« カセットテープの音楽をCD化した | トップページ | ギター合奏、練習も追い込み状態 »

2013年10月22日 (火)

専用の充電池はいつまで供給されるか

2013-10-22(火)曇り

 モバイルの電子機器は、結構電力を食うこともあって、強力な充電池が使用されています、リチウムイオン電池とか、、。それらは実装スペースの問題もあるのか、殆どが専用電池になっています。問題は、これらがいつまで供給されるのかという点が心配になります。PC(ノートPC など)等は家で使うなら、バッテリーが無くてもアダプタで使えます(現在、私のメインノートPCは、この状態です)。が、携帯電話などは、そういうわけにはいかないですね。バッテリーが供給されなくなる頃には買い換えろと言うことかもしれませんが、長く使いたい機種は、いずれ困る頃が来るかもしれません。
 とりあえずは、予備電池を入手して保守しておくしかないかなと思っていますが、国内で売っていないのもあるので、どうしようかと検討中です。現地のショップに連絡を取るという選択肢もありますが、久々に現地へ行ってみたい気もします。4年ぶりの香港での、携帯ショップ散策も夢見ているこの頃です。

|

« カセットテープの音楽をCD化した | トップページ | ギター合奏、練習も追い込み状態 »

家電製品」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

電子機器、電子機器小物」カテゴリの記事

コメント

リチウムイオン充電池も何種類かにサイズを決めて供給不安を解消するのは充電インテリジェントで不可能ではない筈だが何が何でも当該機種型番専用の充電池にしたがるのは事実上電池の寿命イコール機器の寿命で買い替えが期待できるからであって今やメーカーは末永くなんて使って貰いたくないからですね(HP200LXのように十数年も使われたのでは堪ったもんじゃないと)[594]

投稿: 伍玖肆 | 2013年10月26日 (土) 08時49分

買い換えて欲しい、、というのはあるでしょうね。あと、電池も自分の所を通したものを買って欲しいというのでしょう。
製造はしていなくても、販売部分で利益を上げようと。
まあ、その前に、末永く使いたくなるようなのを作って欲しいと思います。

投稿: masa | 2013年10月26日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513620/58434770

この記事へのトラックバック一覧です: 専用の充電池はいつまで供給されるか:

« カセットテープの音楽をCD化した | トップページ | ギター合奏、練習も追い込み状態 »