« ライトミステリーのシリーズ?は、1~2冊目くらいまでがよろしいようで、、 | トップページ | Python 日本語入力アプリ「PyR2KKJ」の見直し (その2) »

2014年2月 1日 (土)

Python 日本語入力アプリ「PyR2KKJ」の見直し

2014-02-01(土)晴れ

 暫く前から、過去にPythonで作ったアプリの見直しをしています。何か困った不具合があるわけではなく、再勉強のつもりでリストを見始めたら、はまってしまったのです。いくつかは軽い修正を入れて、「Pythonスクリプト雑記」を更新しました。ここのところ、日本語入力用の「PyR2KKJ」と「PyR2KKJTool」の見直しを行っています。
 「PyR2KKJTool」は、「PyR2KKJ」で使う辞書ファイルのメンテナンスを行うためのアプリです。辞書を変換したり、ユーザ辞書とマージしたりします。これは、簡単なアプリなので、直ぐに内容を思い出して変更することが出来ました。

 しかし、、、日本語入力の本体側の「PyR2KKJ」は、思い出すのに苦労しています。全モジュールの簡単な概略フローは書いてあったので参考に出来るのですが、モジュール内の処理とか、色々なポインターの制御の解読(自分で作ったものに対して、解読もないものですが、、)するのに四苦八苦です。

Dsc03906a_2 概略フローです。この程度のものでも、書いてあるのは、このアプリだけです。

Dsc03903a 辞書引き文字列、表示用文字列のバッファと、ポインターの仕様です。

Dsc03905a メニューと対応するモジュール、キー操作と動作メモです。

 これだけでも、書いてあったので参考に出来るのですが、モジュールの中の事を思い出すのに苦労しています。なぜ、こうしてあるんだろう、、ポインターの制御は、これで良いんだろうか、と頭をひねってしまうのです。動いているんだから、問題はないんでしょうが、、。
 今日も、図書館で2時間考えても分からず、散歩で頭を冷やしてから30分考えて、やっと理解が追いつきました。

 やはり、後で見るためには、それなりの仕様書とか設計書を書いておかないと駄目ですね。そんなことを考えながら、図書館から帰ってきました。

|

« ライトミステリーのシリーズ?は、1~2冊目くらいまでがよろしいようで、、 | トップページ | Python 日本語入力アプリ「PyR2KKJ」の見直し (その2) »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59051738

この記事へのトラックバック一覧です: Python 日本語入力アプリ「PyR2KKJ」の見直し:

« ライトミステリーのシリーズ?は、1~2冊目くらいまでがよろしいようで、、 | トップページ | Python 日本語入力アプリ「PyR2KKJ」の見直し (その2) »