« 秦野サイクルフェスタ | トップページ | お試し提供がある »

2013年11月18日 (月)

Python: PyStnWeatherをバージョンアップ中

2013-11-18(月)晴れ

 今更な事をしています。Nokia S60 の携帯電話で使って、待ち受け画面に天気予報を表示するアプリ「PyStnWeather」の改造(といっても、大した内容ではないが、、)を行っています。
 「PyStnWeather」は、天気予報コムからデータを読んで、待ち受け画面と、ブラウザでみるhtmlファイルに、2日分の天気予報を出力します。
 天気は、文字かSoftBank Mobile(SBM)の絵文字で表示します。SBMの絵文字ですから、SBMから出た705NKとかX02NKでは問題ないのですが、E52等の汎用機種では表示できない場合があります。文字で表示させれば良いですが、やはり絵文字によるアイコン表示の方が、一目で分かって見やすいです。
 他の方からみれば、今更な機種のアプリですが、自分では毎日利用しているので改造しておくことにしました。

 E52では、待ち受け画面への表示についてはアプリインストールで表示させることが出来ます(レオナパパさんのpictgraphを使用させていただきました)。しかし、htmlファイルの方では絵文字は表示できません。

Ssce0287a_3   Ssce0288a

 左が待ち受け画面、右がブラウザで表示したところです。右側では絵文字が表示できないので、天気アイコン部分が空白になっています。

 そこで、待ち受け画面では絵文字表示の時にも、htmlファイルでは文字表示、あるいは画像ファイルによるアイコン表示を指定できるように改造しました。
 指定は設定ファイルの中の項目「PICT」で行っていますが、その値(2、および3)を追加しました。

    PICT指定値      待ち受け画面  PyStationWeather.html
     PICT = 0          文字        文字
     PICT = 1          絵文字      絵文字(注1)
     PICT = 2          絵文字      文字
     PICT = 3          絵文字      画像ファイル(注2)

  注1:機種により表示されないことがある。(空白になる)
  注2:画像ファイルがなければ文字で表示される。

 とりあえず動くようになりました。

Ssce0301a  Ssce0302a

 左は待ち受け画面です。右は PICT = 1 指定で、絵文字部分が空白の場合です。

Ssce0303a  Ssce0304a

 左が PICT = 2 で文字表示されています。右は PICT = 3 で、画像ファイルによる絵で表示されています。

 ドキュメントを修正したら、「Python スクリプト雑記」に貼り付ける予定です。
 

|

« 秦野サイクルフェスタ | トップページ | お試し提供がある »

Python」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58600190

この記事へのトラックバック一覧です: Python: PyStnWeatherをバージョンアップ中:

« 秦野サイクルフェスタ | トップページ | お試し提供がある »