« 今年の歯科治療が終わった | トップページ | 水無川沿いを沢山歩いた »

2013年11月 6日 (水)

古いゲーム機を保守・整備した

2013-11-06(水)晴れ/曇り

 もう10年近くも放ってあった古いゲーム機を持ち出して保守しました。使えなくなっていれば持っていても仕方がないので、廃棄して押し入れを空けるためです。取りだしたのは、これです。

Dsc03877a スパーファミコン本体

Dsc03878a スーパースコープ

 実際はスーパーファミコンのセットで買ったのではなく、Super NES (Super Nintendo Entertinment System) スーパーファミコンの輸出版セットで買いました。

Dsc03885a Super NES

 スーパースコープが気に入って買いたかったのですが、なんの理由だったか忘れましたが手に入りませんでした。そんな時、秋葉原の免税店でこのセットを見つけて買いました。ハード、ソフト(ソフトはシューティングゲームとマリオの2種)全て入りなので、これを買って帰ると、即遊べる、、というセットです。旅行者向けに最適ですね。
 このセットで遊んでいたのですが、その後、スーパーファミコン本体を、安く買い増ししました(Super NESは電源が110V仕様で面倒なため)。

 で、つないでみると、案の定動きません。あちこち調べたら、まずカセットの端子接点が接触不良のようです。

Dsc03879a 右はSuper NESのゲームカセット、左はスーパーファミコンのカセットです。Super NESのゲームカセットをスーパーファミコンに挿入するにはアダプタが必要ですが、この端子が金メッキではなく、汚れで接触不良でした。綿棒と無水アルコールを使って磨きました。

 テレビに表示は出るようになりましたが、スーパースコープが動きません。これは、電池入れの部分の接点が腐食していました。一度、電池の液漏れがあって、その影響のようです。こちらは簡単に分解して、端子を磨きました。
 これで、動くようになりました。

Dsc03884a ゲームソフト

 買ってあったゲームソフトを整理したら、結構あります。左半分がスーパーファミコン用カセット、右半分がSuper NESのゲームカセットです。まだ遊んだことのない(しかも、未開封のままの)ゲームも、いくつかありました。
 これから、秋、冬の夜長になるので、久々に使ってみるかと思った日でした。

追記:スーパースコープは、テレビの画面表示のスキャンの動きを使っているはずなので、ブラウン管テレビでないと動かないはずです。私が、昔のテレビを捨てられないのは、この事も理由の一つです。

 

|

« 今年の歯科治療が終わった | トップページ | 水無川沿いを沢山歩いた »

ゲーム」カテゴリの記事

故障、修理等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58530535

この記事へのトラックバック一覧です: 古いゲーム機を保守・整備した:

« 今年の歯科治療が終わった | トップページ | 水無川沿いを沢山歩いた »