« 同級生の新年会 | トップページ | 今日もやっていた、、どんど焼き »

2014年1月12日 (日)

どんど焼き?に行ってみた

2014-01-12(日)晴れ

 昼過ぎに水無川沿いを車で走っていたら、人が集まっているので注意してみたら「どんど焼き?」の準備をしていました。正月飾りやらダルマやらと、木材を積み上げて焼く準備でした。水無川沿いの自治会は、水無川の河川敷で行います。周りが広々としているし、火を使う行事には使いやすいかもしれません。

 私の自治会は、近くの裏道を通行止めにして行っているようです。やっているのは知っていましたが、今まで行ってみたことはありませんでした。今回、正月飾りを片付けなければいけないので、持って行ってみました。一緒に焚いて貰うためです。実際は、そろそろ終わりの時間になっていましたが、まだ燃えていたので入れてきました。

Dscn1169a_2
 こんな風に、囲いを作って中で焚いています。写真では見えませんが、右の脇道の方では、汁物(豚汁など)とか、ちょっとした食べ物を用意して振る舞っています。どこの自治会でもやっているようです。小父さんはお酒を飲んでいるかもしれません。

Dscn1170a
 水無川の方では巡回しているだけでしたが、さすがに住宅地の中なので、消防車をお願いして待機して貰っています。

Dscn1171a
 こちらではなんと呼ぶのでしょうか、子どもの頃の故郷では「繭玉」とか色々呼んでいましたが、お団子のようなものを焼いています。これを食べると風をひかないとか、元気でいられると言っていました。繭玉と呼んだのは、養蚕地だったからでしょうね。

 故郷ではどんど焼きといわず、じょうたき(浄焚きかなあ?)でした。高さ3~4m位の塔を作って、夜に燃やします。火をつけるのは小学校6年生男子の役割でした。となりの集落の様子を見ながら、火をつけるタイミングを決めるのがガキ大将の役割です。(夜だから、隣の集落のが燃えると、赤々と見えます。)
 燃やした後、横の集会所の部屋にコタツを作り、こども達が、火の番と称して泊まり込みます。男女一緒に、コタツでゲームをして過ごした楽しい思い出です。ゲームといっても、物はないから、コタツの中でみんなで手を繋いで、電線ゲーム(伝染ゲーム?、どういう字だったんだろう)をやりました。堂々と、男女がお互いの手を握れるから、結構楽しみでしたよ(笑)。
 昔は14日だったか15日だったかにやっていました。15日が祝日で休みだったからです。この地のどんど焼きもそうでしたが、今は、直近の日曜日になったようです(明日が成人の日で休日だから)。それにしても、成人の日がフローティングになってから(日にち固定でなくなってから)、何となく印象が薄くなりました。昔は、15日が成人の日、、と焼き付いていたのに、今は、「ん、何日が成人の日だっけ?」というような感じになってしまいます。そういう意味では、体育の日も、印象が薄くなりましたね。

 とうことで、初めて、自治会のどんど焼きに行ってみた日でした。そして、昔のことを懐かしく思い出した日でした。

 

|

« 同級生の新年会 | トップページ | 今日もやっていた、、どんど焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

行事、催し物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58932862

この記事へのトラックバック一覧です: どんど焼き?に行ってみた:

« 同級生の新年会 | トップページ | 今日もやっていた、、どんど焼き »