« 大雪の後始末、、腰が肩が腕が、、 | トップページ | 雪も馬の背で分ける?? »

2014年2月16日 (日)

Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor)をV004.0に更新

2014-02-16(日)晴れ

 Python S60 appuifw のメニューの罠について、以前にも書いたことがあるのですが、今回、またはまってしまいました。

 以前の記事 「Python appuifw.app.menu のワナ

罠というのは、appuifwでメニューを出して選択させる場合、メニュー項目の数はメインメニュー、サブメニューを含めて30個まで、という制限です。31個目は、表示も出るし選択も出来るのですが、黙って動かないだけ、、何が悪いのか分かりにくいというものです。

 PyMyEditorは、1月の更新でOpenのメニューを3つ追加しました。
Open as (UTF-8)/Open as (UTF-16)/Open as (S-JIS)の3つです。これで、総数が31個となり、最後の項目(Go toメニューのGo to Last)が動かなくなりました。先日、使っていて始めて気がつきました。ということで、今回V004.0に更新しました。どうやってメニュー項目を減らすか考えた末に、前回追加したOpen as (xxx)の3項目をOPen as (code sel)にまとめ、コード選択はポップアップメニューにうつしました。これで、メニュー項目が2つ減るので、動くようになりました。ポップアップメニューによる選択は、appuifwのメニュー項目を減らすのには、なかなか有効です。もちろん、選択の手間が1段増えますが、余り使わないメニューならば問題ないかなと思います。

Pmed_menu01
これが変更前のFileメニューとその中のサブメニューです。

Pmed_menu02
 こちらが変更後のFileメニューとその中のサブメニューです。3個をポップアップメニューにうつしたことで、メニューが2つ減りました。

 これでようやく動くようになりました。モジュールは例によって
Python スクリプト 雑記」 の 「17.簡易テキストエディタ」 に載せました。

|

« 大雪の後始末、、腰が肩が腕が、、 | トップページ | 雪も馬の背で分ける?? »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59143891

この記事へのトラックバック一覧です: Pytnon 簡易テキストエディタ(PyMyEditor)をV004.0に更新:

« 大雪の後始末、、腰が肩が腕が、、 | トップページ | 雪も馬の背で分ける?? »