« 柿の実が減った | トップページ | 予想外の大雪 »

2014年2月 7日 (金)

玉ねぎと涙、、は過去の話か

2014-02-07(金)晴れ/寒い

 コミックとかテレビを見ていて、ふと違和感を覚えることがあり、何だろうかと思っていました。で、気がつきました。それが、題記の件なのです。コミックなどで料理の場面が出てきたときに、玉ねぎを切って涙が出て困る場面とかあります。が、ずいぶん前から玉ねぎを切っても目や鼻に染みたり、涙が出るなどということがないのです。
 体質の問題?、、、でも、昔は確かに染みて辛かったこともあるし、、。年をとって神経が鈍った?、最近の玉ねぎは涙が出ないように改良(改良と言っていいかどうかは疑問ですが)された?、私の買っているのが古いから?、産地の違い?、、、。
 どういう理由なんだろうかと、結構気になり出しました。ところで、他の方はどうなんでしょう。そもそも、今でも涙が出るものなんでしょうか。 

 あと、全般的にいうと、野菜の匂いとか刺激とか味とか、全般的に薄くなっている(良く言えば食べやすくなっている、悪く言えばさらっとしすぎている)けど、そういう中の話なんでしょうか。不思議です、、、、。

|

« 柿の実が減った | トップページ | 予想外の大雪 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生産者の言う『品種改良』の結果です(我儘な一部の消費者に阿ったからです)
ほうれん草も赤いエリアが狭く赤色も薄く独特の味も薄くなって栄養もマイルドになってしまったみたいな気がしますね
誠に残念です
[594]

投稿: 伍玖肆 | 2014年2月 9日 (日) 07時55分

やはり、そういうことですか。改良と言いたくない気もしますが、、。
なんか、あまり辛くないカラシやわさびに出会った様な違和感があります。そんなことを言うのは、古いんでしょうかねえ、、。

投稿: masa | 2014年2月10日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/59088380

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎと涙、、は過去の話か:

« 柿の実が減った | トップページ | 予想外の大雪 »