« PCのバックアップ その1 | トップページ | 昔のカセットを聴く、、グレープ »

2013年11月28日 (木)

Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その5 PyDMViewer

2013-11-28(木)晴れ

 もう3年前になりますが、題記のスクリプトを作成しました。利用価値は少ないと思っていたのですが、それでも使って下さる方がいました。2~3日前に前回の記事(下記の その4の記事)に戴いたコメントに対応したら、記述ミスがあることが分かりました。スクリプトのまま使っていると問題ないのですが、SIS化するときに問題が出ました。

 スクリプト終了の命令は最後に記述してあるのですが、スクリプトで実行の場合は、行頭に#をつけてコメント化してあります。SIS化するときにコメント化をはずすのですが、これでテストしてないことが分かってしまいました。エラーになるのです。

 ということで修正して、ついでに今回のリリースではSIS化したものも同梱して置くことにしました。

 モジュールは 「Python スクリプト 雑記」 の「22.デコ(レ)メールを読む」に貼り付けました。

過去の記事
     Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む
     Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その2
     Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その3 PyDMViewer
     Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その4 PyDMViewer


 (以下では、細かい内容を書いていますが、自分のメモです。書いておかないと、忘れてしまうし、メモをどこかに書いておいても場所が分からなくなるので、ここに書くのが一番良いのです。)

Pydmv01
 上記が今までのものです。最終行の行頭の#を削除してコメント化すると

Pydmv02
 こうなるのですが、インデント不正でエラーになります。

 正しいかたちは、下のどちらかです。
Pydmv03_2

Pydmv04

 ということで、スクリプトの段階では、下記のようにしました。
Pydmv05

 とりあえず、忘れないうちに修正、WEBに貼り付けられて、ほっとしました。ちょっと、放っておくと忘れてしまいますし、コーディングまで忘れてしまいます。過去に作ったものも、今見ると全然分からず、よく作れたなあ、、と自分でも感心しています(それじゃ、駄目じゃん、、とか思いながら、、)。
 

|

« PCのバックアップ その1 | トップページ | 昔のカセットを聴く、、グレープ »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

対応していただいたのですね。
その後ですが、6 exceptions unicode error unspported unicode cord rageで、デコードエラーのメールがきました。相手はauのGalaxyなんですけど。att1をPythonのEasyEditでも開けず、なんか規定外のことやってるんですかね。
まあDeditで開くと何とか読むことができましたので、Pythonの問題なのかもしれませんが。
今までは同じ相手からメールが読めていたので、特定の絵文字が入るとだめなのかもしれません。とりあえず何とかなりましたので、これからも使わせていただきます。

投稿: Yugen | 2013年12月 3日 (火) 19時08分

やはり、色々ありますね。どうも、unicodeへのデコード時のエラーかなと思います。絵文字関係は、通常の文字とは違う特殊なようですし、、。
デコメールは、実際受信することがないのでデータの見ようが無く、解析の手段がありません。友人でもauを持っている人はいないし、、。周りで探しながら、気長に対応かな、などと思っています。
Python 1.9.xとかPython 2.0.0だと、codec周りが新しくなっているらしいので動くかもしれないかななどとも思うのですが。(今までのスクリプトは、若干手直しが必要なので使っていませんけど)

 Pythonを弄りだしたら、また熱が上がってきました。PyDecoMailとPyDMViewerを一緒にしたようなもの(att1を取り出さず見て、なおSMSで送る)をでっち上げようとしています。これは、完全に再勉強のためだけですが。

投稿: masa | 2013年12月 3日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58660631

この記事へのトラックバック一覧です: Pythonスクリプトでデコ(レ)メールを読む その5 PyDMViewer:

« PCのバックアップ その1 | トップページ | 昔のカセットを聴く、、グレープ »