« Python: PyRadioNdb ラジオ局リストアプリ その2 | トップページ | 桜祭り、そして雪? »

2014年4月 6日 (日)

Nokia携帯電話でラジオを聴く、、「CorePlayer」

2014-04-06(日)晴れ/曇り、いちじ雨、みぞれ/寒い

 Nokia携帯電話でラジオのサイマル放送を聴くのに「CorePlayer」を使っています。これで、mms形式(Windows Media Playerで聴く形式)の放送を聴きます。当初は、毎回URLをコピーペーストしていたので、それを簡単にするためのラジオ局リストアプリを作成したのです。(前回までのPythonアプリです。)
 しかし、「CorePlayer」そのものにも、便利な機能があって、毎回のコピーペーストは不要なことが分かりました。今回は、自分のメモ代わりとして書いておくものです(書いておかないと忘れるので、、)。

(1)履歴(聴いたもののプレイリストみたいなもの)を使う方法

 最初はURLをコピーペーストして聴きますが、聴いた後には、そのラジオ局のリンク先フォルダ(プレイリストの項目みたいなもの)が残ります。これは、右ソフトキー(View)で見ることが出来ます。名称は、URLに含まれる局名です(正確に言えば、ASXファイルの名称部分です)。
例えば FMおだわらなら fmodawara 、NHKだと reflector:46032 などです。これらは、あとで名前を変えることができるので、分かりやすい名称にすることができます。

Ssce0377a  Ssce0379a

 左の画面は、既に名称を変更した後の画面です。これなら、ラジオ局一覧としても使うことが出来ます。右の画面は、それぞれのフォルダの中身です。上の画像ではNHK第二のフォルダです。上下カーソルキーで、いずれかを選んでエンターを押すと、ラジオ局でを聴くことが出来ます。
 ASXファイルの中に、名称が違って2つのリンク先がある場合、違う側で受信されると、もう一つフォルダが作成されます。NHKの場合、reflector:46032 の数字部分が違うので、2つできる可能性があります。上図で、NHK第x、と reflector:460xx があるのは、多分その為です。
 

(2)Open Files.. のファイルブラウザと、受信してあるASXファイルを使う。

 「CorePlayer」には、音楽ファイルを選んで聴くためのファイルブラウザがあります。このファイルブラウザは、音楽ファイル、ビデオファイルの他、ASX(あるいはASFファイル)も見ることが出来ます。そこで、予めラジオ局のASXファイルをダウンロードしておき、それをみてラジオ局を選びます。
 ASXファイルのダウンロードは、昨日の記事の通り、Operaブラウザでラジオ局URLをアクセスすると、ASXファイルをダウンロードして、(通常は)C:\DATA\Videos フォルダに格納されます。これらは、上記(1)と同じで fmodawara.asx のような 名前ですが、変更したいなら FMおだわら.asx のように改名できます。

Ssce0375a  Ssce0378a

 左は左オプションキーでメニューを開いたところです。Open URL..はURLを貼り付けて聴く場合使用します。フォルダを見る場合はOpen Files... です。右は、既に受信したASXファイルをリネームしてある C:\DATA\Videos\ フォルダです。こちらも、これならラジオ局リストとして使えます。選択して(チェックマークをつけて)OKを押すと受信開始します。

 昨日まで書いたPythonのアプリは、自分が今までに選んだラジオ局リストのメモと、ASXファイルダウンロードのためのOpera連携に使えます(URLコピペを自動でやってくれるから)。
 上記(1)と(2)では、(2)の方が使いやすいかもしれません。ASXファイルのダウンロードやリネームがPCでも行えるからです。(1)はリネームなども「CorePlayer」上で行う必要があります。

 さて、以上で準備は整いました。あとは、ラジオ局が、聴きたいプログラムを放送してくれるか否かですね。こちらの方が重要な要素のような気がしますが、、、。
 昨日までかいたPythonのアプリのドキュメントをまとめて、WEBに載せると、本件も完了です。

|

« Python: PyRadioNdb ラジオ局リストアプリ その2 | トップページ | 桜祭り、そして雪? »

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

記事に触発されていろいろしてたら、ASXファイルは、E7標準のビデオ再生プログラムで開けることが分かりました。最大の欠点はバックグラウンドで再生できないことですが。バックグラウンドに回ると止まってしまいます。
CorePlayerをインストールしていなくても再生できたんでしょうか。

投稿: Yugen | 2014年4月 6日 (日) 20時38分

E52に入れたCorePlayerでは記事の通り受信できています。
その他の状況は以下のとおりです。

E52のGalleryにあるStreaming linksに、mms://..のリンクを貼って実行してみたら、RealPlayerが立ち上がってNHKは受信できました。が、他の局は色々な理由が出て受信できませんでした。また、やはりバックグラウンドにまわすとストップします。

CorePlayer無しの5800XMは、ファイラーでasxを開くとインタネットアクセスに行くのですが、最後は、駄目と言われてしまいます。
同じくE7では、WiFiでは駄目でMobileをオンにしろと言われるので、それ以上試していません(SIM差し替えが必要なので)。(E7は大きさとか電池の持ちで、実用的ではないので、それ以上は試していません。)
以上のような状況です。
E52のRealPlayerが惜しい所まで行っています。

投稿: masa | 2014年4月 6日 (日) 22時29分

履歴表示よりASXファイルを開いた方が使いやすいのでそっちにしました。しかしASXファイルを開けるなんて全然思いつきませんでした。ありがとうございます。
メニューはいろいろ触ってみて、日本語表示できることは気が付いたのですが、ストリーミングはOpen URLしか思いつかなかったです。これで使い勝手は格段によくなりましたね。

投稿: Yugen | 2014年4月 7日 (月) 17時32分

私も、色々試してみて良かったと思っています。それにしても、CorePlayerの開発チーム?に感謝、感謝ですね。

投稿: masa | 2014年4月 7日 (月) 17時48分

正(まさ)しく問題は聴きたい番組をRadikoで流してくれるかどうかなんですね
現居住地はニッポン放送と旧称ラジオ関東が実用的に受信できないのですが
新聞の番組表でニッポン放送で気になる番組を見つけたものの
調べたら当該番組は流して呉れてなかった
がっかり
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2014年4月 8日 (火) 07時26分

伍玖肆 さん、
この辺は、送り側と受け手側の考えが、なかなか一致しない点ですね。

投稿: masa | 2014年4月 8日 (火) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59420911

この記事へのトラックバック一覧です: Nokia携帯電話でラジオを聴く、、「CorePlayer」:

« Python: PyRadioNdb ラジオ局リストアプリ その2 | トップページ | 桜祭り、そして雪? »