« Python 通貨レート取得、表示スクリプト PyStnCurrency V.0_03_1 | トップページ | そろそろ出番か、古い切手を整理してみた »

2014年2月26日 (水)

「ひとカラ」

2014-02-26(水)晴れ

 以前、何かで目にしたか聞いたかして、1回行ってみようと思っていたのですが、「ひとカラ」に行ってみました。要は、一人カラオケですね。中途半端で混まない時間帯だったので、一人でも気持ち的に抵抗なく入れました。私の前にも受付をしている人がいましたから、そういう需要も多そうです。
 「ひとカラ」は、とにかく人を気にせず歌えるので練習には良いです。発声練習のあと、1時間と少しぐらい、歌の練習を行いました。伴奏になるものを持っているものは家でやっても良いのですが、そうでないのはカラオケでないと練習になりません。ただ、カラオケの場合、曲が日本の歌謡曲に偏っていて、そうでない歌は少ないので、その点が問題です。仕方がないので、1~2曲は、デジタル録音機の録音をイヤフォンで聞いて歌いました。

 さて、カラオケで練習してみると、若干歌いにくいところもあります。曲、または歌手によっては、自分とキーが合わなかったり(調整すればいいのでしょうが、今回は初めてで操作不慣れで出来ませんでした)、伸ばしたいところとかが思い通りにならない、即ちカラオケに合わせるしかないからです。
 以前、発表会のためにプロの方のピアノ伴奏で歌ったのですが、生伴奏で歌うのが一番歌いやすいです。プロの方は、こちらの歌うのに合わせてくれるからです。伸ばしたいところの長さなどが、毎回違っても、きちんと合わせてくれます。ま、そんな機会はめったにないので、カラオケで歌うしかないですね。
 ちょっとストレス発散になったので、これから、ちょくちょく行ってみようかなと思っています。

追記:
 練習した歌で一番新しいのでも40年以上前のだから、若い人とは行きにくいですなあ、、(笑)。それと、久しぶりに「県歌」を歌ってしまいました。私の出身県(注1)は、カラオケに県歌が入っている数少ない県とか言われているみたいです(言われているのを聞いたことはないが、、それと、他の県の県歌が入っているか否かも知らないのですが、、)。少なくとも私の年代では、この歌が歌えない人は、この県に生まれ育った人とは認められない、とか言われちゃいます。
 (注1:日本の真ん中近く、海に接していない数少ない県の一つです。)
 

|

« Python 通貨レート取得、表示スクリプト PyStnCurrency V.0_03_1 | トップページ | そろそろ出番か、古い切手を整理してみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59203499

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとカラ」:

« Python 通貨レート取得、表示スクリプト PyStnCurrency V.0_03_1 | トップページ | そろそろ出番か、古い切手を整理してみた »