« たんぽぽも綿帽子になりつつある | トップページ | カンツォーネ?のCD、ホセ・カレーラス「パッション」 »

2014年4月23日 (水)

Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor)を更新しました(V005_0)

2014-04-23(水)曇り(少し晴れ間、少し小雨)

 携帯電話で使っているテキストエディタ「PyMyEditor」を、V005_0 に更新しました。つい先日、V004_0 に更新したばかりですが、改善点に気がつくと、つい変更したくなります。必要な改善点か否かは不明ですが、、。

今回の変更点:
(1)Show_LF指定時でも、編集時に入力された改行にたいしてはかぎ矢印を
  表示していなかったが、表示するようにした。削除時は、(改行、かぎ矢印の)
  片方が削除された場合は、もう一方も削除するようにした。
(2)入力ファイルに"u2028"、"u2029"相当の改行コードがある場合にも
  かぎ矢印の表示が出来るようにした。
(3)入力ファイルに"u2028"相当の改行コードが有った場合も、出力時は
  "\n"になるようにした。
(4)設定(オプション)の"NewLine_CR"指定を廃止した。
(5)かぎ矢印と改行コードの間にカーソルが来ないよう、カーソル制御を追加した。

 今回の変更点概要としては、上記の来歴のとおり、改行部分のかぎ矢印表示とその関連の動作を、若干改善したものです。編集機能には変更有りません。

 改行のある場所へのかぎ矢印表示は、画面の都合上折り返されているのか改行が有るのかを、はっきりさせるために設けた機能です。インデントだけの行も、スペースがあることが分かります。スペースの有無だけなら、スペースのフォントに下線を入れるとかで表示できますが、フォントをいじるよりエディタで対応した方が良いと思うので設けた機能です。それを、改善しました。

Ssce0395a Ssce0398a  Ssce0397a
 左:左の画面のように、改行部分にかぎ矢印が表示されます。ただ、今までは、ファイルから読んだときに変換(改行の前にかぎ矢印の文字を挿入)していました。(ファイルへ格納時は削除する。)このため、真ん中の図のような問題がありました。

中:編集で挿入した改行には、かぎ矢印が表示されない(挿入されない)。
右:また、2文字で実現しているため、右の図のように、かぎ矢印と改行の間に文字が挿入できてしまうのです。

 ということで、改行挿入や文字クリア、カーソル移動などに処理を入れて、これらを改善したのが今回のバージョンです。

Ssce0396a

 編集で挿入した改行にも、かぎ矢印が表示できるようになりました。また、かぎ矢印と改行の間には、カーソルを移動させられないので、そこに文字を挿入されることは有りません。何となく、それっぽくなった動きが出来るようになりました。


モジュールは、例によって 「Python スクリプト 雑記」 の
 「17.簡易テキストエディタ PyMyEditor」に載せました。
  
 

 

|

« たんぽぽも綿帽子になりつつある | トップページ | カンツォーネ?のCD、ホセ・カレーラス「パッション」 »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59518854

この記事へのトラックバック一覧です: Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor)を更新しました(V005_0):

« たんぽぽも綿帽子になりつつある | トップページ | カンツォーネ?のCD、ホセ・カレーラス「パッション」 »