。昨日の「PyStnAPID」の更新と同じく、機能に関係ないところに凝る癖ですね。

変更概要
 ・設定のATT1調整で、表示データに「HTML部」と「プレーンテキスト部」を、表示には
  「EBブラウザ」、「Pythonエディタ画面」を指定できるようにしました。
 ・文字コード検出などを若干変更しました(良くなったかどうかは不明だが、、)。
 ・起動時の初期画面をテキスト画面からリスト画面へ変更し、その画面のリストから
  検索などを開始できるようにしました。
 ・検索完了時の表示を見やすくしました。
 ・ATT1ファイルのパス表示とコピーを、「ファイル」メニューに階層化しました。
 ・文字コードメニューのコード種別指定を、メニューからポップアップメニューへ移しました。

 若干、文字コード検出関連を修正しました(良くなったかどうかは不明ですが)。あと大きなのは、設定項目の「ATT1調整」のオプションを変更したことです。メールのHTML部分を使うか、プレーンテキスト部分を使うかと、表示ツールの指定を出来るようにしたことです。これは、Nokiaのスタンダードモデルでは、キャリアの絵文字表示が出来なかったりするので、その対策の一環です。(ブラウザでは表示できなくても、Pythonエディタ画面では出来たりとか、違いがでるので、、。)

Ssce0407a  Ssce0413a

 左が旧バージョンの、スタート時の画面です。何となく、垢抜けない感じですね。
 右が、今度の画面です。色の統一性も良く、またメニューを開かなくても、そのままの画面から動作を開始することが出来ます。

Ssce0411a  Ssce0414a 

 検索結果の表示、左が旧、右が新です。必要な情報の文字だけにしました。この方が視認性が良いかなと思います。

 モジュールは、例によって 「Python スクリプト 雑記」 の 「22.2 PyDecoMailM」 に載せました。

 これで、このアプリについては、当面は更新すべき内容がなくなったようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

PyStation の設定ファイル書きかえ「PyStnAPID」 を V0.01.2 に更新

2014-05-16(金)

 昨日アップロードしたばかりの「PyStnAPID」ですが、使ってみているうちに変更したいところが出てきてしまいました。主に、見栄えの内容なのですが。で、早速 V0.01.2 に更新しました。
 自分でも思うのですが、またまた、機能には関係ない、見栄えに凝るという悪い癖が出てしまいました。まあ、楽しみでやっているから良いのですが、、。

変更内容
 ・apid選択画面をポップアップメニューからリスト選択画面にして行数を増やしました。
  合わせて、現在のapidの頭に "*" を表示するようにしました。
 ・書きかえ終了時のメッセージのとき、終了する、しないを選択できるようにしました。

Ssce0418a

 モジュールは例によって 「Python スクリプト 雑記」 の
   「33.PyStation 設定ファイル書きかえ PyStnAPID」 にのせました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小雀のお墓を作った

2014-05-16(金)曇り、のち晴れ

 雀(多分、小雀)のお墓を作って、弔ってあげました。

 昨日、近所の店に買い物に行っての帰り道、何かが目の前にボタッと落ちてきました。見たら、小さな雀です。必死に逃げようとするのですが、足も身体も満足に動かないようです。上を見上げてみたのですが、低いところから落ちてくるような場所は見あたりません。屋根の上か、電線あたりから落ちてきたように思います。人間なら、30mあたりから落ちたような感じに見えます。飛ぶ練習で必死に電線には止まったものの、バランスを崩し、空中で姿勢を立て直すことも出来ずに落ちてきたのかもしれません。或いは悪いものを食べたか、鳥インフルエンザ??とかも、一瞬思いましたが、まあないかな。

 とにかく、知らん顔をして通り過ぎるのは心が痛みます。とりあえず、家に連れ帰り、水を飲むかなと水をクチバシにあてると、ちょっと飲んだのかクチバシをつけただけなのか、、。タオルの上に寝せ、近くの動物病院へ行く算段をしているうちに目も開かなくなり、動かなく、冷たくなって来てしまいました。先ほどの水が、末期の水ということに、、。タオルに包んで、水と食べ物とお線香(普通のお線香がないから、上海で買ってきたお香)を供え、一晩経ってから日当たりの良い南側にお墓を作りました。

Dsc03951a

Dsc03952a

 川から拾ってきて保管してあった綺麗な石の一つをのせてあげました。 

 今日、同じ所を通ったときに、同じくらいの大きさの雀がちょろちょろしていたのを見て、兄弟姉妹かな?とか思ってしまいました。

 そんな日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

PyStation の設定ファイル書きかえ「 PyStnAPID」 を追加しました

2014-05-15(木)曇り

 題記のPythonスクリプトを、「Pythonスクリプト雑記」に載せました。大した内容のものではないのですが、以前、作りかけていたものを完成させました。

機能概要-----------
 この、「PyStnAPID」というアプリは、PyStnシリーズ、PyStationシリーズのアプリで使っている設定ファイル 「PyStation.cfg」の中のアクセスポイント番号 「apid」を書きかえるためのアプリです。
  携帯電話内に設定されているアクセスポイント をリスト表示し、選択されたアクセスポイント番号を「PyStation.cfg」の中に書き込みます(既に書かれている数字を書きかえます)。
 テキストエディタを使わなくても、簡単にアクセスポイントを変更(書きかえ)できるようにするためのものです。
--------------------

 アクセスポイントを変えたいことは、時々あります。家にいるときは無線LANにして、外では携帯電話のアクセスポイントを使うとか、テストのために変えるとかです。今までは、携帯電話に入れたテキストエディタ(PyMyEditor)で編集して書きかえていましたが結構面倒です。以前、時刻読み上げ PyTalkTime.py の設定ファイルのボリューム値を書きかえるスクリプト(PyTTimeCfg.py)を作成していましたので、アクセスポイントの数字を書きかえるスクリプトを作成してみました。

Ssce0415a  Ssce0416a

 左は起動した直後です。携帯電話内に設定されているアクセスポイントをリスト表示します。選択してOKかエンターを押すと、「PyStation.cfg」の中のアクセスポイント番号 「apid」を書きかえます。
 右は書きかえた後の表示です。

 ただこれだけの簡単なものですが、書き換えは楽になりました。
モジュールは、例によって 「Python スクリプト 雑記」 の
           「33.PyStation 設定ファイル書きかえ PyStnAPID」に載せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

歯医者通いが続いている

2014-05-14(水)晴れ

 毎年、一定期間、歯医者がよいが続くのが恒例になっています。何かのきっかけで通い始めるのですが、大体の期間は清掃と歯槽膿漏予防の薬をつけて貰うのが多いでしょうか。今年も、何のきっかけで通い始めたのかは忘れましたが、清掃と薬が続いています。通い始めの頃、何となく違和感のあった歯茎も違和感が無くなってきたから、歯茎がしっかりしてきたのでしょう。
 歯磨きはきちんとしているつもりなんですが、やはり漏れがあるんでしょうかねえ。歯ブラシと糸ようじ、歯間ブラシ3種類(太さ、形の違うもの)を使ってもれなくしているつもりではあるのですが。

 10数年前頃、歯ブラシだけだった頃はひどかったですね。歯間ブラシを使い始めたときに、こんなに汚れが残っていて、歯茎が痛んでいるのかと愕然としました。時々、重苦しい痛みが感じられるのも無理ないよなあ、、と思いました。歯医者に行くたびに磨き方指導されていたのですが、結局歯ブラシだけでは、歯の間の汚れは取れないんですね。ある程度年齢が過ぎて、歯の間に隙間が出来てくるようになったら、糸ようじや歯間ブラシで手入れした方が良いみたいです。
 もっと早くから、きちんと手入れしていればなあ、、と思うのですが、何事も後になって、実際に身に染みないと分からないですね。

 そんなことを思いながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

スパムメールは時代の流れに乗っているのか遅れているのか

2014-05-13(火)未明は小雨、朝から晴れ、のち曇り、のち晴れ

 スパムメールも、何年か前に比べると若干減ったものの、相変わらず沢山来ますね。何年か前は一日に100数十通来ていましたが、最近は100通を下回るようです。以前、どこかの国で、大口のスパムメール送信元が逮捕されてから減ったのかな。

 時代の流れに乗ろうとしているのか、最近は「ライン」の話題が多いので、題名に「ライン」の入ったスパムが多いですね。あと、これは時代遅れだと思いますが、「絶対儲かる」とか「直ぐにお金が手に入る、、」などが多いでしょうか。「絶対に儲かる」なら、メールなんか出していないで自分でやれよ、、と言いたいわけですが。
 でも、自分だけはうまく立ち回れて、少しはうまい汁が吸えると思って反応してしまう人がいるのでしょうか。そして、痛い目を見ると、、。まったく、反応がないなら、スパムメールも減っていくと思うのですが、減らないところを見ると、そうとしか思えません。

 日に100通近く来ても、それでも、凄く困るというわけでもないのは、最近のスパムフィルターが優秀になったからです。以前はGメールのフィルターが優秀で、他のプロバイダのは当てにならなかった(何年前の話か?)ですが、最近は、そうでもなくなりました。私が使っている感じでは、Gメールのフィルターより、私が使っているプロバイダのフィルターの方が優秀な感じです。あと、転送設定をしている場合、Gメールではスパムメールから復帰させても転送してくれませんが、プロバイダのはきちんと転送してくれるので便利です。

 それにしても、フィルターなんか要らないようになって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

プリンタ、、う~ん、やはり裏紙は使えないかな

2014-05-12(月)晴れ、のち曇り

 ここのところ、Nokia携帯電話でのPythonスクリプトを色々と弄っているので、リストをプリントアウトすることが増えています。持ち歩いてのチェック用だから裏紙でも十分なのですが、新しくしたプリンタは裏紙が使えないようです。

 十分しごいたりして入れるのですが、裏紙だと5~6枚くらい、ガバッと給紙されることが多いんです。ピッタリ重なって給紙されているだけなら、表面の一枚以外は再利用すればいいのですが、変にずれて給紙されているんです。だから、リストとしても使えないし、残りを再利用も出来ないのですね。不思議なことに裏紙が終わって、新しい紙の所に来ると(当然ながら)うまくいくんですよねえ。

 以前使っていた初級機は、概ねうまくいっていましたし、ダブり給紙があっても、上からの給紙なので最悪は1枚ずつ手差し給紙してもOKでした。今度のはカセット給紙なので、1枚ずつの給紙は面倒なんですよね。

 ここまでピッタリと、裏紙は駄目で新しい紙の所に来るとうまくいくのは、何かプリンタメーカー業界とと製紙業界が、、げふんげふん、、なんて思いながら印刷しています。
 じゃあ、印刷しないと良いだろう、、といわれそうですが、PC画面で考えるよりリストで考えた方が良いアイデアも浮かぶし、不良も少なくなる年代なんですよねえ、、(苦笑)。

 そんな、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ブックオフも閉店、、、閉店セール中

2014-05-11(日)晴れ

 夕方、運動の帰り道でしたが、東名高速入口へ通じる道路にあるブックオフへ寄りました。猫のコミックでもないかなと、探しに寄ったのです。が、妙に混んでいるような感じです。そして、物色した本を買い物かごで沢山持っている人が沢山いました。何だろうと思っていたのですが、出るときにポスターを見たら、閉店セールで安売り中でした。
 私が2冊(108円と105円のもの)を持ってレジカウンターへいったら、「108円以下のは4冊ならセットで108円ですが、2冊だと108円+105円です。どうしますか?」と聞かれました。それならと、迷っていた2冊を追加して、トータル108円で買ってきました。

 しかし、閉店ということは、あまり良い商売になっていなかったということでしょうか。いつも沢山の人(客)がいるように見えたのですが、かなりの人は立ち読みなのかな。まあ、私もかなりの頻度で立ち読みだしなあ(探している途中、買うほどではないが興味が、、というのは、どうしても立ち読みになってしまう)。
 コミックとか、最近流行の軽い読み物などの新刊は、若干出入りはあると思いますが、古くなると売れないだろうし、商売としても難しそうですね。それなりの付加価値が必要なのかも知れません。
 ・例えば、マニアにも食い込めるくらい、深い知識に裏売りされた品揃え方面にするのか、
 ・広く沢山集めて、人も沢山来るようにするのか(秋葉原とか新宿に有るような大きなものにするのか、、)、
 ・大学近くにある店舗のように、参考書や教科書も沢山扱うのか、、などなど。
 そもそも、書籍を読む人が減りつつあるようだし、大変そうです。

 そんなことを考えながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

初めて、合唱練習に加わってみた

2014-05-10(土)晴れ

 今日は中学を卒業してからでは初めてかな、合唱の練習に参加しました。教わっている先生の生徒さんが主体で歌劇などをやっている団体が、6月にガラコンサートを開くのですが、1曲くらいは男声合唱をやりたいので参加しませんかと誘われていました。誘われていたというか、男性が少ないので男性合唱をやるとなるとメンバーが足りないので、やってみましょう、、と言われていたわけです。

 何となくのうちに、やることになり、今日は先生のお宅に何名かお邪魔して、合同練習でした。結局、今日は3名参加し、先生も加わって4名での練習になりました。私は、もう一名のベテランの方とトップのテノールでした。私の場合は、中間や下のパートは難しそうです。引きずられてしまうんですね。

 2名だからと安心していたら、下のパートが弱いと言うことで、ベテランの方が下のパートに移ってしまいました。いやー、トップパートが一人というのは怖いなあ。最初の2回くらいは、途中で立ち往生してしまいました。練習後半は、何とか最後まで行きましたし、一応音程も(きっと、大きくは)狂っていないみたいでしたが、今後どうなる事やら、、。

 曲は「いざ立て戦人(いくさびと)」、賛美歌からの歌のようです。大きな声を出すのは健康にも良いし、今日も汗だくになり、それ相応に気持ちが良かったのは確かです。ま、出来るだけ頑張ってみようと思いながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

微妙な季節

2014-05-09(金)晴れ

 この時期は、花も次々と咲き、緑も日に日に色濃くなり、段々と初夏の装いに変わりつつあります。冬の、裏打ちしたジャンパーを軽いものに変えて歩き回るには良い季節です。弘法山とか、県立戸川公園など、大勢の方が歩いたり子どもを遊ばせたりしています。
 が、、何となく微妙な季節でもあります。暑いくらいで上着を持って歩く日があるかと思うと、寒いくらいの日があったり、、朝晩と昼の寒暖の差が激しくて身体がついていかない感じです。あと、花粉も4月くらいで終わりそうなものなのですが、5月に入って、また少し症状が悪化します。寒暖の差のせいなのか、花粉のせいなのか、喉と鼻がすっきりしない日が続いています。中旬を過ぎれば大丈夫なのですけれど、もう少しの辛抱です。
 ということで、良い季節なのですが、微妙に憂鬱なところもある季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

Pythonでデコ(レ)メールを読む PyDecoMailM V0.03.0 に更新

2014-05-08(木)晴れ

 先日から2回ほど記事を書きましたが、Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読むための PyDecoMailM を再検討してきました。ここで、忘れないうちに一応の勉強結果をまとめておこうと、スクリプトの更新を行いました。 なるべく、各社の文字コードに自動で対応出来るよう、またブラウザに渡すときに文字コード指定を入れるようにと修正しました。

今回の変更内容:
 ・各社のメールに対応できるようにしました。(文字コードなど)
 ・文字コード判定が確定できず文字化けするときのために、文字コード指定の
  メニューを設けました。
  あわせて、タイトル行に文字コードを表示するようにしました。

重要:
  各社のメールの文字コードが違うので、(なるべく)全部に対応できるよう変更を加えました。色々な文字コードがあるので、japanese codec には Shift-JIS、ISO-2022-JPの入っているものが必要です。同梱のドキュメントを見て下さい。

 これで、ある程度長いテキストでは、概ね大丈夫になりました。ただ、極端に短いメール(数文字しかないようなメール)だと、文字コードを正しく確定できなくて文字化けするかもしれません。 
 *:文字化けする場合
   ・メニューの「文字コード」で、文字コードを順次、指定してみる。

    概ね、各社の文字コードは
    ・docomo   UTF-8 (ドコモのメールにはコード指定が入っているので
               そのまま見えるはずです。)
    ・au        ISO-2022-JP
    ・SoftBsnk  Shift-JIS (多分)

   メール送信先のキャリアによって、上記を指定してみるか、順次試してみると
   どれかで読めると思います。

 メールの仕様書を読まずに作れるのは、この辺までかなと思います。まあ、一応動くものができたと言うことにします。自分がデコ(レ)メールを送受信していないので、テストが不十分ですが、、、。

モジュールは、例によって 「Python スクリプト 雑記」 の 「22.2 PyDecoMailM」 に載せました。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

連休明けのギター合奏練習に行ってきた

2014-05-07(水)晴れ

 今夜もギター合奏の練習に行ってきました。ここのところ、気温の上がらない日が続いていて、朝とか夜は寒いくらいですね。冬用のジャンパーを着て行ってきました。
 今夜は、先月末に引き続いて、アルキーナ組曲のガボット、メヌエットの楽譜を持っていきました。連休明けということで、少しお菓子とお喋りの時間が長くなりましたが、まあ、これも楽しみの一つなので良しとします。

 さて、肝心の演奏の方ですが、すっかり忘れています。連休というのは、余り連休に関係ない生活をしても心に影響があるのかな、心がゆるんだのか忘れるのが早いです(年のせいだという人もいますが、、)。また、最初から拾い直してから全員で合わせました。ゆっくりした演奏でしたが、最後まで行ったから良しとしました。

 後は、弾いたとおりに、運指(弾くときの、ギター上での指の運び)のメモを楽譜に書き込まないといけないです。弾く場所によって音質とか、指の難易に関係するので、私のような下手な人は、書いておかないと弾く度に迷うのです。私のメモは、所々に、「1POS」とか「5POS」とか書きます。1POSは、左手の人差し指が第1フレットのあたりにある位置で、5POSは人差し指が第5フレットのあたりにある位置で弾くことを意味します。こうすれば、使う弦とか位置が、決まりますので、、。

 久々に練習したなあと思いながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

Python: デコ(レ)メールを読む、PyDecoMailMの再検討 その2

2014-05-06(火)未明小雨、曇り/晴れ、少し寒いくらい

 以前は、アプリを検討したり、改造したり、テストしたりしたときは、結果を大学ノートに記入していました。最近は、めっきり記入していないことに気がつきました。その代わりが、ブログへの記入のようです。ブログなら、外からでも読めるし、検索も出来るから便利かもしれません。ということで、単なる、自分の記録のような記事が増えていきます((ブ)ログだからいいのか)。

 一昨日に引き続き、PyDecoMailM の検討を行いました。デコ(レ)メールは、前半のキャラクタメール部分と、後半のHTML部分があります。ただ、中身の仕様を知らない私としては、前半の部分から、本来のメール本文データだけ切り出すことが出来ません。やはり、後半のHTML部分を切り出して使うことにしました。これなら、<html> ~ </html> で切り出せるからです。
 ただ、問題はauのメールでは、この中に文字コード種別指定が無いのです。auのメールだけ扱うなら、コードを固定してしまえばいいのですが、各社のものを扱うとなると、そうも行きません。そこで、各文字コードでデコードしてみて、エラーのない文字コードを使う方式にしてみました。このとき、短文で、複数の文字コードでエラーが出ない場合は決定できないので、メニューで文字コードを指定することも出来るようにしました。
 決定した文字コードを、HTML文の中に埋め込んでブラウザに渡します。こうすると、ブラウザでは設定変更することもなく、文字コードを確定させることが出来ます。
 メニューによるコード種別指定は、何となく、すっきりしませんが、それでも手持ちの例のメールでは、どれも読めるように改造することができました。

Ssce0404a  Ssce0406a
 左は、自動では文字コードが決定できずに文字化けしたときに文字コードを指定するメニュー画面です。
 右は、現在指定されている文字コードをタイトル部分に表示するようにしたものです。

 あと、画像が挿入されていることを表示するかどうか悩みました。何かあったことが分かる方が良いかなと思ったわけですが、SMSで送信したときは鬱陶しいみたいなので、結局やめました。

 

Scxx0116a

 SMSで受けたものの一覧画面です。一通目が、画像の場所を絵文字にしたもの、2通目が画像は全く削除したものです。一通目は、題名が読めなくなりそうな感じです。これではメールが分かりにくいので、画像は削除することにしました。

 これで、ほぼ当初の予定の改造は終わったと思うのですが、もう少し何とかならないかと、散歩しながら考え中です。ま、あまり良い考えも出そうもないですが、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

プリンタあれこれ

2014-05-05(月)曇り、いちじ小雨

 従来使ってきたプリンタは、メーカーの機種の中でも一番下か、よくて下から2番目くらいのものでした。カラー印刷でもインクカートリッジが一つのものです。モノクロ、カラー、写真用、と、必要に応じて取り替えて印刷するものです。でも、写真用を使えば年賀状なんかも、そこそこ問題なくできますし、通常はプログラムリストやテキスト類の印刷で、モノクロカートリッジだけ持っていれば済むのが便利でした。本体そのものも小さいですし、、。
 で、一昨年の年末を控えて、とうとうインクカートリッジがほぼ無くなりました(販売は何年も前に終了していました)。もはや、買い換えしかないというわけです。新しい機種(インクカートリッジが5ヶ必要なもの)を慌てて購入したものの、結局は昨年末の年賀状の季節に開封しました(1年間眠っていた)。

それ以来、約半年使っています。新しくなって、印刷も(始まれば)早くなったし、スキャナも便利だし、色も綺麗だし、確かに良くなりました。無線LANになって、ケーブル周りが楽になりました。でも、、、、。
 何となく、インクの減りが速い(以前の機種に比べて)様な気がするんですよね、インクカートリッジも高いし、、。それに、モノクロ印刷しかしないのに、カラーカートリッジも差しておかないといけないのも精神衛生上良くありません。クリーニングのときに、少しずつ減っているような気がするからです。あと、電源オンの後とか、途中とか、ガシャガシャと色々やっている時間が長く、印刷が始まるまでに何分もかかることがあります。
 以前のは、直ぐに印刷が始まるが、印刷速度が遅い。
 新しいのは、印刷速度は速いが、直ぐに始まらないケースが多い。
トータルで早くなったかどうか、悩ましいところです。あ、あと、裏紙使用をすると、複数枚同時給紙が増えました。裏紙利用はやめろと言うことかな。まあ、運転コストを考えなければ、基本的には満足しているんですけどね。

 そんな事を考えながら、プログラムリスト印刷をしている今日この頃です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

Python: デコ(レ)メールを読む、PyDecoMailMの再検討

2014-05-04(日)晴れ

 デコ(レ)メールについては、あまり詳しく知らず、メールの実例ファイル一つをみて作成したり、他の方のアプリを改変したりしたのが、「PyDMViewer」 と 「PyDecoMailM」です。

 先日、下記記事へ、auからのメールが処理できない(文字化けする)とコメントを戴きました。
  「Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む 9 PyDMViewer(1.04.0)」

 実物ファルが無くて苦慮していたところ、実物ファイルいただきましたので、検討してみました。

Pydecom01
 docomo (A)、(B) ともUTF-8、

Pydecom02
 au (C)はUTF-8、(D)はISO-2022-JP

 そういえば、SoftBank Mobile の実例が無いし、実物だけではまずいだろうと、各社のデコ(レ)メールのフォーマットを調べてみました。一応、メール作成用のHTMLテンプレート仕様が、公式ページに書かれていました。
 docomo テンプレートフォーマット、 
 au テンプレートフォーマット、 
 SBM テンプレートフォーマット

 でも、各ページと実物を見比べると、違っていたりして悩みどころです。一番困ったのは、auの実物には chsrset= の文字コード指定が無いことです。テンプレートの方には、何らかの所に出てくるような記述なんですが、、。
 これがないと、どれでデコードして良いか分からず困ります。短文だと、違うコードにデコードしてもエラーにならないからです(人間が見れば、意味のある文字にならないから分かりますが)。
 実物では、色々デコードしてみたところ ISO-2022-JP でした。まあ、メール通信系だし、テンプレートでも ISO-2022-JP になっているから当然なのでしょう。auのメールサーバに繋がるauの携帯電話は困らないと思いますが、外から各社のを扱おうとすると困ります。

 若干の変更を入れてみたら、auのメールもデコードできたので、あとは他社のメールのことも考えて、どう変更を加えるか、ブロック図を書きながら検討中です。メニューから、docomoメール、とかauメールなんて選択するようにはしたくないですしね。
 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

Python: 簡易テキストエディタ PyMyEditorを V005_1 に更新した

2014-05-03(土)晴れ

 最近、ちょこちょこと弄っているような気がしますが、題記の通り簡易テキストエディタを、また更新しました。これは、自分でいつも言っていながら、それをさぼったツケが回ったものです。いつも言っていることとは、「変更を加えるときは、仕様検討でもテストでも、境界値まわりの処理に注意、そして必ず、そのテストを行うこと」 というものです。特にソフトの処理などでは、境界値あたりの処理でバグが多くなります。
 ということで、さぼったツケは、きちんと回ってきてしまいました。

今回の変更:
 ・4方向キー操作、あるいは文字クリアで、カーソルがテキスト先頭位置に来たとき
  エディターが突然終了してしまう誤動作を対策した。
  (V005_0で追加したカーソル制御のバグ対策)

というものです。

モジュールは、例によって 「Python スクリプト 雑記」の
   「17.簡易テキストエディタ PyMyEditor」 に載せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

サンルーフ?の修理

2014-05-02(金)晴れ

 サンルーフというのかな、家の前面に作り付けた、洗濯物用雨よけの屋根ですが、不具合が出てきました。雨が降ると、雨樋に水が流れず、上に溢れてきて下にしたたり落ちて、バシャバシャとうるさいのです。どうも、途中で詰まっているようです。あと、波形板をとめているネジがゆるんでいたり、取れています。風がふくと、波形板が振動してうるさいです。
 ということで、一念発起して修理をすることにしました。

Dsc03949a

 脚立でのぼり、波形板を1枚はずしてみると、雨樋とのつなぎのところがふさがっています。水道の蛇口からホースを引いてきて水を流しながら、雨水が流れる部分を清掃しました。これで、水が綺麗に流れるでしょう。後は、板をとめているネジで、ゆるんでいたり取れているものを交換しました。

 とりあえず、簡単な修理は終わりました。今日は、それほど暑くないので助かりました。以前やったときは真夏だったので、暑いのと日焼けで大変でした。家も、少しずつ修理が発生しますが、高いところとか狭いところとか、技術を要するところとか、色々あって大変です。
 ところで、脚立とかハシゴは、高価でもきちんとした、丈夫なものを買う方が安全です。今使っているのは、若干、ふにゃふにゃしたところがあるので、どうしたものか思案中です。ただ、しばしば使うものではないから悩みどころですが、、。
 とりあえず、梅雨が来る前に対応できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

爽やかな、初夏?の一日

2014-05-01(木)晴れ、一時薄曇り

 今日は、当初は若干曇り気味なときもありましたが、総じて爽やかな初夏の一日、、という感じでした。昨日、かなりの雨が降ったので、空気が洗われて綺麗で、風も爽やかな感じがしました。夕方、図書館から運動公園、水無川沿い2kmほどを往復するコースで歩きましたが、気持ちよく歩けました。

 あ、そういえば、先日の傘の件(この記事)で、図書館に寄ってみたのですが、やはり戻ってきてはいませんでした。ま、そうは思っていましたが、、。

Dscn1327a

 運動公園の大きな木のあるところです。下から見上げると木の緑も、空の色もすっきりしています。春先の霞の頃とは違うようです。まあ、雨の日の次の日という事もありますが、、。

Dscn1331a

 水無川には大きな鯉のぼりが沢山立ちました。今日は風があったので、元気よく泳いでいました。親やオジジ、オババに連れられた子どもも多く、喜んでいました。最近は、自分の家で大きな鯉のぼりを立てられる家は少ないので、ここに沢山立つのは良いと思います。子ども達の記憶にも残るでしょうし、、。

 そんなことを思いながら歩いてきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »